スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

ゲスを極めると「両成敗」になって、ベッキーが追い込まれても、オリコンでは週間売り上げランキング1位になるこの美しき残酷な世界。


画像出典:https://gesuotome.com/discography/index.html#disc10


どーも。なつきです。カウントダウンTVを週末見ていたら、「ゲスの極み乙女」とかいうゲスい名前のバンドのニューリリースのCDが、週間ランキング一位ってやってた。これでもかってくらいやってた。

このタイミングでリリースされたアルバムのタイトルが「両成敗」かよ。

神がかったタイミングすぎるだろ・・・!


思わず「こ、これがゲス極のプロモーション戦略か・・・! 音楽業界、ぱねぇぜ!!」なんてマーケターとしてのオイラがびびったとかなんとか。まあさすがにそんなことはないとは思うけども。


でもあれだね。タイトルがなんつーか。あまりにもタイムリーなんで、ほんとにこのタイミングで不倫発覚ってのは、仕込みは一切ないのだろうかと思わず勘ぐってしまう。


しかしね。SMAPのとき、別ブログで少し触れていたんだけどさ。起業がタレントを使う理由って、タレントの持つイメージ・好感度を商品へと転化して、購買へとつなげることにある。


つまり、一人のタレントってのは、どれだけ「国民にリーチできるか」というマーケティング素材なわけですよ。で、その意味で、SMAPとか国民的アイドルは文字通り「国民」に相当数リーチできるコンテンツなわけ。そんなコンンテツはそうそうないから、むしろ独立しても、全然問題なかった―という話を別ブログでは軽くしていた。


しかしである。


その意味では、ベッキーは不味かった。ベッキーのコンテンツ力ってのは、タレントとしては、実はそれほど強くはないと思う。そのあたりは、実は彼女のSNSのフォロワー数にもよく表れている。

ハーフタレントの有名どころの一覧
https://matome.naver.jp/odai/2139323915917933701


圧倒的なのが、ローラな。ローラの場合、何がすごいって。ざっとツイッターとか、インスタ見ると、「ローラの世界観」ってカンジのものが伝わってくる。


これマーケターとしてのおれがすげー重視しているものだけど、「個人を売る」仕事に関しては、それがコンサルタントだろうが、タレントだろうが、「世界観」ってのがすげーキモなの。世界観でキャラクターも生まれてくる。


ここがブレると、結局はコンテンツとしてのパワー(魅力)に欠けてしまい、「オワコン」になりやすいわけ。そんなわけで、年齢的にもタレントとして微妙な位置にいるときに、この不倫騒動である。


企業からもCM打ち切り続出など、非常に厳しいポジションに放り込まれてきたわけだ。センテンススプリング!!とか叫んでいる場合ではない。

 

世界の中心でセンテンススプリングと叫んでも、終わるときは終わる。

なんつーか、流出したベッキーとゲス極氏のLINEで、『文春』がスクープしたおかげで、むしろ日の当たらない関係が公式になった、ありがとう文春(文=センテンス、春=スプリング)ってことで、ベッキーがセンテンススプリング!というネタをかましていたとか。


まああれね。彼女らにしてみたら、すでにゲス極夫婦が離婚寸前だったので、不倫とはいえない、というロジックなのだろう。言わんとすることはわかるけど・・・。


とはいえね。思わず前半は「あれ、これってマーケターブログの記事にすべきじゃね?」という勢いで書いてしまったが、ここはスピブログ。なのでそっち方面に話をもつていくけどね。

 

 

で。ゲス極とベッキーと不倫の話をスピリチュアル方面にもっていく


ってことで不倫で背負うカルマって、どういうものかというと、一言で言うと、「神聖さへの冒涜」なんよ。今さ、離婚率って日本も高くなってきたよな。おれも以前ちょっと貢献した身だし。(笑)

アメリカなんてもっと高い。でも、それでも、世界各国、民族文化の違いはあれども、今も「結婚」という制度というかシステムはあるし、維持されるべきだと考える人の方が多いのだろう。中には、男が女を都合よく所有する制度になっているとか、批判される面もある。言いたいことはわかる。


しかし、それでも、ほとんどの文化において、「結婚とは神聖なものだ」として祝い事となっている。その根源には何があるかというと、男女が一つになって生きること=聖霊の恵みと祝福を受け取ることという感覚的な理解が、魂の奥底にはちゃんとあるんだ。


とりあえずおれはキリスト教的な表現で「聖霊」と使ったけど、よその文化ならそれでもかまわない。なんと呼ぼうが構わないが、とりあえず、結婚とは、生命の創造を司る聖なる存在の力を受け取る、とても神聖なものだという感覚的な理解があればいい。


本来的には、結婚のように男女が一つに結ばれることは、そんな霊的な祝福を受け取ることなのだ。それだけに、男性が女性を不当に暴力で隷属させたり、貶めることは、とても大きなカルマを生むことになるのだが。


なぜ、古くから、他人の妻を盗むなとか、不倫を禁じてきた法があるのか。そんな倫理観の背景には、「それをすることは、聖なる方に反するとてもよくないことなのだ」と魂では分かっていたからに他ならないのだ。


そしてそれは、自らが、人としての尊厳を踏みにじることだ。その行きつく先には何があるのか。人それぞれの「手痛い学び」があることはだけは間違いがない。


痛みでしか学べない。


それもまた、人の特徴なのかもしれない。


ま。そんな話だ。

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

昨今、告知を忘れていた無料メール講座。

「復活の呪文」

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/


より詳細な説明はコチラから

 

関連記事

コメント

    • あさね
    • 2016年 2月 05日

    こんにちは。いつも楽しく拝見しております。
    お聞きしたいのですが、どうして一夫一婦制でないといけないのでしょうか?
    スピリチャル的に理由ってあるのですか?
    ただ唯一の神との契約を守るための、人間版って感じなのでしょうか?

    • 加藤 夏樹

      はろう。
      >どうして一夫一婦制でないといけないのでしょうか?

      なぜだろうな。
      「契約」とかなんとか、そんな話じゃないと思う。

      夫婦という関係性は子(生命)の創造を成すために
      聖霊の力を受け取る。

      ※無意識的な領域は聖霊、意識的領域はキリスト、
      と考える。

      ここに人は、父と子と聖霊の聖なる三角形に
      象徴される奇跡の業を「神のうつしみ」として体現するんだ。

      この奇跡に満ちた力を受け取るための
      土台(夫婦という関係性)は、
      やはり本来的に強固で、親密で、
      慈しみに満ちたものでにくてはならないと思うのだが。

      多分、人がもっと進化して、
      誰とでも最高レベルに愛を表現できる状態になれば、
      多分、夫婦という特別な関係性は必要ないと思う。
      ある意味誰とでも、聖霊の力の受け取り、
      創造をなしうるに相応しい土台をその都度、
      構築可能となるだろう。

      しかし、多分地球人類はそのレベルにとうてい
      達していない。

      だからオレたちは「特別な関係性」を構築する必要があるんだと思う。
      この必要性がなくなるほど高度に進化するそのときまで、
      きっと必要とされることだろうぜ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter