“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

♪信じる者しか救わないセコい神さま拝むよりは♪

どーも。
敬虔と罰当たりの狭間の間を小気味よく漂うオトコ、夏樹です。

年末でクリスマスやら正月も近いってなもんで、

ぽまいらはいかが現世利益を期待して偶像崇拝しちゃっていやがりますか。


さて。どうもこの時期は、スピリチュアル業界に物申したくなるようだ。

 

なんでも友人が、
某SNSで「神さまってホントにいるんかいな」的なコトを呟いたら、
スピリチュアルな方々から猛反論されたんだと。


たかが一介の女子のその程度の発言にすら、

うだうだと物申さずにはいられない。

「マジうぜぇ、かつキメェww」

と思わずにはいられないが、

そもそも随分と精神修養を積んでくれたスピリチュアルな方々です。(苦笑

世が世なら、聖戦とか異教徒相手にヒャッハー!してそうだぜ。


ほんと、
そもそもそうした物申すこと自体がすでにキモいしウザい。

大きなお世話だぜ。


いや、マヂで。


ほんと、霊性が低くね?と思ってしまうし、

霊性なんていわずとも、ニンゲンとしてどうよ。

そもそも耳を疑ったのは、

その連中に言わせると、
神さまは信じないヒトはサポートしないし、
信じるヒトはサポートするんだって。


なにその露骨な差別はwww

神様、差別主義者w


ってか、そんなまがい物の神さまなんざ、

とっとと火にくべて焼き払っちまえ。


仮にオレが神さまなら、
たとえ信仰を持たなくても、
人生に真摯に、ヒトには優しく、理性的に、自省と自制を伴って
生きてるヒトをサポートしたくなるけどな。



ついでに言えば、
ヒトからの「信仰」という精神力(エーテルバイリティ)を必要とする「神さま」
なんざ、その時点でエレメンタルだと分かるので、
「焼き払ってやるから、そこを動くな」と言ってしまうけどな。



ふん。セコい神さまが跋扈しているもんだ。


まぁ、いまのスピ系どもにゃお似合いだけどよ。


いいかい。


路傍の花は、
見つめる者が悪人であれ善人であれ、その美しさと芳しい芳香を等しく与えるだろう。


同様に、慈雨は万人の頭上に降り注ぎ、陽光もすべてのものを温め、育むだろう。


悪人、善人、信仰深き者、無神論者。


そんな区別は、一切ない。


ないんだよ。


高き方からしたら、そういうものなのだ。


その程度のこともわからず、
てめぇの「神さま」とその理解を押し付けようとする。
押し付けずにはいられない。

そんなのがうじゃうじゃとあふれるスピ業界。

まとめて火ぃつけてやりてぇわ。


「コレこそ浄化ってモンだろ。ゲラゲラゲラ(笑」とさ。


まぁ、ナニを信じるのも自由だけども、
それを他人に押し付ける、偏狭な理解で説教しようとする。


そんな程度の低いのにはならんようにな。


無神論者でも唯物論者でも。


冷静に理性を働かせ、人に優しく在れるヤシのほうが、
偏狭的な情熱に駆られた宗教者よりも、よっぽど神さまに近いのだ。


ま。そんな話さ。

 

(過去記事へ加筆修正)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter