“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

ウェティコ―神の目を見よ

はい、どーも。オレさまです。唐突だが、上記の本は再読中の本。



ウェティコとは、野蛮で略奪をする西洋系の非成熟文化をさす言葉だ。書いたのは米国人の医者だが。



対比される成熟文化とは、ネイティブ系であったり、「野蛮で未開とされた」自然と調和していた土着系文化をさしている。しかし、彼らは実は労働はごく短時間ですみ、自由にあふれ、余暇を楽しんでいた。一日2~4時間も生きるための狩猟、採集、生産活動に従事するだけだ。


あとは、「オレさまたち文明社会人が目指す」自由な生活だった。しかし、オレさまたちの社会ではそれは、一部の「富める」者たちの特権だ。



詳細は割愛するが、オレさまが注目していたのは、「蓄積する」ということの害悪だ。社会がおおよそ「富の集中格差があふれるほど、政府(支配者)は暴力的であり、刑務所、収容所のような施設が多い」とされている。



この言からすると、日本でも近年「格差社会」という言葉がよく聞かれるように、ますます「野蛮な」社会へと向かっているのかもしれない。



この「蓄積」―ここではシェアの対義語とする―だが、最初は「食料」と思われがちだ。食料が富と直結しており、富を多く生産し、所有する者が他者を支配する力をもち、構造化していった。




しかし、それ以上に、「文字」が知識を蓄積させ、人を野蛮にしたという見方も面白い。文字による情報の蓄積が始まると同時に、人は理性面を発達させ、古代の土着系民族が普遍的に持っていた、神や精霊と呼ばれる目に見えない世界を幻視する力を失い、敬う心も失っていったのだ、と。



これはシュタイナー的な、古代人は夢の意識をもっていき、原始的な霊視能力を持ち、霊界と重なりあうようにこの世界を見て生きていた、という説とも一致する。



それを文化人類学的な視点から学術的な点から考察している。



さて、人は文字を持ち、脳の理性野を発達させてしまったことで霊視世界を失ったが、いまや、理性的な力で、霊的世界につながることが可能になった、ともいえる。



逆説的だが、かつて有し、失ったものをより高度に再び手に入れる可能性を持ち始めている。意識魂とシュタイナーが呼んだ進化段階においては、かつての夢の意識による霊視状態から、醒めた意識で霊視世界に踏み込む時代なのだ。



それは、人が自然との対話能力を失い、自然を略奪することを当然の権利、と思っている傲慢なる時代に終止符を打つことにつながる。



自然を大切に、というのはカンタンだ。しかし、自然からの声を、意志をリアルに見聞きしていた人々に比較すると、どうしたってその掛け声は理念的なものに過ぎない。



ところが、この現代人的意識、知性をもってして、霊視世界をとり戻したらどうだろう。



人は再び、「野蛮人のような振る舞い」はできなくなる。



母なる大地を奪うこと。



同胞なる動物を必要以上に奪い続けること。



そのすべての行為において、「現実に悲鳴を聞く」ことになるからだ。



2012年。人類の目覚めは近いという。



しかし、オレさまはあえてまだまだ遠い、と言おう。



オレさまたちがより進化し、世界の痛みを本当に、霊的に見聞きする人々が大勢を占めるとき、「世界」と本当の意味で調和する準備が整うのだから。




ま。そんな話だ。



                     訂正 1  

「もし世界の声を聞いたら、アタイもう無視しないわ!」なんて思ったら、ぽちっとな。(藁

                        人気ブログランキングへ

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    >本人は騙しているつもりはないだろうけど、やっぱり騙しているカテゴリーになるのかしら? 言われてみりゃカテゴリーは厳密には違うかもしれんが、それでも基本的に同じカテゴリーになると思うぜ。 なぜならその行為自体、マイナス的な意味でのカルマになると思うからだ。 いずれその人は「手痛い」形でカルマによる学習を行うことになるだろう。 >“「自分の能力を信じちゃってる人」に傾倒する人”に 『それ、大丈夫?』とは言えないというか。 その辺、なんかモヤモヤするのいつも。 ながが言う必要はないかもしれないが、誰かが言う必要はある状況なのかもしれねぇな。 するとなおのこと、それはカルマ的意味でマイナスの状況だな。 モヤモヤはともかくとして、誰かがなんとかする必要はあるのだろうぜ。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    スピリチュアルにハマる人、じゃなくて、 「自分は本当にスピリチュアルな能力を持っていて、これをみんなに享受したい!」 って信じて疑わない人は、 本人は騙しているつもりはないだろうけど、やっぱり騙しているカテゴリーになるのかしら? お師匠のダンブルドア氏や、前に出てきた沖縄のなんとか(忘れた)みたいに、 必要な人はその時に会える。っていうスタンスでいるのがイイ(善し悪しのではなく外的基準として)のだろうけど、 本人信じてるんだろうし、(たぶん)私の見えない/知らない何かがわかることに関して見えない私が判断できないし、 その“「自分の能力を信じちゃってる人」に傾倒する人”に 『それ、大丈夫?』とは言えないというか。 その辺、なんかモヤモヤするのいつも。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter