スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

■Vol.84 トンカツ、、、トンカツ!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■Vol.84 トンカツ、、、トンカツ!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

加藤夏樹、実は人生30年以上、

家庭で『とんかつソース』を使うことを

知りませんでした。

知らなかったんだよ・・・・。

 

 

「・・・」
  _、_
( ,_ノ` )   
 O))|E] シュッ

 

「まぁ待て」
  _、_
( ,_ノ` )
    (), ボッ
 σ ̄

  _、_
( , ノ` ) 
  \
    (),
 σ ̄

 

「落ち着け。話はこれからだ。」

  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~  ・・・

 


えとさ、

ウスターソースってあるよな。

ウスター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おれの実家って、

ソースを使う料理は揚げ物だろうが

なんだろうが、

このウスターソースだったわけ。

なんの疑いもなく。

いやね、

そりゃ外食でトンカツとか食べると、

やっぱりトンカツによく合うなーと思うソース

を使ってるとは思っていた。

しかしだ。

大学で東京くるまでずっと、

ウスター。

いつでもウスター。

オンリーウスターソース。

そんなオレがヨメちゃんが、

家でトンカツを作ったとき、

家庭用のトンカツソースを出してきたわけですよ。

とんかつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衝撃ですよ、衝撃。


なにこのマッチング。


なにこのベストパートナー感。


一気に我が家が町のトンカツ屋さんですよ。


びつくりですよ。


家庭でもこんなプロ的なとんかつソースを

堪能できたのか!と。

いやもう、

これがシュタイナーが言ってた

「運命の打撃」かと思った。

危うくこれだけで秘儀参入状態。


しかしだよ。

もっと驚いたのはだ。

このヨメを連れて実家に帰ったときだよ。

トンカツとか揚げ物を親が用意していたから、

トンカツソースの存在を教えてやろうと思ったら、

まさかのトンカツソースですよ。

分かる?

この裏切られた感。

「ソースはウスターソースのみ。

それしかこの世にはない」


そう教え込んだ両親がまさかの

 

 

 

 

 

 

トンカツソース。


普通に使ってんの。


当然のように使ってんの。

 

 


いやー、

びっくりしたわー。


ほんと、

人生なにがあるのかわかんないと思ったわ。


トンカツとかさ、

揚げ物って、

確実に専用トンカツソースのほうが美味しいよな、

やっぱり。

思ったよ、しみじみ。


おれの数十年を返せ!!と。

ま。そんな話さ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


いやね、

そろそろ講座のお知らせとかも控えているので、

エーテル系プラクティスとか、

講座内容も触れていこうかなーと思っていたわけ。

いや、ほんと。ほんとに。

そしたらまさか、

枕詞的なネタだったトンカツでまるっと一本!

とんかつメルマガ。

「こんなん揚がりましたー♪」

もういっそ、

料理メルマガ・・・

いや、トンカツメルマガにする?って勢いだね。


ほんと、

美味しいよね、トンカツ!

 

 

とんかつ1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter