スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

講座雑感

はいどーも。僕ちゃんです。



いやね。なんだかんだと、講座も後半戦になって参りました。



基本一年の講座ということでやっているのだが、こうしてみると、
「一年分」として最低限必要なこと、今後も一人になっても取り組んで欲しいことなど色んな視点から、
必須知識・スキルを基礎編であっても厳選しているつもりだが・・・。



そうはいっても、ほんとは「3年間はじっくりかけてもいいだろw」という内容になっており、
一つひとつの深遠さが伝わっているか、非常に心もとない。



足早に詰め込みすぎてるのかなぁと悩むこともある。



オレさま自身が今もって取り組み真っ最中なスキル等が多いために、
伝えきていないと思うこともあり、忸怩たる思いもする。



たとえば先日行った「観察」のスキルでさえ、本当にディープに深化していくんだ。



あれ自体がもっとも安全な幽体離脱のスキルへとVersionUPするし、
さらにアストラル界探索においても、必須スキルともなる。



瞑想中の気づき等は言うに及ばず。



霊的知識の多くは、「観察」からもたらされる。



今もやってるエーテル・ボールの作成練習も、色彩による波動変換で用途の使い分け、
遠隔ヒーリング、ヒーリング用エレメンタルの創造、霊的プロテクトやヒーリングにも用いられるガーディアン・エレメンタルの創造へと発達していく。



練習を繰り返していると、おのずと分かってくる。応用の利かせ方がふと「わかる」ときがくるんだな。



そうするとしめたもので、自分で実験、探求していけるようにもなる。



そうした瞬間を個々に体感して欲しいのだが、それはなかなか難しいようだ。



それにこうした実践面ばかりに偏っていると、霊性面でのプラクティスもおろそかになる。



また知的学習によって得た「知識」を人生によって実感するといったこともある。



まぁこればっかりはオレさまがどうすることもできん。



オレさまは、個々に「靴」を与えるようなものだ。



それをはいて、実際に歩いたり、走ったり、飛び跳ねたりするのは個々にゆだねられている。



そして人によっては、その靴を履くことで、思っていたよりずっとずっと遠くまで快適に踏破できることに気づくだろう。思わぬ山をも登ることに適していることに、気づくだろう。



だがそうしたことに気づくのも、自分で道へと踏み出し、山へと向かって歩を進めた者に限るのだ。



そしていつか。



その靴を履きつぶし、新しい靴がふさわしくなるときがきっと来る。



もっと良い、自分に適した靴を得るときがくるのだ。



それは自分でしっかりと歩きとおし、一足を履きつぶしてみたからこそ、より自分に適した靴がなんなりかわかるというものなのだ。



遠くまで、ぽまいらは歩ける。



そして一歩を踏み出すのは、おめーらの「意志」にかかっているのだ。



ま。そんな話だ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter