“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

講座雑感

はいどーも。僕ちゃんです。



いやね。なんだかんだと、講座も後半戦になって参りました。



基本一年の講座ということでやっているのだが、こうしてみると、
「一年分」として最低限必要なこと、今後も一人になっても取り組んで欲しいことなど色んな視点から、
必須知識・スキルを基礎編であっても厳選しているつもりだが・・・。



そうはいっても、ほんとは「3年間はじっくりかけてもいいだろw」という内容になっており、
一つひとつの深遠さが伝わっているか、非常に心もとない。



足早に詰め込みすぎてるのかなぁと悩むこともある。



オレさま自身が今もって取り組み真っ最中なスキル等が多いために、
伝えきていないと思うこともあり、忸怩たる思いもする。



たとえば先日行った「観察」のスキルでさえ、本当にディープに深化していくんだ。



あれ自体がもっとも安全な幽体離脱のスキルへとVersionUPするし、
さらにアストラル界探索においても、必須スキルともなる。



瞑想中の気づき等は言うに及ばず。



霊的知識の多くは、「観察」からもたらされる。



今もやってるエーテル・ボールの作成練習も、色彩による波動変換で用途の使い分け、
遠隔ヒーリング、ヒーリング用エレメンタルの創造、霊的プロテクトやヒーリングにも用いられるガーディアン・エレメンタルの創造へと発達していく。



練習を繰り返していると、おのずと分かってくる。応用の利かせ方がふと「わかる」ときがくるんだな。



そうするとしめたもので、自分で実験、探求していけるようにもなる。



そうした瞬間を個々に体感して欲しいのだが、それはなかなか難しいようだ。



それにこうした実践面ばかりに偏っていると、霊性面でのプラクティスもおろそかになる。



また知的学習によって得た「知識」を人生によって実感するといったこともある。



まぁこればっかりはオレさまがどうすることもできん。



オレさまは、個々に「靴」を与えるようなものだ。



それをはいて、実際に歩いたり、走ったり、飛び跳ねたりするのは個々にゆだねられている。



そして人によっては、その靴を履くことで、思っていたよりずっとずっと遠くまで快適に踏破できることに気づくだろう。思わぬ山をも登ることに適していることに、気づくだろう。



だがそうしたことに気づくのも、自分で道へと踏み出し、山へと向かって歩を進めた者に限るのだ。



そしていつか。



その靴を履きつぶし、新しい靴がふさわしくなるときがきっと来る。



もっと良い、自分に適した靴を得るときがくるのだ。



それは自分でしっかりと歩きとおし、一足を履きつぶしてみたからこそ、より自分に適した靴がなんなりかわかるというものなのだ。



遠くまで、ぽまいらは歩ける。



そして一歩を踏み出すのは、おめーらの「意志」にかかっているのだ。



ま。そんな話だ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter