“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

東京や横浜とか大都市に跋扈するスピリチュアル・カウンセラーとかスピリチュアルコーチにまともな人間はいるのか?という問い

あー。ども。なつきです。

(過去メルマガの大幅な加筆修正版でお送りしやがります。)


なんだかんだ言って、「セカオワっていいよね」なんて若者文化に共感できるオトナぶってます。「ボクたちは友達のように踊るんだ♪」なんてダーゲナイダーゲナイ♪口ずさんでます。思わずドラゴンナイトでマーメイドラブソディです。

 


はい。すみません。おっさんですが、何か。

 

 

なんかあれですね。世の中にはスピリチュアル・カウンセラーとかスピリチュアルコーチとかいますな。おれはですね、スピリチュアル・カウンセラーとかスピリチュアルコーチを名乗ろうとまったく思っておりませぬ。コーチングでヒーラーのマインドを換えるプログラムで、単におれがそれがスピリチュアルな前提でやっていたから、このブログタイトルにもあるようなスピリチュアルティーチングというより、スピリチュアルコーチングを限定で提供したことあるけど。

 


でも、自分自身が何者かと問われたら、薔薇十字系神秘学徒とか、真理の探究者とか単に神秘家でいいやな。

 


いやね。まぁなんといいますかね。今回、このテーマの過去メルマガを発掘したのはね、最近、あまりにも「スピリチュアル起業」が目立ってきているなーと。まぁそういうプログラムを販売している輩もあるからね。まぁぶっちゃけそこの仕掛け人は、「スピ系はウブでちょろい。ビジネス系になれた人たちは反応が悪いけど、スピ系は慣れてないから、仕掛けやすいぜ!」といった認識だと思うんだけどね。とある大御所は、「スピリチュアルにも理解があるマーケッター」という色を出しているけども。

 


まぁそんなわけで、そもそも、もしあなたがそれなりにスピリチュアル、ヒーリングなど、精神世界に詳しい人間でありつつ、この「スピリチュアルで起業する」という言葉のオカシサに気づかないなら、「かなり現代社会の価値観に毒されて」いる。

 


実際あれね。スピリチュアルを専業にしちゃっている人たちね。もうかなりヤバいよなー。以前、そういう人たちをクライアントに多く持つ人から聞いたことあってさ。

 

 

まぁその人は、「スピリチュアル・カウンセラー」「スピリチュアルコーチ」みたいな職種で名乗る人たちの多くが必要とするというか、とりあえず興味があるだろうジャンルのモノを扱うもんだから、自然と彼らに知り合いが多くなったみたいだけど。

 

 

その人がいうわけですよ。結論から言うと、 「人間的にまともなのがいない」 と。(笑)

 


まぁ業界裏話じゃねえけどさ。「恐怖、 不安」を煽るような ことを言って依頼人を 自分に依存させたり。自分を専属として雇わせようとしたりとかね。 あるいはもともと、「占い師」がスピリチュアル・ カウンセラーを名乗り、 あなたの守護霊はなんだ、 指導霊はなんだ、 オーラがどうしたとか言ってるケースも多いとか。

 


もうそれ、占いですらねぇだろとw

 


でさ、自分の顧客には社会的に それなれりに権威のある人、有名人とかが いたりするとさ、自分で名刺に、 ●●●御用達♪ と書いてしまう図々しさw (本人たちには許可とったのかねw)

 


なんなんだろうね。そのエゴイズムの肥大っぷりは。(藁

 


ほんと、狂ってんぜ、 世の中。

 


そんなエゴイズムまみれが 「スピリチュアル・カウンセラー 」を名乗ってんじゃねぇw みたいなね。

 

スピリチュアル・カウンセリングとは何か


そもそも論だけど、スピリチュアル・ カウンセリングとは何か。ってところだけど、本来的なものから言うと、 宗教的、 霊的な道に おいて、 「導師」が「弟子」 を導くための対話のことね。霊的な意味の教導。

 


決してな、オーラだ過去世だ、 ワケのわかんねぇ鑑定を ウダウダ述べて、占いよりも怪しい結果でカウンセリングするもんじゃないわけ。

 

 

時に道理を語り、 時に道を正し、

時に背中をそっと押す。

 


そしてあくまでも、 「霊性を高めるための教導」 だっての。

 

 

たとえば、おれがこの道を歩くために オススメする基本テキスト の一冊に、 ルドルフ・シュタイナーの 「いかにして超感覚的世界の 認識を獲得するか」 (訳:高橋巌)がある。 タイトルはまるで 霊能力獲得 のためのハウツー本 みたいだが、 実際は修身的内容で、 いわば、この道の導師と 弟子との対話的内容だ。 霊的な教師が、道を子志す新たな参入者をどう教え、導くのか。そんなスタイルで語られている。

 


だからまぁこの本は、秘教の道において、 導師は弟子に何を語り、 いかに道を示すのか。 そのことを示した 画期的内容 なんだけどね。 つまり書物に、「神秘学の導師の役割」を もたせている。これは画期的だよ。なかなか出会えない本物のスピリチュアルな導師が、いかに弟子を教え、導くのかというエッセンが詰まっているわけ。

 


で、 何が言いたいかというと、 コレが本来の 「スピリチュアル・カウンセリング」というものなんだ、と。 決して、 アナタの 過去世がどうした、 オーラがどうした、 チャクラがウンヌン、 の話ではない。

 


そんなバカげた 話しかしない スピリチュアル・カウンセラー なんざ、 まず間違いなくニセモノなんで、 決して関わらないようにな。 とくにさ、東京や横浜のような大都市には、そんなスピリチュアル・カウンセラーがゴロゴロとバーゲンセールのように転がっている。まっとうな社会人としての道で生きていけないモンだから、せいぜいほんの僅かな霊感めいたものを頼りに稼ごうとしているだけだ。あるいは、占いより「こっちの方が稼げる」とふんだ元占い師とかな。

 


そんなんが跋扈しているからこそ、仕事上、実に多くのスピリチュアル・カウンセラーと会ってきた人物に、「人としてまともなのが全然いない」と言われてしまうのだ。それが今の「業界」の実態ってところだ。

 

 

ぽまいらも、変なのところに相談にいって、ハマるんじゃねぇぞ? そんな連中に頼ることなく、自分の頭使いまくって、考えまくって。それでダメなら「社会人としてまともな人」「常識人」な人の知恵を借りるんだぜ。話はまずそれからだ。

 

 

ま。そんな話だ。

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/


より詳細な説明はコチラから

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter