スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

「いか超」こと、「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」

スピリチュアルな道をいかにして歩めばいいのか。


この道を志したものが一度はぶつかり、
そして悩み続ける疑問に対して、
最高級の答えを提示してくれるのがこの一冊「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」だ。


そしてこの書は、薔薇十字系神秘学の道においての公式テキストと言っても
過言ではない。


この書は、いわば行法の「理論編」あるいは「準備編」というべき内容で、
シュタイナーがもし道半ばで倒れることがなければ、
続編ではより具体的な「実践編」が綴られるはずだった。


とはいえ、この書だけでも十分具体的に読み解けるし、
何よりも、神秘学の道を志すものにとって不可欠な「準備」と
その「心構え」がよくわかる。


ただこう書くと、「心構えとか、そんなことは初歩の初歩では?」
「その先は? どうすればいいの?」
そう問いたくなる人もいるだろう。


だが、実はこの点こそ、
実は神秘学徒にとって「すべて」であると言っていいのだ。
神秘学徒にとっては、魂の「在り方」がすべてを決するのだ。


本書の内容に忠実に従うだけで確実に学徒として成長し、
さらなる高みが必要なときは、必ず相応しい師が現れるレベルへと至られるからだ。



弟子と師匠




そしてこの道に欠かせない、
畏敬や礼賛の心だが、現代人に欠けてしまいがちなこの精神の在り方がなぜ不可欠なのか。


とてもよくわかる。


オレさまも常に傍らに置いている超必読な一冊。
もう一人の「先生」である。




追伸
この書には、箴言的な言葉も多い。
わが身を戒める箴言集的な使い方もオススメだ。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter