スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

生きるコトは、シンプルか?

どーも。オレさまです。


さて。よくスピな定型紋きり型なメッセージに
「シンプル」ってのががある。


物事、シンプルにするほど、うまくいく、ということらしい。



生き方をシンプルに。


考え方をシンプルに。


心の持ち方も、シンプルに。


目標も、望みも。


とにかく、すべてをシンプルに!


・・・・


・・・・


・・・・




おまえは、

脳タリンか・・・?




言うまでもないが、
人間を人間たらしめているこの知性の高さ、抽象的思考力は、
複雑で高度なものだ。


万物の霊長たるにふさわしい。


何より、この世界のあり方自体が、おそろしく、複雑だ。


社会科学、自然科学。


宗教や、形而上学。


すべてがそれぞれの世界観と枠組みの中で、それぞれに世界の仕組み、
真実の姿を把握しようと努めてきた。


小難しい、とされるそれぞれの体系自体が、実は「シンプルに」世界を把握しようと努めてきた、
先人たちの叡智の結晶なのだ。


そしてシンプルであるがゆえに、
自然科学はあくまでも自然科学の枠組みで世界を切り取った理解でしかないし、
それは社会科学でも、宗教でもそうだ。


複雑で、理解しがたく、謎に満ちているこの世界。


複雑で、理解しがたく、困難と喜びに満ちた人生。


そしてそれを「シンプル」に描いた、
先人たちの叡智。


そうしたものをすっ飛ばして、
「シンプルにすればうまくいく」なんてのたまうのは、
単なる努力の放棄。


自らの力で問いを持ち、
生きていくことの放棄なのだ。


ぽまいら。


気をつけるんだぜ。


エセスピの教えは、
容易で、優しく、「シンプル」で、一見、美しい。


しかし、
ハマるものは一様に、人として堕ちていく。


一見、シンプルで美しい、
「シンプル」というメッセージ。



シンプルな真実(笑)も内包しているだけに、
タチが悪いのだ。


気がつけば、
考えることを放棄して、どちらかさまが垂れ流す「メッセージ」(笑)に依存する人間のできあがりである。


なんらかの薬物に依存する人間が心身を蝕まれていくように、
「メッセージ」に依存する人間は、心魂を失うのだ。


ま。そんな話だ。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter