“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

デフレとスピリチュアル

そんなわけでクソ珍しく、ケーザイなタイトルではじまる今日のブログです。(藁



いやね。日本ってデフレ経済に入って長いといわれるじゃん。ユニクロのような安い量販店がさらに加速したとも言われてるし。



でもさ。



バブルが崩壊して失われた10年とか言われていたのが、いまや「失われた20年」になり。いまやそれが常態だろ。




日本はもう成熟期を過ぎ、ヨーロッパのような老成していく国家だ。多少の景気の上下はあっても、基本はまったりとした「フツーの大国」へと没落(?)していくだろう。



かつてのような経済力で覇を唱える、なんてイケイケドンドンな状態にはもうならない。GDPで中国に追い抜かれただのなんだの。若いこれからの国家の中国と比べても仕方がない。



さて。そんな「老人」のような国家となりつつある日本だが、そうした国家では、ユニクロとかイオンとかニトリとか―考えてみたら、どれも大企業だな。とくにユニクロなんてもうグローバル企業じゃねぇかw―のようなデフレ型企業が繁栄する。



国民一人ひとりの余剰購買力が低下するので、「安さ」が非常に強い魅力になってくるからだ。上記企業が大企業へと成長したのもある意味当然ではある。これからも当面はこうした傾向は続くだろう。



一方で、身の回りの品を減らし、たとえば食品などはできるだけ品質の良いモノを、という傾向が生まれるのも成熟した国家における国民層の特徴でもある。



物質的に栄華を極めたからこそ衣類やらなんやらはカネをかけなくても、健康だのなんだの自分にとって「特別な価値」をもつものにはお金をきちんとかけるという傾向も生まれる。



お金のかけどころってヤツが特化されてくるんだな。(まぁそれが物質系の人はまだまだ多いとは思うが。)



すると、あまりお金をかけたくないモノ系は安いモノですます。お金をかけてもいい「特別な価値」系は高くても買うということになる。



スピビジネスなんて特別な価値系だろうな。うまいこと価値をつけることができれば、そりゃ儲かる。



しかし、いくら「スピリチュアル」が「特別な価値」を提供するものであったとしても、そもそも金銭と変換可能な価値なのか、という疑問はどうしても残るな。



ことの性質的に、金銭価値と交換しにくい。そしてその性質ゆえに、提供者の言い値となってしまう。無償提供から数万、数十万までの差だ。いや、百万単位さえあるのか・・・。



ある意味、本能的に「それだけの価値がある」と感じているからこそ、支払ってしまうのだろう。



ではなぜ、「それほどの価値を感じるのか」。この点について、どれだけ人は考えた上でお金を払おうとするのだろう。



フツーの身の回りの品々と違って、ハッキリとは認識しにくい「機能」のものばかりだ。それどころか、目に見えないし、あとにも残らない。(ように感じる)



それでも価値を感じるからこそ、決して安くないお金を払ってまで手に入れようとする。



一度、お金を払う前になぜ価値を感じているのか自らに問いかけてからにした方がいい気がするね。



もしその理由が「スピリチュアル」に相応しくない理由なら。



少し控えて、「欲しい」と思う心自体に取り組んだほうがいいと思う。そうした努力こそが「スピリチュアルな道」を歩むことじゃないかね、とオレさまは思う。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    >本人は騙しているつもりはないだろうけど、やっぱり騙しているカテゴリーになるのかしら? 言われてみりゃカテゴリーは厳密には違うかもしれんが、それでも基本的に同じカテゴリーになると思うぜ。 なぜならその行為自体、マイナス的な意味でのカルマになると思うからだ。 いずれその人は「手痛い」形でカルマによる学習を行うことになるだろう。 >“「自分の能力を信じちゃってる人」に傾倒する人”に 『それ、大丈夫?』とは言えないというか。 その辺、なんかモヤモヤするのいつも。 ながが言う必要はないかもしれないが、誰かが言う必要はある状況なのかもしれねぇな。 するとなおのこと、それはカルマ的意味でマイナスの状況だな。 モヤモヤはともかくとして、誰かがなんとかする必要はあるのだろうぜ。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    スピリチュアルにハマる人、じゃなくて、 「自分は本当にスピリチュアルな能力を持っていて、これをみんなに享受したい!」 って信じて疑わない人は、 本人は騙しているつもりはないだろうけど、やっぱり騙しているカテゴリーになるのかしら? お師匠のダンブルドア氏や、前に出てきた沖縄のなんとか(忘れた)みたいに、 必要な人はその時に会える。っていうスタンスでいるのがイイ(善し悪しのではなく外的基準として)のだろうけど、 本人信じてるんだろうし、(たぶん)私の見えない/知らない何かがわかることに関して見えない私が判断できないし、 その“「自分の能力を信じちゃってる人」に傾倒する人”に 『それ、大丈夫?』とは言えないというか。 その辺、なんかモヤモヤするのいつも。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter