スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

すまん。もひとつ政治ネタww

もうやめるといいつつ、また政治ネタを懲りずにつぶやくオレさまですが、政治こそ霊性が求められる最大の社会的フィールドじゃねぇかYO!と若干開きなおりつつあります。(藁



さて。管がサヨク運動家出身というのがやはり問題だよなぁ・・・と思うわけで。



オレさまはさ、技術としての政策は、基本的にやや「左寄り」とされている政策でいいと思っている。いわゆる北欧型の民主福祉国家路線だな。高齢化も進むし、高額な社会保障費用を支えるためなら、消費税の高額化もやむなしとする立場だ。(ほんとに福祉が充実するなら)



それというのも、基本的に「国家は国民の生活と安全を守るためのシステム」として価値を認めているからだ。



そして一方、そうしたコトを言っておいて、「思想的」にはきっと右よりとオレさまはされるだろう。民族(エスニックというよりネイション、な)的なアイデンティティのよりどころ、文化の母胎として。あるいは社会的な統一、糾合力の具体的カタチとして、まだとうぶんは「国家」という枠組みは必要だと思う。




しかし、サヨク思想ってのはさ、行き着くと、打倒資本家じゃねぇが、「権力」(power)とそれをふるうシステムとしての国家に付与されている「権威」(authority)を否定するんだ。



夜警国家論、という考え方がある。



国家の役割をさ、決して民間には委託できない仕事だけ残して極限までそぎ落とすと、「外交・軍事、警察、立法」、この3つになる、と。つまるところ、具体的にこれらの仕事をする機関(けーさつとか軍隊とか)が、なぜ物理的なパワーを行使できるかというと、彼らにはその職務を行ってよいよ、と国家(権威)によって権力を保障されているからだ。




逆に言えば、「国家にはそうした権威があり、民間の団体にはない」と国家機関を持つ人々によって(人類の大半だな)合意が得られている。



サヨク思想は、この合意を破壊するとこまで行き着いてしまうわけなんだな。彼らは、人々の総体である「社会」の価値を認めても、国家の価値は認めない。だから「市民」という呼称は好んでも、「国民」という表現は嫌悪するわけだ。




つまるところ、サヨク思想家が与党、しかも総理にまでなるなんて、エラい自己矛盾なんだよな。現実的には、かつての村山元総理のように「自衛隊は合憲」なんて言い出すように、国家システムを運営する立場になると、それだけの自己破壊が待っている。



管はも少し現実的だとはそりゃ思うが、根がサヨク運動家であることには変わりねぇ。いつ破綻しても、おかしくない。



というより、与党政権内で活動する=自己破滅となるのが、サヨク思想家なんだよなぁ。自分が打倒する対象になっちまってるんだぜ。w



そんなもんに付き合わされる一般日本人の身にもなれっての。



・・・ちなみに。わが敬愛する神秘家ルドルフ・シュタイナーは、政治的には一時「極左アナーキスト(無政府主義者)」だったようだが。(藁



すぴ的価値観の先には、確かに「権力・権威」を持つ統治機構はありえない。



人は、自らを統治するからだ。最高の権威はおのれの内にこそある。それが<神>を本質として持つ人という存在だからな。



だが、総体としてそのレベルに至れるのはいつの日だ?と思うので、オレさまはシュタイナーほどラディカルにはなれねぇな。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter