“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

「いか超」こと、「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」

スピリチュアルな道をいかにして歩めばいいのか。


この道を志したものが一度はぶつかり、
そして悩み続ける疑問に対して、
最高級の答えを提示してくれるのがこの一冊「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」だ。


そしてこの書は、薔薇十字系神秘学の道においての公式テキストと言っても
過言ではない。


この書は、いわば行法の「理論編」あるいは「準備編」というべき内容で、
シュタイナーがもし道半ばで倒れることがなければ、
続編ではより具体的な「実践編」が綴られるはずだった。


とはいえ、この書だけでも十分具体的に読み解けるし、
何よりも、神秘学の道を志すものにとって不可欠な「準備」と
その「心構え」がよくわかる。


ただこう書くと、「心構えとか、そんなことは初歩の初歩では?」
「その先は? どうすればいいの?」
そう問いたくなる人もいるだろう。


だが、実はこの点こそ、
実は神秘学徒にとって「すべて」であると言っていいのだ。
神秘学徒にとっては、魂の「在り方」がすべてを決するのだ。


本書の内容に忠実に従うだけで確実に学徒として成長し、
さらなる高みが必要なときは、必ず相応しい師が現れるレベルへと至られるからだ。



弟子と師匠




そしてこの道に欠かせない、
畏敬や礼賛の心だが、現代人に欠けてしまいがちなこの精神の在り方がなぜ不可欠なのか。


とてもよくわかる。


オレさまも常に傍らに置いている超必読な一冊。
もう一人の「先生」である。




追伸
この書には、箴言的な言葉も多い。
わが身を戒める箴言集的な使い方もオススメだ。


関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter