スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

「スピリチュアル」と「醜さ」

あー。ども。今年を表す漢字とやらが「絆」になっている昨今、


「僕はね、個人的には“生”を選びたい。生きているとつらいこともあるし、今年はとくにそんな年だった。

だからこそ、生きていることの喜びを(以下ry」


なんてどっかのがちゃ○んの言ってることをオマージュ的に引用している僕ちゃんですが、ぽまいらはいかが年の瀬に向けて働いていやがりますか。



さて。


今年は仕事関係でいろいろな人と知り合ったり、関連が深まったりといろいろだった。



そうしたつきあいを実社会とすび系とに分けて考えると、
圧倒的に実社会でがんばってる連中のほうが人としての成長速度の早さ、
高みへと向かう勢いのようなものを感じられた。


一応、ジャンル的?にすび系と言われるであろう神秘学徒のオレさまとして思うのは
「だから現実逃避的なすぴどもは駄目なんだ」というのもあるが、
霊性の道における向上の難しさだ。



正確な年数とは言えないだろうが、いわゆる通常の実社会系の人生であれば、
一万年の道程で達する霊性進化の高みに、神秘的・宗教的求道者は一回、二回の生で到達していくことが可能だ。



それほど本来、霊性進化の道における、探求者の道は“効率的”ではある。



しかし、進む速度が速い分、銃弾のようなもので、ほんのわずかにでもずれて打ち出されると、
本来の目的地からどんどんと遠い方向へと突き進む。



銃弾ならまさに光陰のごとく、目的地からの誤差が大きくなる。



うかつなすび系の「転落」が多いのは、まさに精神世界にはこうした危険性が潜んでいることの証左だ。



ほんとにね、この世界、ちょっとしたことで転げ落ちるし、自分では気づかなかったりするもんだよ。



たとえばさ、おまいの友人のAさん。



Aさんがほんとのところどんなやつか。普通の人間であれば、コミュニケーションの中で、
言葉をかわしたり、観察したりして、考えるだろ。



ましてや「判断する」ともなれば、「よく知った上で」って当たり前じゃん。



ところが、精神世界系の椰子はアホなほど単純に「カード占い」「リーディング」などで判断しようとする。
よりにもよって「人」をだ。



ばっっっっかじゃないのか!?



「Aさんは○○ですか。占ってください」とか、頼んだり頼まれたり。



こういうことする時点でそもそも人としてアウト!と声を大にして言いたいところだが、
「精神世界系」には普通にいるからおそれいる。



Aさんがどんな人なのかほんとに知りたければ、自分でコミュニケーションするなり、
なんなり、自分の頭で考え、ココロで感じて答えを出すのが当たり前のことだろうに。



そんなこともせず、アホな手段でいとも簡単に人を裁く傲慢性と低知性。



その行為がどれほど傲慢なことなのか、想像すらついていないのだろう。



だから「参考にでも」なんて言い訳程度でできてしまう。



世界のことわりを知り、己の精神性を高めようとする道にもかかわらず、スピンオフ的に生まれた技術、
しかも児戯程度のものにすがり、「自己」をゆだねてしまう滑稽さ。



まったく。アホばっかだぜ。



アホなだけでくなく、醜悪だ。



別にナルシストになれとは言わないが、この道を歩む上での霊的に正しいあり方ってことを考えるとき、
自分の言うこと為すことは“美しい”か、と問い直すのは必要なんじゃねぇのと思うよ。



自分の今が「正しいか正しくないか」という問いかけはときに困難だが、
「美しいか否か」という問いかけならば、人は本能的に答えに至るからだ。



持っておいて、損になる問いじゃあないと思うぜ。



ま。そんな話だ。



                     訂正 1  

                        人気ブログランキングへ

               まぁとりあえず押しておけ。いいことあるから。(藁

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter