スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

ウェティコ―神の目を見よ

はい、どーも。オレさまです。唐突だが、上記の本は再読中の本。



ウェティコとは、野蛮で略奪をする西洋系の非成熟文化をさす言葉だ。書いたのは米国人の医者だが。



対比される成熟文化とは、ネイティブ系であったり、「野蛮で未開とされた」自然と調和していた土着系文化をさしている。しかし、彼らは実は労働はごく短時間ですみ、自由にあふれ、余暇を楽しんでいた。一日2~4時間も生きるための狩猟、採集、生産活動に従事するだけだ。


あとは、「オレさまたち文明社会人が目指す」自由な生活だった。しかし、オレさまたちの社会ではそれは、一部の「富める」者たちの特権だ。



詳細は割愛するが、オレさまが注目していたのは、「蓄積する」ということの害悪だ。社会がおおよそ「富の集中格差があふれるほど、政府(支配者)は暴力的であり、刑務所、収容所のような施設が多い」とされている。



この言からすると、日本でも近年「格差社会」という言葉がよく聞かれるように、ますます「野蛮な」社会へと向かっているのかもしれない。



この「蓄積」―ここではシェアの対義語とする―だが、最初は「食料」と思われがちだ。食料が富と直結しており、富を多く生産し、所有する者が他者を支配する力をもち、構造化していった。




しかし、それ以上に、「文字」が知識を蓄積させ、人を野蛮にしたという見方も面白い。文字による情報の蓄積が始まると同時に、人は理性面を発達させ、古代の土着系民族が普遍的に持っていた、神や精霊と呼ばれる目に見えない世界を幻視する力を失い、敬う心も失っていったのだ、と。



これはシュタイナー的な、古代人は夢の意識をもっていき、原始的な霊視能力を持ち、霊界と重なりあうようにこの世界を見て生きていた、という説とも一致する。



それを文化人類学的な視点から学術的な点から考察している。



さて、人は文字を持ち、脳の理性野を発達させてしまったことで霊視世界を失ったが、いまや、理性的な力で、霊的世界につながることが可能になった、ともいえる。



逆説的だが、かつて有し、失ったものをより高度に再び手に入れる可能性を持ち始めている。意識魂とシュタイナーが呼んだ進化段階においては、かつての夢の意識による霊視状態から、醒めた意識で霊視世界に踏み込む時代なのだ。



それは、人が自然との対話能力を失い、自然を略奪することを当然の権利、と思っている傲慢なる時代に終止符を打つことにつながる。



自然を大切に、というのはカンタンだ。しかし、自然からの声を、意志をリアルに見聞きしていた人々に比較すると、どうしたってその掛け声は理念的なものに過ぎない。



ところが、この現代人的意識、知性をもってして、霊視世界をとり戻したらどうだろう。



人は再び、「野蛮人のような振る舞い」はできなくなる。



母なる大地を奪うこと。



同胞なる動物を必要以上に奪い続けること。



そのすべての行為において、「現実に悲鳴を聞く」ことになるからだ。



2012年。人類の目覚めは近いという。



しかし、オレさまはあえてまだまだ遠い、と言おう。



オレさまたちがより進化し、世界の痛みを本当に、霊的に見聞きする人々が大勢を占めるとき、「世界」と本当の意味で調和する準備が整うのだから。




ま。そんな話だ。



                     訂正 1  

「もし世界の声を聞いたら、アタイもう無視しないわ!」なんて思ったら、ぽちっとな。(藁

                        人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter