叡智と真理を探究する者のために

エンターテイメントと3000万円とスピリチュアルについてどう思う?

どうも。夏樹です。まぁアレですね。

ふとね。
こんなバカなことを書きたくなるとき、あるよね。

 

 

スピリチュアル・エンターティナー?

あんたたちー!

ゴーストにささやかれたオレさまが通りますわよ。

いやね。ほら。ここんとこ、マジメな記事が続いたじゃん?

なんか、そんなだとオレさま、硬派なスピ系コメンテーターとか思われちまいそうじゃん? 
そんなんじゃまるで霊感があるおすぎだかピーコだかとキャラかぶりまくりじゃん?

つかそんなことなって、「スピリチュアル対談! オレさまVSおすぎの辛口霊感トーク! エハラーどもをブッた斬れ!」なんて本が企画されちまったら、あんた、十年後にはオレさまの黒歴史になること間違いナシじゃない?

 

こまるわ~。(ため息

 

あたい確かにスピ芸人だけど、こう、そこまで落ちたくないというか。プライドくらいもってるというか。
佐藤愛子とだったらギリ許容できるみたいな。
つか、愛子には相手にもされないみたいな。いずれにしても、あたいのキャラじゃなくない?

 

こまるわ~。(嘆息

 

硬派路線オンリー☆YOUと思われるのもイヤだけど、芸人色とも兼ね合いがいるわね。うん。

さて。

もちろんこっから本題だぜ、あんたたち。
華麗に本題に逝くぜ?

今日はちょっとした問題を考えてみよう。

 

題して『もしもシリーズ』!

というわけでね、
記念すべき第一回目の「もしも」は。

はい、そこ。

いきなり脳内で「♪もしもピアノが弾けたなら~♪」なんて歌わない。歌っちゃいけない。

歌いたくとも、人間たまにはガマンが肝要。おけ?

そう。


「もしも、3000万円あったなら」。

 

なに。

なんなの。

なにこの中途半端な金額。

マンション買うにも、中途半端。
そんなに高級マンション買えない。
買ってもローン残ります。

イカした車買うにしては充分だろうけど、残りがさらに中途半端。

あ、いっとくけど、貯金って選択肢はナシの方向で。

かといって、パ~とヘタに遊んでしまったら、
なんか後悔しそうにはなるリッチなこの金額。

オレさまたち庶民には結構な金額だが、
かといって一生暮らせるようなめちゃめちゃ結構な金額ではない。

なんかこう。

「こ、これくらいの金額だと、自分の器とか本性がロコツに抉り出される気がする・・・! 
コレはオレさまからの挑戦状なのね!? 
さては、あたいたちの霊性を試そうというのね!?」


そう思わせる見事な値段設定。

我ながらいいチョイスするわ~。

そんなわけでぽまいらなら、この金額あったらなにするね?


別に深い意味はねぇけど、教えろよ。

 

オレさまは正直に言うと、
自分でダメといった貯金くらいしか思いつかんかった。w

我ながら、ちぃせー。(藁

 

ま。そんな話だ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • 加藤 夏樹 { ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。 }
  • ビギ { どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? }
  • 加藤 夏樹 { ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。 }
  • ビギ { 返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました }

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter