“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

不養生は良くないですな。

健康と不健康の狭間でw

さて。そんなわけでアラフォー世代の

共通の話しといえば健康談義ですよw


歳ですな。

右下腹部が・・・・

 

 

と痛み出していたので、急きょ大腸の日帰り検査をしてきた。

 

痛みのピークの数日前は、歩くのも困難を覚えだしたものだ。

 


この痛みには記憶がある。

 

場所も同じだ。間違いない。

 

検査するまでも正直ないと思ったが、

もうおれも40過ぎてるしなぁ。


ある程度、インナーサイトで予測はつくが、科学の目にかなうはずもない。


というわけで検査を受けることにする。

 

 

もしかしたら大腸がんとか、小さなポリープとか見つかるかもしれないだろ。


ただこの痛みは、三年前にも経験済だ。


早いな。

もう三年ぜよ。

https://wizardofsoul.org/4771.html

昔、ヨメちゃんに記事化されていたw

 

今回おおげさにカメラ突っ込んで奥歯をガタガタ言わされてきたが、結論としてはただのストレス的なものによる大腸炎である。


潰瘍性とかそんな深刻なものでもなく、

むしろカメラ突っ込んだときは

「もう治ってますねぇ」

程度のものだ。

(そのわりには痛かったw)

 

まぁとにかくじっくりと検査したおかげで、予想通りとはいえ綺麗なものである。


しかし、三年たっても同じ大腸炎をほぼ同じ時期に再発するっつーね。

 

こんな言いたいことも言えない世の中じゃポイズンですわ


おれは夏季がどうしても繁忙期になるので疲れもストレスもたまりやすいが、それを差し引いても、


「精神的不養生をしたまま」


「ただただストレスに耐えている」


「言いたいことの多くを飲み込んでいる」


そんな日々なのだな、と。

 

おれもおれで、それなりに不平不満を言うことなく忍耐してるとです。

 


この点、成長がなかった。

 

ワークライフバランスという言葉は正直、おれは好きではない。


だが、仕事も生活もミッションもビジョンもすべてバランスよく並走したりあるいは統一したり。


そんなバランスが取れていないところから生活も健康も破たんの芽が生まれるんじゃないかねぇ。

 

バランスは聖なる力なのだ


そしてこのバランスの考え方が「聖なる三角形」にある、と神秘学講座でやったのを覚えているか?


父と子と聖霊。

三位一体のことだ。

全知、全愛、全力。


このバランスは、一人ひとりの個人の性格、集団としての在り方、社会の在り方、国家の在り方・・・


と、どんどん規模を大きくしても当てはめて考えることができる。


力と知があっても、愛がなければそれは傲慢となるだろう。

 

愛と知があっても力がなければ無力となるだろう。


そんな風にあるゆる存在、事象をバランスの点から見てみると、自分自身や自分の在り方についても、見方や考え方が変わるかもな。

つか、現在の都市生活者はみんな見直していいだろうよ。

 

そしてバランスとはいえ、最後にコリント人への手紙で締めくくろう。

 

たとえ、人々の異言、天使たちの異言を語ろうとも、

愛がなければ、私は騒がしいどら、 やかましいシンバル。



たとえ、預言する賜物を持ち、あらゆる神秘とあらゆる知識に通じていようとも、

たとえ、山を動かすほどの完全な信仰を持っていようとも、愛がなければ、無に等しい。



全財産を貧しい人々のために使い尽くそうとも、

誇ろうとしてわが身を死に引き渡そうとも、

愛がなければ、わたしに何の益もない。


愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。

愛は自慢せず、高ぶらない。



礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。



不義を喜ばず、真実を喜ぶ。

すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。


愛は決して滅びない。

預言は廃れ、異言はやみ、知識は廃れよう、わたしたちの知識は一部分、預言も一部分だから。

完全なものが来たときには、部分的なものは廃れよう。



幼子だったとき、わたしは幼子のように話し、幼子のように思い、幼子のように考えていた。



成人した今、幼子のことを棄てた。わたしたちは、今は、鏡におぼろに映ったものを見ている。

だがそのときには、鏡と顔とを合わせて見ることになる。

わたしは、今は一部しか知らなくとも、そのときには、はっきり知られているようにはっきり知ることになる。

それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。

 

おまえさんの生活が、バランスのとれたものであることを願っているぜ。

 

ま。そんな話さ。

 

「人生が変わる」「魂が変わる」8本のメールレッスン

~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」

と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。

★★★★★★★★★★★★★★

 

「もう引き寄せの法則とか、いりません」

 

メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、

伝統的神秘学を平易にかみ砕き、

そのエッセンスで

読者の魂の活力を高め、

人生を切り開く力がパワフルに高まる

メールをお届けします。



このメールは、

ともすれば自分の人生に

見切りをつけ始めた、

とくにover40歳など、オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

【コンテンツ一覧】

1. 人生は「そもそも論」で考えろ!

2. 欲求の階層を把握しろ!

3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!

4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!

5. 1009回目のプロポーズ

6. 視覚化が未来を拓く

7. 自分の真の敵を知れ

8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。

(注!!)icloudのメルアドはマジで届かないです。。。



☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter