“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

大晦日もすっぴすぴ。(藁

2012年の宇宙人来訪とか、ディスクロージャーとか、暗黒の三日間とか、アセンションとか、平行世界への逃避とかに向けて波動向上に余念がないであろうおすぴな皆様こんにちは。クルクル詐欺にひっかけたりひっかかる用意はばっちりですか。(藁 




もうすぐ新年だな。新世紀型終末世界に向けて、今年もカード占いで思考と理性の放棄のラストスパートとシャレこもうぜ。w



しかしまー。それにしても、社会環境の激動っぷりは、ほんとに激しいな。天災、人災、政治、経済・・・。あらゆる方面から「よーし、本気出して、おまいらディスっちゃうぞー♪ んー、ニッポンはなんだかんだと経済はタフだから、災害と政治からパパ攻めちゃうぞー♪」なんてノリだな。




まぁ、それもこれも、この時代に生まれることを選んだ以上、負うことを覚悟してきた因果としかいいようがないのだが。



それになんというか。一応この「物理的世界」の現象でさえ、いざコトが発生すると容易にオレさまたちの手に余る事態になっていく。一人ひとりがあがいたところで、たとえば経済変動の波で倒産するときは、倒産の憂き目にあう。




しかし、人生の妙なるところ、結局どんな目にあっても、「人は自身で乗り越えられない障害には出会わない」。たとえ命を落すような事態であったとしても、本気だしていけば「霊的に正しい対応」を行えるものが自分のもとへとやってくる。



波動あげて困難を乗り切ろう、運気をあげて、困難にあわないようにしよう、じゃねぇんだ。「スピリチュアル」な道にいるのなら、発想が違う。




高き者ほど、「天国に入るのは後になる」。高き者ほど、救われるのは後回しなんだ。



地蔵菩薩が、すべてのものを救うために自ら、地獄へと降り立ったように。




これからも、来年はさらにひでぇことになるかもしれない。この数年は、ずっと下り坂かもしれない。



そんな世界で、多少なりともおまいが、反対に幸運に恵まれたり、力をつけたりしていくことができたなら。それは、おまいの後にいる者へ手を貸すための余力を与えられた、ということなんだ。



そのとき、おまいはその「余力」を「救済の力」へと転化せしめ、人へと差し出すことができるのか。スピリチュアルな道に生きるということは、そうしたことを問われている。



徹底的に、利他の道なんだ。



だからさ、この道でへんな副業・本業にして小賢しく稼いだりしているのが結構いるだろ。大半は堕ちていく。それはもう確定している。自ら、監獄行きのチケットを購入してしまったようなものだ。



・へんなスピグッズの販売

・効果あるのかわかんねぇヒーリング

・いい加減なスピリチュアル・リーディング

・すぴなエセカウンセリング

・シロートレベルなエセ占い

などなど。


奉仕でできねぇなら、ヤめとけ。必要経費以上に得た、不当利益分の何倍ものモノが、確実におまいに襲い掛かることになる。



利他の業を自己利益に用いる者の末路は、哀れなことになる。



年末。



大晦日だからこそ、一年を振り返って、家の中だけでなく、心の中も大掃除といきたいものだな。そこが一番、大変だとは思うけどさ。



諦めず、やっておこうぜ。



ま。そんな話だ。





                     訂正 1  

「あたいも心の大掃除する!」なんて思ったら、ぽちっとな。(藁

                        人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • たまに あそぶ
    • 2015年 12月 06日

    感動してしまいました!(涙(__,)/~~

    なつき様、、凄。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter