スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

憧れ―ファン心理と時代の変遷w

はい、どーも。オレさまです。



ほんとどーでもいい日記的雑感なので、最初に断っておくぜ。(藁



オレさまの散歩コースの1つに、横浜アリーナ前を通過するコースがある。当然、なんかのコンサートの前後には大量の人がいるわけで、時間が重なると、エラい歩きにくくなっちまうわけだ。



先日は韓流スターだったらしく、おばさまたちの集団がワイワイと道をふさいでいたわけで。



少し前はレディ・ガガだったらしく、それらしいカッコウのファンたちがうろうろしていた。そして今日は夕飯に「ラーメンでも食べるかなー」と新横浜駅までプラプラといっていたのだが、浜崎あゆみのコンサートだったようで(多分)、やっぱりファンのコたちは、それっぽいカッコウをしていた。



「憧れ」の対象と同じようなスタイルをする。



それがやっぱりファン心理というヤツかねー。



まぁカッコウだけとは限らず、対象によっては同じ仕事を目指したり、同じポリシーで生きてみたり・・・といろいろとバリエーションがあるのだろうけど。



オレさまは、子どもの頃からスポーツ選手とかアイドルとかの「ファン」になったりした経験がとくにない。多少好きになったアーティストがいたりはするが、「ファン」と呼べるほどのものではないだろう。



なので、そこまで「憧れの対象」に同化しようとする心理は正直よくわからん。プロマイド写真とかグッズを買ったりとかさ。



なのでそういうのを売る露天がコンサート日には出ているが、「売れるんだ、こういうのが・・・」といささかフシギな気持ちにもなる。



しかし、こーいうのは時代が変わっても当然あるんだよな、とふと思う。



さて。そこで思い出したのは。



ぽまいら。



明治時代とかさ、そういう時代。今でいう「アイドル」のように「プロマイド写真」が存在し、売られていた人々がいる。



どんな人たちか、わかるかい?



答えは。




















政治家だ。w







大隈重信とか。w




どうよ。今でいえば、はとぽっぽとか、オザワとかのプロマイド写真を若いのが持って「むぅ。かくありたいものだ・・・」なんて明日の立身出世を夢見るってわけですわ。



まぁとくに明治時代なんてのは、貴族階級出身でなくとも、勉強して軍人や役人になるなどして立身出世のチャンスが平民にも開けた時代だし、何よりそうした栄達が大儀だった。『坂の上の雲』に描かれる秋山兄弟みたいなものかねぇ。



とくに男子はそうした道にほとんどが例外なく憧れた時代でもあったのだろう。



国のリーダーらの写真を胸に、明日の自分を重ねたのも当然かもしれない。



それがいいとは言わないが、たかだか100年かそこらで、エラい変わりようだぜ。w



誰かの本で「憧れの対象でその時代がわかる」という文章を見た記憶がある。なるほど。政治家が「憧れの対象」でないというのは、問題もある気もするが、確かに平和的でいいのかもしれねぇな。




ぽまいらはがきんちょの頃、どんなモンに憧れたかね? そしてそれはいつまで輝きをもっていたのだろう。



ふと、そうしたことをツラツラと思った次第。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter