“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

東京や横浜とか大都市に跋扈するスピリチュアル・カウンセラーとかスピリチュアルコーチにまともな人間はいるのか?という問い

あー。ども。なつきです。

(過去メルマガの大幅な加筆修正版でお送りしやがります。)

なんだかんだ言って、「セカオワっていいよね」なんて若者文化に共感できるオトナぶってます。「ボクたちは友達のように踊るんだ♪」なんてダーゲナイダーゲナイ♪口ずさんでます。思わずドラゴンナイトでマーメイドラブソディです。

 

はい。すみません。おっさんですが、何か。

 

 

なんかあれですね。世の中にはスピリチュアル・カウンセラーとかスピリチュアルコーチとかいますな。おれはですね、スピリチュアル・カウンセラーとかスピリチュアルコーチを名乗ろうとまったく思っておりませぬ。コーチングでヒーラーのマインドを換えるプログラムで、単におれがそれがスピリチュアルな前提でやっていたから、このブログタイトルにもあるようなスピリチュアルティーチングというより、スピリチュアルコーチングを限定で提供したことあるけど。

 

でも、自分自身が何者かと問われたら、薔薇十字系神秘学徒とか、真理の探究者とか単に神秘家でいいやな。

 

いやね。まぁなんといいますかね。今回、このテーマの過去メルマガを発掘したのはね、最近、あまりにも「スピリチュアル起業」が目立ってきているなーと。まぁそういうプログラムを販売している輩もあるからね。まぁぶっちゃけそこの仕掛け人は、「スピ系はウブでちょろい。ビジネス系になれた人たちは反応が悪いけど、スピ系は慣れてないから、仕掛けやすいぜ!」といった認識だと思うんだけどね。とある大御所は、「スピリチュアルにも理解があるマーケッター」という色を出しているけども。

 

まぁそんなわけで、そもそも、もしあなたがそれなりにスピリチュアル、ヒーリングなど、精神世界に詳しい人間でありつつ、この「スピリチュアルで起業する」という言葉のオカシサに気づかないなら、「かなり現代社会の価値観に毒されて」いる。

 

実際あれね。スピリチュアルを専業にしちゃっている人たちね。もうかなりヤバいよなー。以前、そういう人たちをクライアントに多く持つ人から聞いたことあってさ。

 

 

まぁその人は、「スピリチュアル・カウンセラー」「スピリチュアルコーチ」みたいな職種で名乗る人たちの多くが必要とするというか、とりあえず興味があるだろうジャンルのモノを扱うもんだから、自然と彼らに知り合いが多くなったみたいだけど。

 

 

その人がいうわけですよ。結論から言うと、 「人間的にまともなのがいない」 と。(笑)

 

まぁ業界裏話じゃねえけどさ。「恐怖、 不安」を煽るような ことを言って依頼人を 自分に依存させたり。自分を専属として雇わせようとしたりとかね。 あるいはもともと、「占い師」がスピリチュアル・ カウンセラーを名乗り、 あなたの守護霊はなんだ、 指導霊はなんだ、 オーラがどうしたとか言ってるケースも多いとか。

 

もうそれ、占いですらねぇだろとw

 

でさ、自分の顧客には社会的に それなれりに権威のある人、有名人とかが いたりするとさ、自分で名刺に、 ●●●御用達♪ と書いてしまう図々しさw (本人たちには許可とったのかねw)

 

なんなんだろうね。そのエゴイズムの肥大っぷりは。(藁

 

ほんと、狂ってんぜ、 世の中。

 

そんなエゴイズムまみれが 「スピリチュアル・カウンセラー 」を名乗ってんじゃねぇw みたいなね。

 

スピリチュアル・カウンセリングとは何か

そもそも論だけど、スピリチュアル・ カウンセリングとは何か。ってところだけど、本来的なものから言うと、 宗教的、 霊的な道に おいて、 「導師」が「弟子」 を導くための対話のことね。霊的な意味の教導。

 

決してな、オーラだ過去世だ、 ワケのわかんねぇ鑑定を ウダウダ述べて、占いよりも怪しい結果でカウンセリングするもんじゃないわけ。

 

 

時に道理を語り、 時に道を正し、

時に背中をそっと押す。

 

そしてあくまでも、 「霊性を高めるための教導」 だっての。

 

 

たとえば、おれがこの道を歩くために オススメする基本テキスト の一冊に、 ルドルフ・シュタイナーの 「いかにして超感覚的世界の 認識を獲得するか」 (訳:高橋巌)がある。 タイトルはまるで 霊能力獲得 のためのハウツー本 みたいだが、 実際は修身的内容で、 いわば、この道の導師と 弟子との対話的内容だ。 霊的な教師が、道を子志す新たな参入者をどう教え、導くのか。そんなスタイルで語られている。

 

だからまぁこの本は、秘教の道において、 導師は弟子に何を語り、 いかに道を示すのか。 そのことを示した 画期的内容 なんだけどね。 つまり書物に、「神秘学の導師の役割」を もたせている。これは画期的だよ。なかなか出会えない本物のスピリチュアルな導師が、いかに弟子を教え、導くのかというエッセンが詰まっているわけ。

 

で、 何が言いたいかというと、 コレが本来の 「スピリチュアル・カウンセリング」というものなんだ、と。 決して、 アナタの 過去世がどうした、 オーラがどうした、 チャクラがウンヌン、 の話ではない。

 

そんなバカげた 話しかしない スピリチュアル・カウンセラー なんざ、 まず間違いなくニセモノなんで、 決して関わらないようにな。 とくにさ、東京や横浜のような大都市には、そんなスピリチュアル・カウンセラーがゴロゴロとバーゲンセールのように転がっている。まっとうな社会人としての道で生きていけないモンだから、せいぜいほんの僅かな霊感めいたものを頼りに稼ごうとしているだけだ。あるいは、占いより「こっちの方が稼げる」とふんだ元占い師とかな。

 

そんなんが跋扈しているからこそ、仕事上、実に多くのスピリチュアル・カウンセラーと会ってきた人物に、「人としてまともなのが全然いない」と言われてしまうのだ。それが今の「業界」の実態ってところだ。

 

 

ぽまいらも、変なのところに相談にいって、ハマるんじゃねぇぞ? そんな連中に頼ることなく、自分の頭使いまくって、考えまくって。それでダメなら「社会人としてまともな人」「常識人」な人の知恵を借りるんだぜ。話はまずそれからだ。

 

 

ま。そんな話だ。

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

より詳細な説明はコチラから

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/03/06)
    責めたらあかんな。(笑) >内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 >そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 意外とそうでもない。(笑) 認めても分析がすすまないと、なんとも、、、だね。 アレやらコレやらが「エゴイズムだったな」と 気づいたら、その根っこをさらに分析していき、、、と。 理性でどんどこ解体していくんだな。 その過程でさらに分析対象が増えてリストアップされていく。(笑) 単純に「難問」の回答に四苦八苦する受験生のように、 エゴイズムを理性で解体(分析)していくプロセスがまってるぜぃ。 なかなか満足がいく答えにたどり着けないしねぇ。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    わはw 私、内省の仕方?手法?めちゃくちゃ間違ってたことに気付いたw 自分にダメ出しばかりし過ぎて、ちょっとMっぽくなってたw 今現在の認識だけど、 内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 スピリチュアルを学んでいるという優越感もあって、 自分はちゃんとやってると思い込んでいたから、間違いに中々気付かなかったのかもな。 ちょっとスピリチュアルから離れて、 要するに外から知識を仕入れることを止めて、 そもそもの自分の感情とか考えの癖とかをどんなにグダグダで利己的であろうと、 これが自分の中にあるものだ と認めて見ぬふりとか押さえつけるのとかを止め始めたら、 今まで教わったことが分かるようになってきた気がする。 まだ、ダスカロスの内省する時の言葉の通りにはいかないけどw
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/01/20)
    ははは。(笑)まぁ不吉なほどの難問来たら食らっておきなよw そーなんだねー。httpsも済んでるし。理由がわかんなくてさー。Twitterに問い合わせてもレス寄越さないし。 やれやれだよ。
    » 【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【後編】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter