スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

低体温・・・ナメんなぁ!w

どうも、ぼくちゃんです。


先々週~先週、風邪をひいてダウンしておりますた。


しかし、休めない仕事もあったりして、
解熱剤とかを投入して無理やり仕事いったりしていたせいか、
ここのところ自律神経がおかしかったせいか。


平熱36.5度のオレさまが、
解熱剤で熱を下げたら、そのまま35度に・・・・。


いかん。


これはいかん。


風邪が治って何日たっても体温が戻らない。


なんということだ・・・・。


あんまり



思わず人生を挫折してしまいそうだ・・・。




だがしかし!!



これはもはや、オレさまに対する挑戦である!!



ここでなんとかせねば、オレさまではない。


と、しょうが関連食品をたくさん摂ったり―とりすぎてショウガが気持ち悪くなり、たべれなくったww 
過ぎたるは及ばざるがごとしの典型w―、養命酒のんだりしていたが、
少し高くなり、35.5度で安定モードに突入・・・。


がん細胞が大好き!という35.0度を多少脱したものの。


さあここからどうする!?


しかし。ここでオレさまは気づいた。



まて。


やたらとからだを温める民間療法に頼ったけれど。


オレさま・・・


オレさまはそもそも。




実践派神秘学徒じゃねーか!

バーン!

じょじょ




今こそ、
自分を実験台にするときが!!


波紋疾走ですよ!


山吹色のオーバードライブですよ!!



ツェペリさん、見ていてください!!



ってなわけで、何をするか。



気功? 今更?


エーテル系ヒーリング?


うーん。


なんか、どれも本質的じゃない。



そこでオレさま、
いまメルマガで「思考・意志・感情」を訓練する魂の6つの行について書いている。


つまるところ、より本質的に「マインド」を高める訓練を積んで来たつもりだ。


そう。
マインドの力は、
自分の肉体をコントロールする。


完全に心身をコントロールしてこそ一人前。
枝葉の技術でどうにかするということより、よほどまともだ。


というわけで。
あえて体温の下がる朝にトライしてみた。


「いいから、体温さっさと上がりやがれ!平常の36.5度を回復しろ!たとえ寝起きでも36度だゴルァ!!」


と、自分のカラダに命令。


結果。


35.7度。



ぬぅ・・・。


朝もはよからここ最近の平日昼間の平均を上回ったが・・・。


とはいえ、36度に達しなかったのは、
まだまだ修行が足りぬ。


そんなわけで、
当面は―飽きない限りw―、マインドの力で身体に働きかけ、
自身の肉体をコントロールしてみようと思う。


ま。そんな話だ。





関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter