スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

人並みに政治の話でも・・・

わざわざ大学院までいって政治学をやってたにもかかわらず、すでに政治知識は人並み以下なオレさまですが、ぽまいらはいかがてめぇにムダな投資をした過去を持っていやがりますか。



・・・ついでに言えば、アルクの英語教材『ヒアリング・マラソン1000時間』にも挫折した経験があるが。(藁



ちくしょうめ。しかさ、なんとなくアルクの教材見てっとチャレンジしたくなるんだよな、コレが。「今度こそ・・・今なら逝ける!」と広告についだまされる。わかっちゃいるが、懲りずに今度はトーイック関係をやりてぇなんておもっちまってるけどよ。アカデミックな英語文献まで読みこなしていた英語力がスカーリ壊滅しているんで、なんとかやり直したいっつー寸法なわけですわ、マヂで。



あー。そんな哀れな投資の過去はともかく。



選挙、終わりましたな、選挙。ぽまいらはちゃんと逝ったか? いちおオレさまも逝ったが、あんなもん、いかなくたって別にいいやな。(藁



『民主主義』だとか『議会政治』なんつーもんでまともな「政治」ができるわけねーんだって。もし何か政治システムをどうしても選択しなきゃならんってなったときは、オレさまはこの日本に限りだが、「神権政治」がいいというね。マヂで。つか天皇親政しかねぇよ。(藁 政策的にはサヨ寄りなオレさまだが、まるで極右みてぇなこと言うけど。



民主党に政権が移行しようが、ムリだっつーの。政党政治なんざもはや過去の遺物だわな。



いまさらながらアナーキストなオレさまだが、今回の選挙でよかった点がないわけではない。



K明党の代表のOが見事に落選。



いやもう。見事というか、美事に。



あっぱれ。(藁



ハゲシク藁ったぜ。(藁



いやー。面と向かっていえるんなら逝ってやりてぇな。「ちょいと信仰心が足りませんでしたな。プッ(藁」と。



ま。そうは逝っても、現実的にはまだ政党政治でいまの社会は運営されるんだろ? そういう意味では、非自民で大きい政党―民主党しかないが―に交代させるというのは唯一の選択肢だ。官僚から政治主導に政治運営を戻すというが、ムリな話だろ。日本の官僚は優秀だ。政治家程度のオツムで彼らから主導権を取り返せるとは思わない。使いこなせるとも思えない。「権力を固定化させない」という一点でのみ今回の選挙には意義があった。



権力は腐敗する。絶対権力は絶対的に腐敗する。とは英国の何とかつっー貴族のおっさんのセリフだ。権力を一定の党が持ち続けているということだけで、ひとつの悪だ。その意味で、今回は1つの「悪」からとりあえず脱却したといえるわけだが。



まぁこれまでずっと野党だったヤシらが数が揃っているからと急にまともな政権運営を官僚を敵に回してまでできるとはとうてい思えんが、政権を失ったりまたとったりしながら成長するしかあるまいよ。



そんな悠長な時間が、現行システムに残されているのかは知らんが。(苦笑



っつーわけで、珍しく政治よりの記事だ。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter