“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

神秘学講座よりこもれ話

さてさて。そんなわけでオレさまです。今日は神秘学講座からのこもれ話を。



そういえば2回目は、また例によって2時間枠しか部屋が取れていなかったこともあり、随分駆け足になってしまって、チェックできなかったことの1つに、「内省」がある。



講座1回目は、一応解説してみんなでやってみたのだが。



この内省について、すごくいい報告があったので、ご本人許可のもとに書かせてもらおう。



簡単に背景を話すと、その参加者は、まぁ妹さんが少し大変なことになって、肉親として世話というかケアをしたり気にかけたりして訪れていた。



昔から少し話しは聞いていたのだが、少々大変そうで。日頃、他人に甘えられない妹さんは、いわば甘えられる状況がきたものだから、そこにどっぷりつかってしまったのだろうな。その結果、相手がこうむるストレス等をあまり慮ることができなくなっていたという。



いささか講座参加者も煮詰まっていたようだが・・・。



まずは、その方のメールを引用する。



寝る前の内省は思ったり感じたりする部分がなかなか難しいと思いました

ただ以前にくらべて 自分がしゃべる言葉に注意がいきます

先日も ちょっと関係が難しくなってた妹と話したのですが

批判 裁く 酷評を頭にたたきこんで 逢いにいきました 喧嘩せずに帰ってき

ました 旦那さんが拍手してくれました

まだまだ これからですが 勉強になりました




※アンダーラインはオレさま。



これ、すげー成果だ。


内省や「7つの約束」に取り組むようになると、日頃の思考、意識、行動、言葉に注意が向く。自分で自分を観察するようになる。



そうやって、これまでは「無意識的に反応」していた言葉や行動をぐっとこらえ、理性の光で照らし、少しでも良い言動をチョイスできるようになっていく。



これこそ、スピリチュアルな進歩ってヤツだぜ。



人は人をいとも簡単に判断し、裁き、批判する。丁度、2回目の講座では、なぜそうした思考がよくないかをやったばかりだった。



そこへ来て、ちょうどよくこの参加者からの報告。こちらの方は、参加者の中でも確かに人生の一番の先輩だ。それゆえ、一番冷静に自分を観察することを選べたのだろう。



気功にはてこずっているようだが、そうしたことよりも、内面の進歩こそほんとのスピリチュアルな進歩だ。こうした実感が参加者の人生の中に少しずつ増えていくなら、講座をやった意味もあろうってモンだぜ。



難しいが、こういう進歩を毎日少しずつ積み重ねていきてぇもんだよな。



ま。そんな話だ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


第一期受付は2月いっぱいまでです。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter