“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

神秘学講座受付開始しました。

 

「今考えている事の逆が正解だ。

 でも それは大きなミステイク。」

これ、元ネタがわかる人いたら嬉しいです。

※ファイナルファンタジーシリーズ好きだったんです。

どうもこんにちは。性懲りもなく、たーこです。

今日はお知らせ。

 

4月25日(土)の神秘学講座受付開始しました。

 

 

はい、今日から受付開始です。

夏樹くんの神秘学講座。

今回はキリストロゴスについてです。

夏樹は今頃必死に資料作りしていることでしょう^^;

沢山の方のご参加お待ちしております。

 

講座を受講するにあたってのお願い。

 

一点個人的なお願いなのですが、

講座にご興味もたれた方は

(文体的にわかりにくいかもしれませんが)

下記引用内容に目を通しておいていただけると、いいなー・・と思います。

※授業とは直接何の関係もありません。(マジ)

ただ、目を通していただければと思います。

ルドルフ・シュタイナーの名著

「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」の一部を抜粋したものです。

意味ある内容だけが

神秘修行者の唇から流れてこなければならない。

おしゃべりのためのおしゃべりは

彼を修業の道から引き離す。

思いつきで種々様々の話題を

思い思いに語り合う通常の会話を

神秘修行者は避けなければならない。

とはいえ

決して周囲の人とのつき合いを断つべきではない。

人との交わりの中でこそ、

自分の発言を

意味あるものにしていかねばならない。

どんな人とも語り合う。

しかしそのときには、

すべての点において熟慮した上で発言する。

決して根拠なしに語ったりしない。

言葉が多すぎもせず、

少なすぎもしないように語ろうと試みる。

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか p145

 

いやー、シュタイナーはさらりと

難易度高い事書いてくれちゃってますねww

目を通してくださった方、ありがとうございました。

 

講座はニートTシャツ着た奴が受付をして、

インストラクター夏樹が授業を進める形になります。

内容は至って真面目なのでその点はご安心ください。

気負わずご参加くださいませ。

皆様にお会い出来るのを楽しみにしています。

 

講座に関する詳しい内容・お申し込みはコチラ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter