“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

「正しさ」とは何か5

さて。ぽまいら、前回のリアルな道徳のジレンマ、考えたかい。



これもまた厳しいわな。職業倫理と人としての道徳との衝突。人情的には人としての道徳を選びたい気もするが、「結果は悲惨」とすでに知ってしまっている。



これもなかなか選べたものではあるまい。



そして正しい答えはまたもやないかもしれない。道徳的真理へと人は永遠に至れないかもしれねぇ。だが、「道徳をめぐる考察は孤独な作業ではなく、社会全体で取り組むべきなのである」と著者は言う。そしてプラトンが著書『国家』において述べたところは、「プラトンが言いたいのは、正義の意味や善良な生活の本質を把握するには、先入観や決まりきった日常生活を乗り越えなければならないということだ」と著者は言う。(前掲書 42p)



人が集団で生きていかねばならない以上、こうした問題を考えることを停滞させてはならない。それも社会的な存在である人間の使命というわけだ。



さて。この問題には既存の思想では答えはでまい。なので少しズルいが(このブログ的にはこっちが本道だが)、スピ的に少し考えてみよう。



オレさまがよく引用する神秘家ダスカロス。彼は若い頃、イギリス軍にテロ組織扱いされていた、なんとかというキプロスの自衛軍組織に入っていた。もちろん、彼自身は銃火器でキプロスを守るためではなく、人殺しをできるだけ防ぐためだ。(そして彼はこの軍事活動においては霊能力をほとんど使用しなかった。軍隊生活の中、確か1度か2度くらいしか霊能力を利用しなかったそうだ。たとえ自分の命の危険が迫ったときでさえ、「霊能力をそんなことには使ってはいけないんだ」という。)



さて、彼はあるとき、敵軍スパイの処刑をストップさせるために奔走し、成功した。



ところが、このスパイによって、その後、大切な仲間が何人か命を落とすことになってしまったのだ。彼は、自分の道徳やスピリチュアルな「正しさ」に従って行動したつもりだった。しかし、それは仲間の命を奪う結果となった。そしてスパイ自身も結局は死んだのだったかな? (ちと忘れた)



いずれにしても、結果はコレだ。



彼は一切の判断ができなくなり、しばらく混乱してしまった。



しばらく、時が過ぎたころ。彼の霊的指導者ヨハナン(黙示録のヨハネ)は言った。



「あなたが誰かを助けたとき、助けられた者の将来の行動にまで責任を負いはしません。それはまた別のことです。あなたの判断は正しい善きものでした」



こうした趣旨のことを言った。高きアセンデット・マスター(ほんとはもっと高いヤシなんだが)たるヨハナンの視点は、そういうことらしい。



霊的には、それで正解だ、と。



シンプルなものだ。だが、この「正しさ」を受け入れるには、実のところ「輪廻の思想」「魂の不滅」「カルマの法則」そうしたものを受け入れていなくては難しい。



そうでなくては、とくにダスカロスがスパイを助けたことによって死なねばならなかった友軍兵士の遺族は、納得すまい。彼らにしてみたら、「なんで敵のスパイを助けた! そのために私の息子(夫)が死んだんだ!」といいたくなるはずだ。



命を一度は拾ったスパイ。



そのために殺された他の兵士たち。



こうした複雑な状況は、人間知性を超えたカルマの働きによって、生じている。人知を越えた運命がここにはある。



霊的な学びを続け、受け入れているものなら、察することはできよう。しかし、そうでないなら、受け入れるには辛い。



だからこそ、人はそこまで「責任」を負ってはいない。目の前にある状況においてベストの「善」を考え、判断し、実行していかねばならない。その結果が良くも悪くも、「正しい選択」ができていれば、それでいいのだろう。「結果」に囚われる必要はない。



社会全体が、こうした考え方を受け入れられる日を迎えるのはまだまだ先のこととなるだろうけどよ。



でもまぁ、そうすると、先に例として挙げた、軍人のアフガンにおけるチームリーダーの決断。アレに対してもひとつの示唆が出てくるのではないだろうか。



ちょいと今回は、スピ的方面から答えを導いてみた。



だからって、思考停止すんなよ。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!


>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい


【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    「エゴイズムは自分を中心にして自分のことだけを考える」ということですが、自我とエゴイズムは違うということですが、よく違いがわからないのですが、 自分を中心にして自分のことだけを考える と、いう時期はとても必要だとわたしは思います。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    じゃあ、エゴとは自我のことだと思っていいのですか。 だいたいが、自我自体がどういう概念なのかを人は理解していないと思いますよ。 そこが理解できてないということが、話が進まないのではないのですか。 エゴと自我はイコールだと理解しました。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/04/15)
    エゴとエゴイズムを両方を似たようなものとするのはなかなかに斬新だが、それはおまえさんの事情であって。(笑) 言葉として違うものである以上、違う意味、概念を取り扱ってる。とくにこの二つはまったく別物どころか、 反対の概念だ。 白と黒という言葉が、ぜんぜん反対の色を示す言葉であるように。 それを似たようなものだ! と、言っても話は進まない。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    エゴイズムもエゴもどちらも似たようなものだと思います。 それに、エゴイズムは思考ではないから、正しい思考もなにも感情じゃないですか。 物質的な欲望と感覚的な欲望の充足は、正しいとか間違っているということではないですよ。 感覚的な欲望は物質的なものとして反映されるとは思いますが、それがエゴイズムとは思いませんし、欲というのは必要悪ではないです。 そのような捉え方をするから、人はいろんなものを抑圧して変に病的になったりするのではないですか。 人生の生きて行くなかで、欲を自己中心的に満たすという経験は大切なことだと思います。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter