“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

何が欲しいんだ?(藁 時代とスピリチュアル系の流れについて

どーも。オレさまです。

(2009年12月23日の記事を再編集してみた。)


宇宙の中心でエロスを叫ぶオレさまですが、
ぽまいらはそんなオレさまを
「まぁ、オレさまがエロいのはいまに始まったことじゃないものねぇ」
と冷ややかに見つめていやがりますか。



あー。視線が冷たいわー。



さて。まぁなんというか、
スピな世界に足を突っ込んでいると、
ほんと、ヘンなヤシらも当然見るよな。

 

スピリチュアルにもいろいろ


まぁ多いのが、<うかれ系なフワフワなスピ>。

ニューエイジ系。

やたらと天使と愛とヒーリングがキーワード。

よくオレさまが批判ネタにしているところ。



対して、伝統的な神智学、霊性思想・宗教思想、
あるいはやや新しい神智学(ブラバッキー系)
・人智学・スピチュアリズム等に依拠してスピを語るスピ。

時代を経た思想の安定性はあれども、
排他性が強かったり、
新興スピをバカにするキライが強かったりする。

オレさまも、ここにカテゴライズされそうだ。



もっとも、中には菅原氏のように伝統思想と
現代的スピ技法をフュージョンしようとする人もいたりして、
バリエーションが激しくなってきてもいる。



最近、増えているなぁ、と思うのが、
そうしたスピの潮流へのアンチテーゼなスピリチュアル系

 

「地に足をつけようぜ」的な主張が多く、
「日常を大切に生きることこそ、スピリチュアル」みたいな。

一見、非の打ち所のない―というか、
常識を武器にしてスピを切り込もうとする。

あたし、イケてるわー。
落ち着いてるわー。

みたいな。



まぁはっきりいって、安全だわな。そのとおりだし。



ところが、ある意味一番タチ悪い主張でもある。

ものすごくまともなコトを言ってるようで、
実は大槻教授の主張と変わらない。(苦笑) 

早い話、役に立たない。(笑




日常生活まっとーに生きてりゃ、
いずれマズローの欲求段階説でいうところの<5番目><第6番目>
を目指していくのが人だ。
(欲求5段階説に、のちに6番目の「自己超越」が加わった。)




畏敬の対象をただ敬い、頭をさげるだけではない。
そこから「霊的成長を志向する性向」は、
魂の自然の欲求だ。

それを否定しては、成長はない。

そんな道を求め始めた魂に、
日常生活大事だよね、と今更言っても、
釈迦に説法過ぎるわけだ。

 

それが安定してる・ほんとのスピリチュアル
というのは自由だが、ギャグだろ。(苦笑


5番目、6番目の欲求とスピリチュアル


さて、それはそうと思うんだが、
本来的にはこの「5番目」「6番目」の道筋であった「霊的道」を
3番目の所属と愛の欲求、4番目の承認の欲求
を叶える手段として「スピリチュアル」が販売されている、
ということがオカシサ・イカガワシサを
生み出しているんじゃねーかねぇ。


なんでもかんでも、ビジネスにしちまっていてさ。

なんか、これこそ人を見下しているようで悪ぃんだけどよ、
とくに「自己実現」の欲求より下は「欠乏欲求」って
カテゴライズされている。

早い話、まだまだ社会的に未成熟なヤシほど強いわけだ。



いまの「スピリチュアル」なビジネスって、
そういう欲求にフックするモノになっちまってるだろ?ってこと。



まぁ、マズローのこの説が有名どころだし、
それを説明するのにわかりやすかったので借用してみた。



なんのために<スピリチュアル>におまいは踏み出したんだ?



その理由を、も一度、内省してみることを勧めるぜ。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter