スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

神秘学講座受付開始しました。

 

「今考えている事の逆が正解だ。

 でも それは大きなミステイク。」

これ、元ネタがわかる人いたら嬉しいです。

※ファイナルファンタジーシリーズ好きだったんです。

どうもこんにちは。性懲りもなく、たーこです。

今日はお知らせ。

 

4月25日(土)の神秘学講座受付開始しました。

 

 

はい、今日から受付開始です。

夏樹くんの神秘学講座。

今回はキリストロゴスについてです。

夏樹は今頃必死に資料作りしていることでしょう^^;

沢山の方のご参加お待ちしております。

 

講座を受講するにあたってのお願い。

 

一点個人的なお願いなのですが、

講座にご興味もたれた方は

(文体的にわかりにくいかもしれませんが)

下記引用内容に目を通しておいていただけると、いいなー・・と思います。

※授業とは直接何の関係もありません。(マジ)

ただ、目を通していただければと思います。

ルドルフ・シュタイナーの名著

「いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか」の一部を抜粋したものです。

意味ある内容だけが

神秘修行者の唇から流れてこなければならない。

おしゃべりのためのおしゃべりは

彼を修業の道から引き離す。

思いつきで種々様々の話題を

思い思いに語り合う通常の会話を

神秘修行者は避けなければならない。

とはいえ

決して周囲の人とのつき合いを断つべきではない。

人との交わりの中でこそ、

自分の発言を

意味あるものにしていかねばならない。

どんな人とも語り合う。

しかしそのときには、

すべての点において熟慮した上で発言する。

決して根拠なしに語ったりしない。

言葉が多すぎもせず、

少なすぎもしないように語ろうと試みる。

いかにして超感覚的世界の認識を獲得するか p145

 

いやー、シュタイナーはさらりと

難易度高い事書いてくれちゃってますねww

目を通してくださった方、ありがとうございました。

 

講座はニートTシャツ着た奴が受付をして、

インストラクター夏樹が授業を進める形になります。

内容は至って真面目なのでその点はご安心ください。

気負わずご参加くださいませ。

皆様にお会い出来るのを楽しみにしています。

 

講座に関する詳しい内容・お申し込みはコチラ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter