“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

運命のルーレット2~○番目のあなたを求め~

 

やっちまった気もするが・・・

はい、どーもー!
 
 
なつきです。
 
はい、キタコレ。
 
 
 
もしまだ前回の第一弾を
未読の人がいたら、
こちらで読んで先にいくように。
 
 
 
 
 
そう。諸君らには、
 
ついにオレさまの語る「運命」の正体
 
ついて語らねばなるまい・・・。
 
 
そしてなぜ男性諸君に呼びかけたのか。
 
 
そう。
 
 
 
 
 
 
ここに、
 
ひとりの女性がいる。
 
 
 
 
 
 
世界的に展開している某企業の日本支社に勤務。
 
 
 
 
 
 
仕事は国内では日本語だが、
 
頻繁に米国に出張し、英語でのビジネス、
 
コミュニケーションは堪能だ。
 
 
 
そろそろTEDにも出るんじゃねーかと。
 
 
 
あ、こっちこっち。
 
 
 
 
 
 
基本、ビジネススペックは高い。
 
 
高い気がする。
 
 
 
そんでもって、
 
弟の大学の学費を出してやるなど、
 
情にも厚い。
 
 
厚い気がする。
 
 
 
 
 
多分、超熟(5枚切り)くらいの
 
厚さはあるわけよ。
 
 
名古屋のモーニングトーストの
 
厚さにはかなわないかもしれんけどw
 
 
 
 
ありまくるわけよ。
 
 
 
 
 
 
んで、だ。
 
 
んで、ですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな彼女だが、
 
男性に対して、
 
とある心理的理由のために、
^^^^^^^^^^^^^^^^^
ある条件を満たす人としか
^^^^^^^^^^^^^^^^^
お付き合いすることが難しい、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
という事情を抱えている。
 
 
 
 
 
 
・・・統計だと、
 
その条件をクリアできる
 
日本人は成人男性の
 
約3割程度らしいのだが・・・
 
 
 
 
 
 
まぁ、、、おれはクリアしているのだが、
 
ほら、おれはすでに妻帯者だしね。
 
それでよ。
 
 
 
 
 
もう、わかるな。
 
 
 
 
 
 
そうだ。
 
 
 
その条件に合致する成人独身男性よ・・・。
 
 
 
運命の扉をあけてみないか?(ニヤリ
 
 
はい、キタコレ。
 
 
まさかの、メルマガ・ブログを使っての
 
「未来の旦那さま募集」である。
 
 
 
しかも。
 
 
超ガチ企画だ。
 
 
 
本来なら、
 
かなり親密な間にならならないと
 
打ち明けられない男性への心理的条件。
 
 
それを会う前から、公開。
 
 
 
 
 
また応募者○番目に来た
 
たった一人だけと会うという縛り。
 
 
 
 
 
これらを乗り越えてくる人など、
 
もはや「運命と呼ばずになんとよぶ」
 
状態なわけですよ・・・
 
 
 
 
 
 
 
このさいだ。
 
 
端的に言おう。
 
 
 
 
 
男性側の条件は、
 
基本的には気にしない。
 
これから公開するたった一つの絶対条件。
 
 
(それとまあ強いていえば、
 
その人もおれのメルマガを
 
読んでるくらいなので、
 
スピリチュアルな探求に対して
 
オープンであって欲しいということくらいか。)
 
 
 
 
またたとえ経済的に
 
自分より下であっても気にしない。
 
 
 
自営業なら
 
「いっしょにがんばりたい」
 
くらいの気持ちはあるし、
 
これまで培ったビジネスナレッジを投入して
 
サポートする覚悟もある。
 
 
 
 
さらに年齢も多少自分より上でも
 
下でも気にしない。
 
 
 
 
 
 
容姿や、長男次男であることも含め、
 
社会的な条件など、もうまったく気にしない。
 
 
 
 
 
 
気にする条件は、たったひとつ。
 
 
 
 
 
ひとつしか、ない。
 
 
 
それゆえに、重い。
 
 
 
 
書くおれは、辛い。(恐
 
 
 
 
それは、次号発表する。
 
 
 
 
 
ただし。
 
 
 
 
 
これは、「運命の一人」を
 
たぐりよせる粗大・・壮大な
 
ソーシャル系スピリチュアルプロジェクトである。
 
 
 
 
 
次回で用意する応募フォームにから申し込んだ人の中で、
 
○番目に申し込んだ人とだけ、
 
この女性とセッティングする。
 
 
 
 
残念ながら、他の方は縁がなかった、
 
と思ってほしい。
 
 
 
ゆえに。
 
 
 
この応募してきた段階で、
 
「こいつぁ、運命だろ!!」
 
という状況を作り上げていくわけですよ。
 
 
 
 
 
だからこそ、男性側が
 
用意する気持ちはただひとつ。
 
 
 
「結婚を前提に」
 
 
 
という気持ちで申し込んでほしい。
 
 
本気と書いてマジと読む。
 
も。そんな勢い。
 
 
 
 
仮に10人申し込んだとしても、
 
この女性に紹介する男性は、
 
その○番目に応募したたった一人である。
 
 
 
 
 
これを運命といわずに、
 
なんというか・・・!
 
 
 
 
 
こんな確率で申し込んでくる
 
猛者を運命と呼ばずになんと呼ぶ!!
 
 
 
 
女性側も、
 
「これは運命ですね」
 
と、基本的に結婚前提で
 
お会いしてください、という状態だ。
 
 
もうね。
 
「殿、拙者が布団をあたためておきましたぞ♪」
 
と言いたい。
 
 
我ながら言いたい。
 
 
 
さらに言えば、
 
相手はすでにまな板の上のコイ。
 
 
マジで恋する5秒前。
 
 
っていうか
 
鯉が恋焦がれてクチパク状態。(イミフ
 
 
 
 
 
さぁ、ぽまいら。
 
 
 
 
そろそろ、
 
その男性側の応募条件とか、
 
女性側がどんな人なのか、
 
興味わいてきただろ?
 
 
 
 
 
湧いてきたよな?(血眼
 
 
 
 
わいてきただろ?(脅し
 
 
「応募してみよっかなー」
 
 
とちらっと思ってしまった男性もいたりするだろ?
 
 
「応募してみようかな・・・」
 
 
 
じゃねぇんだよ。
 
 
 
するんだよ。
 
 
 
いまやこの国の独身男性、
 
どんだけいるんだよ。
 
 
 
そのまま一人でピー(自主規制)かいて一生独りモンか?
 
 
いいか。
 
 
これは、ぽまいらにとっても
 
 
チャンスだ。
 
 
 
いまさらだが、あえて言おう。
 
 
 
いつ結婚するの?
 
 
いまでしょ!!!!!
 
 
 
 
 
 
もういいから、
 
次回応募フォームから、
 
どっかんどっかん応募しやがれ!!!!!!
 
 
 
 
 
ちなみに、
 
何番目の申し込みが該当するのか、
 
というのもいっさい秘密だ。
 
 
 
 
 
 
一番手かもしれないし、
 
ラッキー7ってことで、
 
七番目の応募の方かもしれない。
 
 
 
 
 
すべては、
 
運命のロシアンルーレットのままに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さぁ、いよいよ
 
次回は、
 
男性側に求められている
 
たった一つの「条件」と、
 
彼女の人となりを示す
 
プロフ型QandA集、
 
そして応募フォームを公開する。
 
 
 
 
「この人だ!」と感じたら、
 
ぜひ応募してくれ。
 
 
 
 
 
無事、○番目の人になったら、
 
まずは都内某所でデートでも
 
してくれやってカンジだぜ。
 
 
 
 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━
 
あー。
 
さーて。
 
 
もともと女性のほうが登録者の
 
多いこのメルマガ・・・。
 
 
さらにはブログでも同時公開。
 
 
明日は、どっちだ!?
 
 

人生を変える8本のメールレッスン

~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」

と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。

★★★★★★★★★★★★★★

 

「もう引き寄せの法則とか、いりません」

 

メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、

伝統的神秘学を平易にかみ砕き、

そのエッセンスで

読者の魂の力を賦活する

メールをお届けします。



このメールは、

ともすれば自分の人生に

見切りをつけ始めた、

とくにover40歳など、

オトナたちのために書かれています。

今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という

概念を知り、身に着けてください。

  

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/03/06)
    責めたらあかんな。(笑) >内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 >そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 意外とそうでもない。(笑) 認めても分析がすすまないと、なんとも、、、だね。 アレやらコレやらが「エゴイズムだったな」と 気づいたら、その根っこをさらに分析していき、、、と。 理性でどんどこ解体していくんだな。 その過程でさらに分析対象が増えてリストアップされていく。(笑) 単純に「難問」の回答に四苦八苦する受験生のように、 エゴイズムを理性で解体(分析)していくプロセスがまってるぜぃ。 なかなか満足がいく答えにたどり着けないしねぇ。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    わはw 私、内省の仕方?手法?めちゃくちゃ間違ってたことに気付いたw 自分にダメ出しばかりし過ぎて、ちょっとMっぽくなってたw 今現在の認識だけど、 内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 スピリチュアルを学んでいるという優越感もあって、 自分はちゃんとやってると思い込んでいたから、間違いに中々気付かなかったのかもな。 ちょっとスピリチュアルから離れて、 要するに外から知識を仕入れることを止めて、 そもそもの自分の感情とか考えの癖とかをどんなにグダグダで利己的であろうと、 これが自分の中にあるものだ と認めて見ぬふりとか押さえつけるのとかを止め始めたら、 今まで教わったことが分かるようになってきた気がする。 まだ、ダスカロスの内省する時の言葉の通りにはいかないけどw
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/01/20)
    ははは。(笑)まぁ不吉なほどの難問来たら食らっておきなよw そーなんだねー。httpsも済んでるし。理由がわかんなくてさー。Twitterに問い合わせてもレス寄越さないし。 やれやれだよ。
    » 【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【後編】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter