“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

キリストはロゴス(神)なのか。人なのか。スピリチュアルに考える。

神の子は、神(ロゴス)か人か

Jesus Christ

どうも。なつきです。

今回の話はメルマガ再編かつ授業からの質問が元ネタです。

さて。

神秘学講座のときなんだけどさ。


ふと思って、

「キリストは神だと思う人、

 あるいは霊性が進化した人間だと思う人~」

と手を挙げてもらったら、

半分以上が、「霊性が進化した人間」という説をとる人が多かった。


おや、と。

意外とここが受容しきれないのだな、と。


そこで今回は、そのことを触れたい。

 

受肉した神ーイエス・キリストをスピリチュアルに考える


さて。おれは完全にキリストは、人の身にロゴス(神)が受肉した、という立場だ。


ただ別に、ただの人間と思っていようが、

ロゴスが受肉したと受け入れていようが、

おれたちのスピリチュアルの学び、進化発達には影響がない。


ただ、どう考えるか、なんだ。


三位一体説。


ってあるよな。


父と子と聖霊。


これは絶対なる神の三つの側面、

ペルソナとして独立して表現されたものだ、と。


このうち、キリストは子の面を担っている。

 

こうした意味を考えること自体はとても重要だ。

 

 

秘教の神秘家たちはイエス・キリストをどうとらえるか


さて。


そこで参考にしたいキリスト教神秘主義の霊性に立つシュタイナーもダスカロス。

彼らの考えを見てみよう。

今さらだが、彼らはイエス・キリスト=神が受肉した、とする立場だ。
そこははっきりと明言している。

 

それはそれでその意味を考えることは確かに難しい。


しかし、すごく簡単に言うと、

 

1.キリストは人の罪を担い、
 霊性進化の道を開いた。


2.それがゴルゴダの磔刑


3.このときの衝撃、
 キリスト・インパルスをもって、
 人の魂は、
 理性(キリストの力)によって
 発達進化が可能になった。


4.この魂の進化発達の次の
 ステージへの扉を開くために
 愛の神は地に降り立った。


5.それは惑星の進化途上において
 多分一度あるかないかの
 大きな出来事だった。

 

ざっとこんな感じ。


このような人類という「種」の進化に対して、次のステージへの扉を開く。


このとき、シュタイナーのいう「意識魂」へと我々の魂は進化が可能になった。

「理性」という神様のカケラ的なものが発達する魂。


それだけのことをキリストは行ったんだ。


それは通常の人類には到底にしえないことなんだ。


今のスピ系どもがほざいているアセンションよりもずっと高きことがここで為された。

 

その秘儀の意味について、たまにはもっと考えてみてもいいのかもしれないな。

 

神が受肉するという考え方は、実は割とある。


ちなみに東洋、とくにヒンドゥーでは、神が受肉する、ということはわりと普通に受け入れられている。

 

それをアヴァターラという。

日本語だと、○○の権化、なんて言葉があるだろ。

あれ。

 

菩薩なんかも、仏が人へと受肉した、と考えるそうだ。


ただ、おれは、キリストはそれらとは別格と捉えているが。

 

キリスト・ロゴスは、まさに父たる神、絶対無限の存在の一側面なのだ、と。


しかし、聖書でも描かれているようにそんな神(ロゴス)であっても人間という身体性を持つとき、いろいろと制限され、人間としての弱さをも備える。

 


それほど人間をやるって大変なことなわけでだが。

この話はまた別途、考えていこう。

 


ま。そんな話さ。

 

「人生が変わる」「魂が変わる」8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力を爆発させるメソッドへと落とし込みました。
「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★

【コンテンツ一覧】

1. 人生は「そもそも論」で考えろ!
2. 欲求の階層を把握しろ!
3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!
4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!
5. 1009回目のプロポーズ
6. 視覚化が未来を拓く
7. 自分の真の敵を知れ
8. もう一度、あなたが立つための力

追伸
本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。
(注!!)docomo,ezweb,softbankなどのケータイメール、とりわけicloudのメアドはマジで届かないです。。。

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter