“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

ダンブルトアとの対話

そんなわけで予約投稿をセットしておくオレさまですが、ぽまいらはいかが花見なんてしていやがりますか。



さて。昨夜は、ひさしぶりにダンブルドアと呑んでいた。つか、ヤシの本業は学者なんだが、ヤツの研究室までいったら「おー。花見だ、花見。花見すっぞ」と、おっさんと二人で連れ立って、酒を片手に公園で夜桜とあいなったわけだ。



昨日は温かく、過ごしやすかったが風が強いので、結局そうそうに居酒屋に逃避したのだが。(藁




さて。ダンブルドア、見た目はわりと若いのだが、すでに御歳54歳。w 出世とはほとんど縁がないヤシだが、温厚なクセに長いものには巻かれることをヨシとしない。




学部長ともケンカをする日々だそうだ。「学部長ってのは教授に対しての査定権があってな。おかげで、ボーナス100万以上削られた」とボヤくが、「仲のいい理事にそれを話したら、次は回復したけどよ」と多少は、小細工を弄することもあるようだ。w



とはいえ。



学部長が自分の子飼いのW大閥を優遇したり、実績ないのを雇い入れたりするのに真っ向から対立する日々は変わらずのようだ。



「・・・そういうオトコの弟子だから、オレさまも生きるのに苦労して当然だぜ」とこっちは思ってしまう。



神秘家というにはほど遠い、そんな俗世的な話を一通りしたあと、こんなことを言っていた。




「世の中、フォトンベルトがあるとかないとか言われてるよな。来たら来たで、アセンションが起こるとかなんとか。フォトンベルトと呼ばれているもの自体は、確かにあるんだ。どっかの誰かのイタズラがフォトンベルトの言い出しっぺとも言われているようだが。



だが、それは何万年も前から何度か地球を包み込んだりしたことはある。だからといって、それでどうなるというわけではねぇな。



アセンションが起こることも、早まるということもない。刺激としては微々たるもんだ。2012年関連? 商売のうまいヤツが騒いでるだけだろ(苦笑」



一刀両断だw



オレさまとしては、少しはなんかおもろいことを期待したかったのだが、「んーなもんねぇよ(藁」だってさ。



いささか興が削がれる散文的な「ダンブルドアの予言」だがw、それはそうなのかもしれないとも思う。ま。ハズれてビッグなイベントが起きたほうが、おもろいけどよw 



オレさま的には本格的な資本主義システムの崩壊!が可能性としては高そうとふんでいるのだが。



しかし、なんにしてもスピ的な何かが起こる!というよりは、とくにないんじゃねーのと割り切って、日々の勤めを淡々と果たして、自己の成長をたゆまず続けていくほうがよほど良いだろう。



たとえほんとは何かが起こるとしても・・・「明日世界が終わるとしても、今日、リンゴのタネを蒔く」あり方のほうが、スピ的には正しいと思う。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter