“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

カテゴリー:『神秘学講座 基礎編』

どういう人が神秘学講座に来ているのですか?

本記事の概要 どうもなつきです。今回の記事は、どういう人が神秘学講座に学びに来ているのかという問いに対する質問に応えていみたい。 考えてみると、今まで来ていそうなものの、この質問は来なかったなぁ、、と思いまして。おれの視点から講座の趣旨…

詳細を見る

霊視を超える認識を目指して【スピリチュアルと傾聴】

さてさて。今回はメルマガバックナンバーの加筆修正記事。俗にいう「霊視」という認識方法とその先についての話をおれんところの講座受講生の話を交えつつ。ではでは、どうぞ。連休が終わることにチカラいっぱい抵抗してみたい昨今、「明けない夜…

詳細を見る

講座〜後語り

※↑講座の際本当に着ていきました 皆様こんにちは。 本日はどのような一日でしたか?*^^* 昨日の夜、自宅警備隊 N・E・E・T・s Tシャツ姿のまま 横浜・新横浜駅周辺を徘徊していた不審者たーこです。 行きは…

詳細を見る

本質的なスピリチュアルを学ぶ講座in横浜

2015年2月14日(土) 神秘学講座ベーシックVol.3を開催します。 内容 今回の内容は、神秘学の基礎的内容でありつつ、Vol.3からは非常に概念的な学びの要素も強くなってきます。 ■スピリチュアルな成長の概…

詳細を見る

神秘学講座ベーシックVol.2を終えて

どーも。体育会系スピリチュアル@夏樹です。 とりあえず、神秘学講座vol.2、お疲れ様でしたぜ。 年内の基礎講座はこれで終わり。 参加者の人たちはそれなりに楽しめたようで、何よりだ。 vol.2はプラクティスが多くて、 翌日は足腰がきつか…

詳細を見る

今日は神秘学講座vol.2です。

どーも。夏樹です。今日は横浜で開催している神秘学講座vol.2です。 東京・横浜界隈で自称もっとも硬派なスピリチュアルなセミナーっす。 と、夕方の講座の準備中だったのたけど。。。 さっきノートパソが起動せずに発狂寸前でしたよ。。。 今もヘ…

詳細を見る

≪グラウンディングについて考える≫エーテル系プラクティスで地に足をつける

信心 人参 ウィルキンソンどうも。意味不明系スピリチュアル@夏樹です。今日もぽまいらはいかがまったりお過ごしでいやがりますか。さてさて。講座も近くなって考えるコトも多いのだが、前回実施したベーシック講座1,2受講者の中に、もともとオレさまが…

詳細を見る

■Vol.86 そろそろ講座、復活します。

アンタたちーー!! そろそろお勉強の時間よー! 読書の秋よ! 勉学のときだかんね!! と、とりあえず冒頭からオネェキャラで 叫んで…

詳細を見る

追記

これまで参加表明しているヤシで、メアド書いてないヤシは、どこの記事でもいいのでメアドを非公開コメで書いておいてくれ。どーやら部屋も確保できたので、ちゃんと開講できそうだ。なので参加者用の「細則」を送るよ。ワードが開けないヤシはその旨を書いて…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/13)
    オウア 「愛」っつーもんの定義が社会科学的に出来んだろうからそりゃあ難しいだろうさ。 ああ。マザーテレサの狂気性や虚偽性、予定された列聖、欺瞞はもろもろ巷間言われてるな。 それでもアイコンとしてわかりやすいだろ? ナイチンゲールみたいなもんだよ。(笑) でもっておれは彼女のしたことはできねぇしな。
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?
  • User Avatar オウア さんより(18/05/13)
    スピリチュアルの愛とは、法律・条約等を「愛」の一文字で回すことだと思う(´・ω・`) できるものならやってみろと思わずにはいられない(^_^;) ちなみに、マザーテレサはカトリックの威厳の回復を目的にでっちあげた人物ですよ。 学校建てると募金してネコババしたり、痛みに耐えるのが素晴らしいとか言って見放す割に自分には最先端医療を求めたりしてたようです。日本円で28億円相当を荒稼ぎしたと記憶しています。TVで放送された奇跡はなかったとかなんとか。 「真偽はともかくこの言葉が好き」 そう言われればそれまでですが、なんだか違和感を感じてしまう自分がいる(^_^;)
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?
  • User Avatar 出之 さんより(18/05/03)
    今日は 通貨は負債ですね。 価値ある商品と交換されて初めて機能すると。 http://workhorse.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_55d6.html
    » なぜエセスピはお金をエネルギーと言いたがるのか
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter