“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

たまには誰かとの対話もいいかもしれない。

どうも! なつきです。すっかり寒くなってきたな。

 

さて、神秘学講座なんてやって人様にスピリチュアル・ティーチングのベーシックから、エソテリック・ティーチングへ、と至る神秘哲学を伝えているが、ときおり、人は何を求めてこの道にいるのか、よくわからなくなってくることがある。


真摯に、「真理」を求める探究者もいる。

なんとなく「好き」もいる。

霊媒体質で「探求せざるをえない」人もいる。

 


まぁ人の動機は多様だ。

 


それぞれあっても別におれは何も言わない。


そして色んな人と出会い、別れがある。

「神秘学」を通しての出会いと別れもある。

「人生」を共に歩む出会いと別れもある。


それがその時は意味が分からなかった出会いであったとしても、何かしらの意味や意義は、双方にとってあるはずなのだ。


もちろん、人間誰でも、親しい人、愛した人との別れは悲しいし、耐えがたい。


そんな人との出会いの妙を思うとき、ふと「対話」というものの機微を思い出す。

 

 

「友よ。すべからく、あなたがたが出会う人は、

 あなたの鏡のようなものだ。

 あなたに実に多くのことを教えてくれる」

 


それが、腹立ったり、悲しかったり、不毛でしか思えないような人であっても?

 


「もちろんだ。友よ。

 私は世界をそのように作った。

 世界には、あなたしかいない。

 あなたが世界だ。

 あなたが宇宙の中心だ」

 

ふーん。いつぞやの増上慢に落ち込んでたようなバカでも?

 

 

「当たり前じゃないか。

 あなたは彼のおかげで、自分を見直した。

 想定外のニーズも知った。

 深くすべき点はもっと深くすべきだと省みた。

 逆に言うと、

 あなたは人を「軽く」見ていた自分に気付いた。


 さぁ、聴こう。

 増上慢とやらに落ちていたのは

 どちらだろう」

 


やれやれ。相変わらず、容赦がない。

 

 

「私は容赦がないということは決してない。

 あなたのもとを離れたこともない。

 あなたが一人で歩けないときでも傍らにいた。

 そうだろう?」

 


そうね。そうかもしれない。

 


「かもしれない?」

 

やれやれ。

かもじゃないね。

 


うん。常に傍らにいた。

知ってる。

 

「そう。あなたは知ってる。

 たから、私が次に何を言うかも知っている」

 

 

 ああ。やりなさい、だ。

 


「そう。思うこと。なしたいこと。

 なすべきこと。

 あなたが創造しようと試みているすべてに

 挑み続けなさい。

 


 時が無限にあるかのように挑みなさい。

 今日しかないように挑みなさい。

 


 私はあなたに、

 すべてを与えてある」

 

他の人にもそうであるように。

 

「そう。そのとおり」


ま。そんな話さ。

 

「かくあれかし」

 

 

1000人以上が受講した、人生を変える8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を高め、

意志で創造する力を高める
メールをお届けします。

このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】
1. 人生は「そもそも論」で考えろ!
2. 欲求の階層を把握しろ!
3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!
4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!
5. 1009回目のプロポーズ
6. 視覚化が未来を拓く
7. 自分の真の敵を知れ
8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter