スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

つらつらと。

あー。。。なんかマジメな記事が続くとアホなことを叫びたいわー。世界の中心で「あたい、負けないから!」と意味もなく無駄に熱いシャウトしたいわー。なんて気分がふつふつと湧き上がるうれし恥ずかし35歳、乙女ゴコロ真っ只中のオレさまですが、ぽまいらはいかが晩秋の夜にメランコリーな気分になっていやがりますか。



いやね。



なんかここんところ、カタい記事ばかり続いたじゃん。あんまりそーいうネタ続くと、どーもオレさま、ネタギレ感に襲われるんよねー。



実際はマジメな記事のほうがネタは枯渇しないし、やりかけの名著精読系とか、腐るほどネタはあるんだけどさ。どーもカラダがイヤがるというか。



「ホントは好きなんだろう? いやがってもカラダは正直なくせに(藁」なんて自分でつっこんでも、やっぱりあまりマジメな記事がつづかないというか。



しゃーないからこんなときは、シュタイナーのおっちゃんに登場頼むけん。



ここは一発、無駄にカッコよさげな格言でビシっときめてくれというか。薔薇十字の導師のパぅワーを見せてくれというか。



つーことで。



カッコよさげなシュタイナーの言葉。




「全身全霊を込めて手に入れたものを、最後にすべて捨て去らねばならない」




いやぁ。ネットで拾ったモンなんで出典がよーわからん。『いか超』で見た記憶があるんだが、違うかもしれないのであまり信用しないように。



なんかカッコよくね?



意味?



そんなんおめえらで考えろよ。(藁



ま。そんな話だ。



キャハ♪





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1         
                        人気ブログランキングへ

        とりあえず、このランキンングバナーを押すがいい。(藁

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter