スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

チラリズムと宇宙人

「ほんと、めっきり寒くなったよな。でも、キミのことを思うと、おれの心は暖かくなるんだぜ」なんてセリフは成層圏まで歯が浮きそうなのでさすがにオレさまも心に思うだけでとどめておくあたりが、さすがにちょっとオトナです。しかながら、クリスマスの雰囲気に酔ってついついそんなセリフを逝ってしまいがちなぽまいらは、いかがウカれてこの時期過ごしていやがりますか。



あー。さて。物心ついた頃、「ちょっとだけよ♪」なんて加藤茶が大昔にテレビでギャグっていたが、宇宙人ネタのチラリズムと共通しているな。(藁



UFO写真とかなんとかで、チラチラとケツを見せつつ、「あと少しでみんなのまえに表れるぜ!」とフルヌードwを期待させる。何十年前からも「あと少し!」「いまが変化のとき!」とオバマの演説じみたチャネリングメッセージとともにヤシらはやってきたわけだ。



オバマは宇宙人たちによると「光の勢力」だそうだが、演説内容からすると、単に仲間で前線指揮官として生まれたんじゃねぇの?(藁 なんて皮肉を言いたくもなるが。




それにしてもヤシらの「あと一歩」は随分と足が長いようで、地球人からしたら何万歩だよ、ゴルァ!と言いたくなったUFO好き、アセンションネタ好きも多いはず。



結局、11月末あたりに来るとかこないとかいうのも不発に終わったな。なんかこう、オオカミ少年かっつーの。w




なんか、このようなネタもあるようなので、まだまだ「いよいよ到着です祭り」はまだ終わらないようなのだが。



別にオレさまは宇宙人は否定せんが、あの宇宙人登場と社会の大変化と救済を待ち焦がれてるヤシらってのが、どーもイヤなのな。



今度こそ来る!と信じるのは勝手だ。そしてほんとに平等で、愛と豊かさにあふれた社会に変わることを期待するのもご自由に、だ。



でも、宇宙人が予定された日にこなくて「ガッカリだ・・・辛い」とか言ってるのを何度も繰り返してきたヤシらって、社会変革のために、よりよくするためになんかしてんのかね??



すべて宇宙人まかせの改善なのかね。まぁほんとにしてくれるならありがたいけどよ。(藁



来たら儲けもん、くらいのスタンスでいて、自分と人生を改善するように努力していたほうがいいんじゃないかねぇ。



「一本の薔薇が美しくなれば、庭園全体を美しくすることに貢献している」ってなことをシュタイナーは言った。いい言葉だ。



一人ひとり、まず自分自身を高めていけばいいじゃねぇか。その結果、「庭園」がより美しくなれば、住みよいところになるだろう。何世代かかるか分からない歩みでも、いつかは辿りつくだろう。宇宙人登場を期待するよりも、日々の歩みと自己の「美化」に努めていようじゃねぇか。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter