“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

「いか超」こと、「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」

スピリチュアルな道をいかにして歩めばいいのか。


この道を志したものが一度はぶつかり、
そして悩み続ける疑問に対して、
最高級の答えを提示してくれるのがこの一冊「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」だ。


そしてこの書は、薔薇十字系神秘学の道においての公式テキストと言っても
過言ではない。


この書は、いわば行法の「理論編」あるいは「準備編」というべき内容で、
シュタイナーがもし道半ばで倒れることがなければ、
続編ではより具体的な「実践編」が綴られるはずだった。


とはいえ、この書だけでも十分具体的に読み解けるし、
何よりも、神秘学の道を志すものにとって不可欠な「準備」と
その「心構え」がよくわかる。


ただこう書くと、「心構えとか、そんなことは初歩の初歩では?」
「その先は? どうすればいいの?」
そう問いたくなる人もいるだろう。


だが、実はこの点こそ、
実は神秘学徒にとって「すべて」であると言っていいのだ。
神秘学徒にとっては、魂の「在り方」がすべてを決するのだ。


本書の内容に忠実に従うだけで確実に学徒として成長し、
さらなる高みが必要なときは、必ず相応しい師が現れるレベルへと至られるからだ。



弟子と師匠




そしてこの道に欠かせない、
畏敬や礼賛の心だが、現代人に欠けてしまいがちなこの精神の在り方がなぜ不可欠なのか。


とてもよくわかる。


オレさまも常に傍らに置いている超必読な一冊。
もう一人の「先生」である。




追伸
この書には、箴言的な言葉も多い。
わが身を戒める箴言集的な使い方もオススメだ。


関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(18/01/14)
    ふらさま 気づくの遅れちゃって今頃ですけど、読んでもらえるかな?ドキドキ > 仏教関係は前世で何度もお坊さんやってるんで こういうのこういうの! デンパ話は、今度、オレさまとお話しする機会がありましたら、隅っこでこっそり聴き耳を立てております(笑)お布施は般若湯で。
    » 日本的霊性についての対談:鈴木大拙の言説をもとに/後編
  • User Avatar なが さんより(18/01/14)
    ふんとだ! なんだっけ?お供えは般若湯(笑) なんかやばいこと書いてたっけか? また書いとくo(^▽^)o わざわざありがとう〜!
    » 日本的霊性についての対談:鈴木大拙の言説をもとに/後編
  • User Avatar なが さんより(18/01/14)
    こういう記事を待っていましたよ!センセー!!(笑) 私も頭デッカチな人間なもので、すぐ気が上っちゃう。 幸か不幸か気が上がりすぎると具合悪くなるし、元々ぐうたらなので、そんなに辛い思いをした事はないですが。 (私の今生はきっとこのレベルでいいの(笑)) シェアさせてね〜!
    » 【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【後編】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/01/03)
    あれ、ながのコメントがひとつ反映されてねぇな。おれの方では間違って削除した記録とかはないのだが。ながの方で消していたら問題はないけど。
    » 日本的霊性についての対談:鈴木大拙の言説をもとに/後編

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter