“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

明日、今日を誇れる自分であれ。

あけましておめでとうございます。

夏樹です。

2015年はおめーらにとってどんな年だったね?

2016年はどんな年にするつもりだい?

毎年、豊富だけ抱いて、ろくに達成できなかった。

そんなことを思うヤシだって多いだろ。

残念ながら、おれもそんな一人だ。

実行予定の半分だってできたか怪しい、

それでも、一歩二歩は前進してきた。

それだけは胸を張っていえる。

その積み重ねが、いつの日か、満足できる人生の足跡を残すと信じているぜ。

 

究極的には、自分という人間を、自分の歩いた人生の価値を判ずることができるのは自分だけだ。

昨日の自分に、今日の自分は誇れるかい?

胸に手を当てれば、わかるはずだ。

 

自分に誇れる自分であれ。

そんな小さな誇りが積み重なるとき、人は笑って最後の日を迎えられるのではないだろうか。

いつもいつも、昨日の自分に誇れる自分であるとき、いつでも笑って自分に言えるのではないだろうか。

ネイティブ・アメリカンの言葉として有名な「今日は死ぬのにもってこいの日だ」。

その言葉は、いつの日も後悔なく今を生き切っている人にだけ許される、誇りあふれる言葉だと思う。

 

2016年。凶悪な少年犯罪、高齢者犯罪の狂暴化、さらには紛争やらテロやら・・・。

激動の2015年からまたさらに激しくなるに違いない。

生きること、それ自体が世界でもこの国でもより大変になたるだろう。

公務員や大企業にいれば安心か?

そんな神話も崩れつつある。

だからこそ、縁あって、このブログで出会うことができたすべての人に。

 

「明日、今日の自分を誇れるように、一日を過ごそう」

 

そう言いたいと思う。

 

ま。そんな話だ、

 

人生を変える8本のメールレッスン

昨今、告知を忘れていた無料メール講座。

「復活の呪文」

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/


より詳細な説明はコチラから

 

 

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

    • ふらぐめんと
    • 2016年 1月 07日
    あけましておめでとう~ あはは、だいぶおそくなってごめん。 いや~年末に飲み過ぎて転んで肋骨にひびはいったみたいでさ。 いたいのなんの。 まぁ、だいぶ痛くなくなってきたけれどね。 オレ様・・・というか奥さんがインフルと風邪で大変だったみたいね。 お大事にして下さい。 ではでは、今年もよろしくお願い致します。
    • 加藤 夏樹
      ふら おめでとー&ことしよろしく~。 うーむ、あけおめメールを出そうと思っていたら今日になってしまったw >いや~年末に飲み過ぎて転んで肋骨にひびはいったみたいでさ。 おいおい、 そりゃ自分の体重の衝撃に肋骨が耐えれなかったってことでw 太ましくなり過ぎたか?ww おう、なかなか厳戒態勢だったな。 おれもうつるわけにはいかなかったし。 なんとか乗り切った。 ふらもインフル気をつけろよー。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    >本人は騙しているつもりはないだろうけど、やっぱり騙しているカテゴリーになるのかしら? 言われてみりゃカテゴリーは厳密には違うかもしれんが、それでも基本的に同じカテゴリーになると思うぜ。 なぜならその行為自体、マイナス的な意味でのカルマになると思うからだ。 いずれその人は「手痛い」形でカルマによる学習を行うことになるだろう。 >“「自分の能力を信じちゃってる人」に傾倒する人”に 『それ、大丈夫?』とは言えないというか。 その辺、なんかモヤモヤするのいつも。 ながが言う必要はないかもしれないが、誰かが言う必要はある状況なのかもしれねぇな。 するとなおのこと、それはカルマ的意味でマイナスの状況だな。 モヤモヤはともかくとして、誰かがなんとかする必要はあるのだろうぜ。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    スピリチュアルにハマる人、じゃなくて、 「自分は本当にスピリチュアルな能力を持っていて、これをみんなに享受したい!」 って信じて疑わない人は、 本人は騙しているつもりはないだろうけど、やっぱり騙しているカテゴリーになるのかしら? お師匠のダンブルドア氏や、前に出てきた沖縄のなんとか(忘れた)みたいに、 必要な人はその時に会える。っていうスタンスでいるのがイイ(善し悪しのではなく外的基準として)のだろうけど、 本人信じてるんだろうし、(たぶん)私の見えない/知らない何かがわかることに関して見えない私が判断できないし、 その“「自分の能力を信じちゃってる人」に傾倒する人”に 『それ、大丈夫?』とは言えないというか。 その辺、なんかモヤモヤするのいつも。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter