スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

ジョシュア・イマニュエル

ジョシュア・イマニュエル

神秘家ダスカロスから見たキリストの生涯

どうも。なつきちです。

昨今、ダスカロスの「ジョシュア・イマニュエル」を再読している。

クリックするとリンク先に飛びます。

ジョシュア・イマニュエル

 

簡単に言うと、神秘家ダスカロスの視点で描かれた、イエス・キリストの生涯だ。

作中に出てくる「ヤスナイ」という少年がダスカロスの過去世として登場している。

少年の身ながら修行に取り組み、イエスの教えを誠実に実行し、取り組んでいる。


興味があるヤシは読んでくれたらいいけど、

そもそもクリスチャンでも、

最近は受け入れないことがいろいろと書いてある。

 

 

キリストに対するダスカロスの記述の正しさへの疑問

さて、一応これはダスカロスの知識やエソテリックな教えだけでなくて、「記憶」にも基づいて書かれている。

そのために、「学術的」な批判も多かったりする。

それはそれでダスカロスの単純な知識間違いだったり、「記憶」という彼の主観に基づいたりするものも多いと思う。

その程度で「アカデミックな批判」を鼻で笑って退けてしまうのは誤りだろうか。

 

つか、そんなこと言ったらそもそもキリストが実在したということさえ、「学術的には」証明されていないのだ。(笑)

そんなもんにわしが耳を傾ける必要ねぇわwwというのが本音だったりするんだけどね。

 

そもそもキリストは神か。人か。

でもって、昨今はクリスチャンでさえ、「神の奇跡」というものを信じられないらしい。

芥子粒ほどの信念があれば山をも動く。

それは純粋に物理的にも可能な話として聖書にしるされているのだが、今、こうした「奇跡」よりも「科学的解釈」の方がクリスチャンの世界でも主流になっているのかもしれない。


そのさいたるものが、

「イエスは、神である」

ということ。

 

おれだけでなくて、神秘主義者に言わせれば「神が人に生まれること」はままある話で、それをアヴァターラという。

ヒンドゥ教の方の教えだな。

日本語だと「権化」「化身」というような意味だ。

「あの人は不動明王の権化のようだ」というように、まるで本物の●●のようだ、というニュアンスで使っている。

元々は、地上に受肉した神様のことなんだが。

 

で、キリストはその中でも、最高の絶対神(の一側面として『子』)のペルソナであるキリスト・ロゴスが受肉した、と考える。

このあたりはヒンドゥー方面の人は納得されないかもしれないが、ジョシュア・イマニュエルの受肉は、惑星という生命体の進化のプロセスにおいて、一回だけ行われるもっとも偉大な出来事なのだ。

※惑星の成人式のようなものだろうか。(笑)

 

もちろんイエス・キリストの到来の主役は人類でもある

そうは言っても。主役は惑星地球に限らない。

地球人類が次の進化段階に入るための扉を開くためにやってきた。

人の罪を贖った。

それが彼の死の意味の一つだが、ルドルフ・シュタイナーはそれをキリスト・インパルスと呼んだ。

ゴルゴダの磔刑のとき、その衝撃は地球と人類の魂を覚醒させた。

具体的には人類は、「意識魂」という、悟性だけではない、より理性的な魂の機能の進化段階に至った。

よく僕は言うのだが、知性に愛が加わると、理性となる、と。

 

つまりキリスト・インバルスによって、我々は知的で聡明であることと、愛情豊かな人間性を獲得しうる魂への進化を許されたのだ。

 

そんな神が受肉して地上に降りた意味だが

さて、そんなキリストが人類に与えてくれた進化の道だが、スピリチュアルに関心があるヤシでも、多くは「イエスはすごいレベルのマスターだった」という視点になってしまうんだな。

 

まぁお釈迦さまとかならおれも同意するけど。

 

地上に、神が受肉した、「神ー人」であるということが、スピ系の多くの徒にはどうもわからない。


それはまぁ仕方がない。

クリスチャンですらわからなくなっている。


しかし、一度、「神が地上に受肉して人として生きる」

とはどういうことなのか。

その具体的な例と向き合いときは

一読を勧めるね。キリスト教の最大の神秘は

まさにこの

「神が人として生まれた

とはどういうことなのか」


と向き合うことだと言ってもいい。

いまや教会も直視していないこの神秘から、神秘学派は逃げない。

 

むしろ積極的に向き合ってきた。


ゆえに神秘学は、人が神へと至るためのシステムを説いている。

それこそがキリストが地上に遺した教えの神髄だからだ。

キリストも言っただろ。

自分に出来たことは、全部人であるあなたたちもいずれできるよ、と。

それは「神になる」ということまで含んでのことだった、ということさぁ。

 


ま。そんな話さ。

 

 

 

まぁ、何とはともあれ、今年も好評の特典つきのメルマガを下記からどうぞ。

 

 

第一部<スピリチュアル編>
【霊的成長編】

1通目:人格主義=霊的成長。それが前提
2通目:天国へと至る 5つ黄金の鍵とは何か
3通目:内省はすべてのベース
4通目:我々は真理の現れも観察する
5通目:集中力なくして達成できるものは何もない
6通目:霊的成長とは何か
7通目:もっとも重要なスキル—視覚化—
8通目:瞑想でこの世界を超越する
9通目:【重要】なぜ学ぶのか―魂のパトス—
10通目:お仕事編の学びを進めますか

 

【第二部お仕事編】

【spiritual&marketing】
1通目:真・善・美からそれないこと。
2通目: 個の時代の到来をはき違えるな
3通目:あなたの強みを具現化するということ
4通目:100年食いっぱぐれない力とは何か
5通目:非成長型社会を乗り切れる人種は〇〇
6通目: 再びモノづくりの時代へ
7通目: 日本人に最適な働き方

※第二部の配信はクリックした希望者のみ。
※icloudのメアドは使えません。

 

魂の神秘学『風の時代で成功するための神秘学』

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter