“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

メルマガ【魂の神秘学】VOL.10「夢とは何か」

あー、ども。ぼくちゃんです。

例によってまた一本、メルマガ落としているので、
近いうちに増刊します。


今後のカウントが面倒になるので、
増刊しても、今後はフツーにVol.●●とナンバリングは積み上げていくかな。

さて、
そんなわけで今回は、夢について。


古来より夢といえば、人の内なる神秘的領域だったな。


霊夢、予知夢・・・。


人は夢の中で、霊的、神的存在と出会い、何かのメッセージを託されたり、
時を超えて何かを見て予知してしまったり・・・。



そんな夢という不可思議で広大な世界を、
神秘学という羅針盤をもって少しずつ踏破していこう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.10「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・「夢」とは何か。
・編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「夢」とは何か。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はい、どーも。
オレさまです。

さてさて。
意外と、メルマガから友達申請ってこないな。
カモーン!w

公式フェイス・ブック:加藤夏樹
https://www.facebook.com/natsukisummerwood


それはそうと。
今日も今日とて、
いい加減なスピビジネスが横行する荒廃した世界の中心で、
今日も元気に王様の耳はロバの耳と叫んでおります。


いやいや、王様の耳は……どころか、
この詐欺師どもめー!
●ンじゃえーー!!


くらい叫んでます。
叫びまくってます。


でもね。
ほんとは怒りや嘆きよりも、同情だ。

いい加減なスピビジネスでチャラく稼いでんの見るたびに、
同情してます。


「まぁ、いろいろと後悔することになるんだろうな」と。


その意味は色々だが。


特にヒーリング系は注意するほうがいいだろう。


人間に本来的に注がれている天与の無償の力を売買して得た不当利益のツケは、
必ず清算することになるだろう、と。


さて。
それはさておき、今回は夢についてだ。
ブログで質問を受けたこともあり、
今回のネタにしてみる。


夢についてはそれこそ古来より数多の研究があって、
膨大な著書がある。


そんな永遠のフロンティアともいうべき「夢」を
一口でいえるはずもないのだが、それでもあえて言うと、
「アストラル界における魂の休息時間の記憶」だ。



・・・続きは、コチラ。









↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓






関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter