スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

「正しさ」とは何か4

はい、どーもー。ぼくちゃんです。少し間があいたが、このシリーズの続きを。



今回は、リアルで生じた道徳のジレンマについてだ。例によって下敷きは「これから『正義』の話をしよう」マイケル・サンデル著だ。



まずは、シチュエーションの説明を。米海軍特殊部隊シールズの隊員たちが、アフガニスタンである秘密の軍事行動に携わっていたときだ。目的は、ビン・ラディンとも親交があるといわれる、あるタリバン指導者の捜索だった。チームは4人編成だ。



さて、チームが山の中を移動していると、100頭ほどのヤギをつれた農夫と14歳の少年に出くわしてしまった。



これはタリバンのようなゲリラな連中を相手にしているときは致命的だ。ゲリラは往々にして活動地域の一般人の村々を脅迫、懐柔、さまざまな手をつかって情報網・協力者にしたてあげているからだ。



もし、この親子を見逃せば、米兵がこのあたりで活動している、とタリバンに報告する可能性がある。いや、場所からいっても確実にタリバン支配下にある村落のものだろう。もし報告をしなかったら、村人は自分たちがあとでタリバンに殺されるかもしれないのだ。



こういうとき。軍人は任務を優先するため、目撃者を排除する(コロス)のがまぁ普通だ。というより、「軍人としてはそれが正しい行動」だ。そうしなければ、自分たちや友軍を危険にさらすのだから。



チームは親子を拘束し、話し合った。



一人は判断を棄権し、2人は殺すとした。最終的な判断は、リーダーに任された。このとき、リーダーの中から、「クリスチャン」として自分が出てきて、非軍人である親子を殺すことを良しとはさせなかった。



だが、この決定が、のちにこのリーダーを後悔させることになる。



ヤギ飼いの親子を解放して一時間半もたつころ。4人は100人近くのタリバン兵士に囲まれることになったのだ。



任務は完全に失敗。それどころか、自分たちが絶体絶命となった。激戦の末、リーダー以外の3名が戦死。さらに、このチームを救出にきたヘリコプターが撃墜され、16人の兵士まで命を落とした。


だが、それでもこのリーダーは運良く生き延び、反タリバンの村に辿りついた。村は、米軍がリーダーを救出にくるまで匿った。



このときを振り返り、リーダーは後悔し、自分を責め続けた。「頭がおかしかったに違いない。墓穴を掘るとわかってる一票を実際に投じてしまったのだから。・・・・中略・・・・決定票を投じたのは私だ。東テキサスの墓地に安らぐまで、その事実は私をさいなむことだろう」と悔やんでいる。




さて。



この「判断」は果たして道徳として正しかったのだろうか。



結果を見れば、惨憺たるものだ。2名の『潜在的な敵兵』を殺すことができずに、友軍兵士を19名も失ってしまったのだ。軍人としては、「最悪の判断ミス」かもしれない。



だが、それは「軍人として」という条件がつく。「道徳」の問題としては、また別の視点から考えねばなるまい。



ぽまいらが、このチームの立場にいたら、どんな決定を下したと思うね?



なかなかヘヴィな決定かもしれんが、まぁ考えてくれよ。



ま。そんな話だ。

 

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter