スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

怒りをスピリチュアルな意味で鎮めるのは難しいって話

怒りとかスピリチュアルとか浄化とかの記事

怒りとスピリチュアル

あー。ども。ぼくちゃんです。ぽまいらはいかが怨念と怒りに渦巻いて生きていやがりますか。

あー? おれ?

 

うん。昨今とても怒りとともにワンダフルな日常を生きてるぜ。(怒`・ω・´)ムキッ

 

そりゃあれですよ。おれも神秘家の端くれですよ。切れ端ですよ。キレ気味な切れ端です。ちっともうまいこと言えてない自覚がありつつも、神秘家の切れ端です。

怒りを克服するのがこの道の始まりと終わりである。

そう理解していますですよ。

ぽまいらはどんな怒りをこれまでため込んでいるね?

 

癒されもしない、浄化もされない怒りは己を蝕む

だってさ、たとえば人に聞いたところによると、40代のおっさんが、「中学生のときにバカにされたときの怒りがふと蘇るときがある」とか言うわけ。つまり、モノによっては三十年モノですよ。

ウイスキーのマッカランだったら25年物で23万ですって!

※画像はリンク先より

そんなん、あれ、いい感じに熟成して「香り漂う」なんてCMの一つや二つ作れそうな勢いじゃない。

あたい、香だけで酔っぱらってしまいそーよ。

そんな怒りを体にため込んで熟成していたらそりゃ怒りに酔っ払いまくり、毎日へべれけ、分解しきれずに肝臓も悲鳴をあげて、体も病むって寸法よ。

怒りは自分に盛る毒。

そんなネイティブ・アメリカンの格言もあったよーな。

でもあれよ。怒りが毒とはわかってはいる。

一方でさ、この「怒り」ってスピリチュアル的には大層浄化の大変な道でね。

霊的な意味だの話だけど、この三次元世界で通過する成長のための試練の道を「ミカエルの道」と言うんだけど、ほぼそのすべてが「怒りの浄化」なんだよね。

もちろんこのプロセスは怒り以外にも多様な欲望の浄化の道であって、スピリチュアル=意識・潜在意識の浄化の道といっても過言じゃない。

そのうえで、始まりから終わりまでつきまとうのが、「怒り」の浄化でもある。

 

 

怒り=エゴイズムの叫び

なんでかっつーと。霊的道はすべて欲望の浄化の道、と書いたけど、別の言い方をすると、エゴイズムの浄化の道なんだよね。

そしてエゴイズムと怒りってのは表裏一体の関係なんよ。

特に男ね。

わかりやすいんじゃない?

男は社会的にマウンティング、好きだろ。

「おれの方がエラいんだぞ!」「おれの方が強いんだぞ!」(社会的に)

そんなことを叫びたくて叫びたくて仕方がない。

収入とか地位とか自分の属している組織とか、肩書とか学齢とか知性とかもってる情報とか付き合ってる女性とか持ってるクルマとか。

とにかく色んなことでマウンティングしたがる。

それらはすべて「おれの方がえらいんだぞー!」というエゴイズムの叫びなんだ。

そして大抵の場合、そんな叫びをする以上は常に上が訪れて悔しい想いをする。

ときにはひどく「痛み」を感じる。

これが怒りとなってくすぶる。

劣等感だったり嫉妬だったり不遇感だったり。

このエゴイズムの炎は十年でも二十年でも三十年でも燃え続けるのだ。

 

 

いつまでも怒っていても仕方がないので鎮めるしかない。それが浄化。

まぁね。そうは言うてもいつまでも怒っていても仕方がない。

だから鎮めたくなるのが人である。

ってことはない。

なぜなら「怒り」に身を震わせることはそれ自体がカルタシスの伴う行為でもある。

つまり「欲望的行為」なのだ。中毒性がある。

短気な人間だった日には「怒り」に震える機会が多いからこそ、それ自体の毒性にひっかかる可能性は高い。

キレやすいもんだから、当然そうでない人より多く怒りというアルコールを一気飲みしてしまっている、ということだな。

何度も何度も。そりゃアル中だ。うん、おれもこの意味で怒りのアル中だな。

 

友人に言わせると二十代の頃より格段に温厚になっているようだが、肝心の家族―お嫁サマの視点では全然そんなことはないようなので、おれ自身の怒りのコントロールはまたまだこれから取り組み続けなくてはならない試練だコンチクショウ。

「鎮まり給え―!」とアシタカのコスプレでもしながら荒ぶる内なるナニかに叫んでいますぜ、やれやれ。

 

 

というところでヘラクラスの十二の難行が待ってる

怒り、スピリチュアル、ヘラクレス

ネメアのライオンを絞め殺すヘラクレスが描かれている。大英博物館諸像。wikiさんの画像。

そこでアレですよ。(笑) そろそろ神秘学講座、上級コースでも開講してひたすら十二の難行に取り組んでいこうかとも思いますね、やれやれ。

つまるところ、視覚化とか霊視力強化とかそういう訓練って、ある意味「中級」までなんよね。

おれの位置づけ的には。もっと生涯を通して一番大変で一番継続的に行わないといけないのが、内省+十二の難行

つまり自己、エゴイズムの浄化です。

ひたすら内面の浄化ですわ。十二の難行の第一回目ネメアのライオンってのは、いわゆる怒りの克服です、こんちには。

わかってはいるよ? とても大切だって。

 

でもな。ときにいわゆる「マスター」と呼ばれる存在でさえ足元をすくわれそうになる、エゴイズムの問題。

とっても大変で泣きたくなるぜ。

というところでアレです。

人生に現れている問題は、乗り越えられるから眼の前に現れているっつー、キリスト教的なアレを信じてここらで筆をおこます。

そんなわけで、おれとおまいらの約束な。

 

短気は損気。

ま。そんな話さ。Yeah!!

 

 

 

「人生が変わる」「魂が変わる」8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の活力を高め、

人生を切り開く力がパワフルに高まる
メールをお届けします。

このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】
1. 人生は「そもそも論」で考えろ!
2. 欲求の階層を把握しろ!
3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!
4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!
5. 1009回目のプロポーズ
6. 視覚化が未来を拓く
7. 自分の真の敵を知れ
8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。

(注!!)docomo,ezweb,softbankなどのケータイメール、とりわけicloudのメアドはマジで届かないです。。。

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報
  • User Avatar なが さんより(20/07/26)
    久々に(今頃)読んだけど、いい記事やった。 夏樹氏もブレないし(一時期質問の返答がみんなこれだった←そりゃそうだ) ああ、勉強したくねえ。(本音)
    » マスク作りが面倒な疑い深い私の疑問と神秘家の回答

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter