“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

魂の神秘学Vol.90コーチと呼ばれるのは好きじゃないです。

■Vol.90コーチと呼ばれるのは好きじゃないです。

 

あー、ども。

夏樹です。

ところで、

コンサル仕事でよく「コーチ」をし

ていたことがあります。

 

とくに、

某医療系メーカーの頃。

医療従事者向けのコーチングセミナ

ーを用意して、資格制度まで業界に

先駆けて創ったわけです。

今ほどコーチングコーチングと言わ

れてもいない時代だったので、

先見の明はあったなーと今も思う。

で、そんなところにいた関係上、

講座作り、テキスト作りの段階から

携わり、結果として当時講師として

招いていた人から、当時の社員が幾

人か仕込まれたわけ。

 

コーチ_s

おれもその一人だった。

セミナー作りは無論、

そのあと他のコンサル仕事にも役立

つだろうって。

まぁ結論からいってその通りで。

確かに役立ったけど、

同時に、

マーケティング界にコーチングを

持ち込んだ古株(笑)としては、

思うところがある。

コーチングは極論すると、

行動変容を促すスキルだ。

これだけじゃないけど、

これが一番のメインというか。

いつまでもウダウダしている

自分から、行動し、

目標達成できる自分へ。

そういう変化は素晴らしい。

 

 

素晴らしいんだけど、

コーチとしての経験が深まるほどに、

「コーチ自身の理想」に近づける

ように誘導しすぎたりしてしまう。

スポーツ業界ならありなのか?

しかしビジネス界の

コミュニケーション能力を

高めたいとか、ビジネスパーソン

としてもう一つ成長した自分へとか、

そういう自己啓発系コーチング

の連中のまでも、

なんか「勘違い」が入って

きているように思えてならない。

 

 

コーチングは本来、

その人にとって最適な答えは自分が

持っていると考え、

その人に寄り添い、

その人の深奥から答えを引き出そう

と試みる。

 

そうあるべきだと思う。

いやね、

いま改めてそんなことを想ったのは、

ようやくここでスピリチュアルな話

につながっていくのだけど、

引き寄せとか、

願望実現系に取り組もうとする

連中ね。

彼らは結構、

自分を分かっていないんだな。

自分の本当の願いや課題をさ。

 

 

つまり、

自分自身の探求を行っていない。

だから表面的な欲望、

過ぎた欲望を叶えようと試みて、

そして失敗する。

ここで言う

「本当の自分の欲求」って、

自分が今世生まれた理由を見つける

ことと言ってもいい。

本当の自分探しだな。(笑)

もしコーチがこの点をまずサポート

するならそれは素晴らしいことになる

し、その上で色々とスピリチュアルな

取り組みをフュージョンさせるなら、

それはこの世界を貫く

「神聖なる法則」と一致したものとなり、

個人の願望の実現への試みが、

そのまま「この世界ら貢献する」もの

へと昇華するだろう。

いささか抽象的な話ですまないが、

このプロセスを経ていない、

スピリチュアルな願望実現への試み

なんて、欲望が先立つ、

欲望・思考型のエレメンタル

を世に放つだけだ。

 

エレメンタルってのは、

想念形態のことな。

で、それはスピリチュアルな、

霊的学問を学ぶ者としてやってはい

けないことなのだ。

 

 

・・・なんか、

「だから、おれの提唱する、

スピリチュアル・コーチングのが

いいんだよ」というような結論にな

りそうなんで、このへんで。(笑)

 

━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━

まだ申し込みフォームは
用意していません。

 

とりあえず日程と場所のみ
お伝えしておきます。

【神秘学講座の主なスケジュール】

『神秘学講座ベーシック第一回』

かながわ県民活動サポートセンター
最寄駅:JR・私鉄各線「横浜駅」

11/9(日) 13:30~15:00

『神秘学講座ベーシック第二回』

かながわ県民活動サポートセンター
最寄駅:JR・私鉄各線「横浜駅」

11/22(土) 16:30~18:00

 

『神秘学講座「特講」』

かながわ県民活動サポートセンター
最寄駅:JR・私鉄各線「横浜駅」

12/20(土)  14:30~16:30

※特講のテーマはまだ決まってません。
 テーマは基本的に毎回異なります。

『神秘学講座ベーシック第三回』

かながわ県民活動サポートセンター会議室
最寄駅:JR・私鉄各線「横浜駅」
2015/2/14(土)  16:15~17:45

(※バレンタインですんません・・・)

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. いつも興味深く、読まさせて頂いています。夏樹さんの魂に惹かれます。此処まで来るまで、どのようなプロセスを踏まれたのかなあと想像しています。CHさんへの解釈にも興味があ李ます。夏樹さんのオーラ、ゴールドと、ロイヤルブルーかなあなどと想像してしまいます。ああ、お金があったら、講座を受けたいです!
    多分、今の私に必要なものを与えてくれそうな直感がします。

  2. 加藤 夏樹

    どもども。
    夏樹です。CHさんて誰だろう・・?

    ああ、鋭いね。<ブルー

    です。

    あれ、
    講座高かったかい?

    タダ同然でやっていい加減に出席されたり、
    高くしすぎては叡智への壁を金銭で作るのはよくない、
    という経験と視点から設定したつもりなんだ。ごめんな。
    とりあえず今の体系にしてみている。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter