スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

ダンブルトアとの対話

そんなわけで予約投稿をセットしておくオレさまですが、ぽまいらはいかが花見なんてしていやがりますか。



さて。昨夜は、ひさしぶりにダンブルドアと呑んでいた。つか、ヤシの本業は学者なんだが、ヤツの研究室までいったら「おー。花見だ、花見。花見すっぞ」と、おっさんと二人で連れ立って、酒を片手に公園で夜桜とあいなったわけだ。



昨日は温かく、過ごしやすかったが風が強いので、結局そうそうに居酒屋に逃避したのだが。(藁




さて。ダンブルドア、見た目はわりと若いのだが、すでに御歳54歳。w 出世とはほとんど縁がないヤシだが、温厚なクセに長いものには巻かれることをヨシとしない。




学部長ともケンカをする日々だそうだ。「学部長ってのは教授に対しての査定権があってな。おかげで、ボーナス100万以上削られた」とボヤくが、「仲のいい理事にそれを話したら、次は回復したけどよ」と多少は、小細工を弄することもあるようだ。w



とはいえ。



学部長が自分の子飼いのW大閥を優遇したり、実績ないのを雇い入れたりするのに真っ向から対立する日々は変わらずのようだ。



「・・・そういうオトコの弟子だから、オレさまも生きるのに苦労して当然だぜ」とこっちは思ってしまう。



神秘家というにはほど遠い、そんな俗世的な話を一通りしたあと、こんなことを言っていた。




「世の中、フォトンベルトがあるとかないとか言われてるよな。来たら来たで、アセンションが起こるとかなんとか。フォトンベルトと呼ばれているもの自体は、確かにあるんだ。どっかの誰かのイタズラがフォトンベルトの言い出しっぺとも言われているようだが。



だが、それは何万年も前から何度か地球を包み込んだりしたことはある。だからといって、それでどうなるというわけではねぇな。



アセンションが起こることも、早まるということもない。刺激としては微々たるもんだ。2012年関連? 商売のうまいヤツが騒いでるだけだろ(苦笑」



一刀両断だw



オレさまとしては、少しはなんかおもろいことを期待したかったのだが、「んーなもんねぇよ(藁」だってさ。



いささか興が削がれる散文的な「ダンブルドアの予言」だがw、それはそうなのかもしれないとも思う。ま。ハズれてビッグなイベントが起きたほうが、おもろいけどよw 



オレさま的には本格的な資本主義システムの崩壊!が可能性としては高そうとふんでいるのだが。



しかし、なんにしてもスピ的な何かが起こる!というよりは、とくにないんじゃねーのと割り切って、日々の勤めを淡々と果たして、自己の成長をたゆまず続けていくほうがよほど良いだろう。



たとえほんとは何かが起こるとしても・・・「明日世界が終わるとしても、今日、リンゴのタネを蒔く」あり方のほうが、スピ的には正しいと思う。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter