“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

復活!オレさま、復活!(←烈海王的に叫ぼうw)

よっしゃよっしゃ。中古とはいえ、パソを新調してみたぼくちゃんです。



いやー。ようやくストレスフルな環境から脱出。サクサク動くというのはやはりいいな。



よくまぁ、あのフリーズがデフォルトの環境で作業していたなとわれながらビックリだ。w



さてさて。



最近なんだが、改めてオレさまは人智学徒としてのエンデに関して関心を深めているんだ。



どういうわけかというと。



オレさまは10代のころから、びとく「貨幣」というものに対して、あるギモンというか納得のいかない点があったんだ。



とくに倫理的にありえないと思っていたのだが、カネが利子を生むという考え方。



カネそれ自体は、ただの交換媒体にすぎないハズなんだが、それを「投資」というカタチで自己増殖させるというもの。



たとえば為替で投機的に儲ける、というのが本当によくわからない。なんでアレが利益を生むのだろう。



いや、リクツではそりゃ意味はわかるんだけどさ。



しかし、利益を得る人がいれば、当然どこかに損をする人だっている。



ひでぇもんだ。まともに労働で利益を得たわけじゃねぇのに。



いつだったか、タイ王国を襲った通貨危機。ジョージソロスとタイ王国、個人対国家、買ったのはソロスだった-なんてのもあった。



と、いろいろと思うところがあるのだが、やがて人智学のシュタイナーと出会うと、どうやらオレさまの抱いていた倫理的感覚は神秘学的にも間違ってはいないようだと知る。



自己増殖するどころか、カネも本当は「老化」(価値の減却)していくべきものなのだ、と。



シュタイナーを継承したエンデしかり、そうした方向でいろいろと思索をし、作品にちりばめられている。経済学者ではゲゼルがいる。




さて。



そこでいろいろと思うのだが。



多分、「スピリチュアル」的にいって、今の「カネ」というものはあり方が「間違っている」。



しかしながら、引き寄せの法則にせよなんにせよ、「富」を肯定し、どれだけでも得ていいんだよ!と「豊かさ」の賛美をする最近のスピリチュアル。



スピリチュアルな方向で豊かさを考えるなら、そもそもまずは、人から自由を奪う現在の富(=源泉としてのカネ)をまずは正しいあり方へとしなくてはならない、と考えて動くほうが正しいのではないか。

(※そうした具体例として、ひとつの試みとして地域マネーなどがあるわけだ)



よくも悪くも、人は金銭がなくては生きてはいけない社会に住んでいる。



だからこそ、そこまで人を縛り付ける「金銭」(と集合体としての富)というモノに関して、霊学的に考え、取り組もうとする。それがスピリチュアルに金銭を考えたときの最初の一歩な気がする。本質を考えるまえに無分別に肯定し、「あなたは豊かになっていいんです」とかやる前にさ。



オレさまには、そんなコトを言うスピ系は、<邪悪な神>として信仰を集め、チカラを現実にふるい続ける貨幣の忠実な下僕にしか見えないのだ。



ま。そんな話だ。





「カネ」と「神」を一度比較してよく考えてみるといい。おもしろいくらいに、両者には共通点があるぞ。w




・・・でもボクちゃん、おカネだい好き。てへっ♪



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter