スピリチュアルとは何か。瞑想のやり方や理論、霊的学びや真理の探究など。

シュタイナーの言葉考

今回は、シュタイナーの言葉を考えていこう。


高貴な理想主義者になるには、「私」が自分の魂を霊的に、高貴になるように働きかけねばならない。「私」が魂の生活を支配できなければならない。そして「私」が許さぬ限りは、魂の中にどんな欲望も、どんな享楽も場所を占めなくなる時、それまで意識魂に過ぎなかった魂の全てが「私」の表現となる。



そもそもの前提だが、高貴な理想主義者とは何か。



神秘学的な立場から言えば、「理想」とはやがて実現されるべきものだ。この世界に打ち立てられ、実践されるべき高次の現実なんだ。なので、決して夢想家ではない。



むしろより良い方向へ向かう、前向きなリアリストだ。そしてこの世界に対して、「それが現実さ」とオトナぶって諦観することもない。




いかなる「現実」であれ、それを打ち立てたのは人であり、すべては人の理念・思考から生まれたものであると彼は知っているのだ。



高貴な理想主義者は、何を高貴と感じるのか。



それは自分の胸に宿る志、希望、欲求、理念・・・自分を突き動かす衝動が、より高き世界の叡智に基いたものでなくてはならないと知っている。



そのために、低次の欲望に支配されぬよう、自らの意志と理性でおのれの魂を完全にコントロールする必要があると知り、実践する。



自分を低いものへと堕とす欲望に支配されぬようになったとき、彼は知る。自分の感じる「私は私」という意識が、完全に意識化されていることに。



もはや、いかなる移り気な欲求や衝動によってフラフラと人生をさ迷うこともない。



私が私というときの私は、完全に私のコントロール下にある。理性に裏打ちされている。



このような「私」になるとき、私の抱く欲求は、それ自体が社会、そして人類にとって有益なものとなることを知っている。



そのときこそ彼は高貴なる理想主義者として私を表明し、歩きはじめるだろう。




                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/12)
    ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/05)
    どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか?
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/05)
    ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/04)
    返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter