スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

神秘学講座7月の特別回のお知らせ

神秘学講座特別回のお知らせ

どうも!

なつきちです。

七月の講座Vol.4は、
ベーシック・中級の授業後の
19:00~
より暑気払いを行います。(俗にいう飲み会ですw)

※暑気払い参加受付は〆きりました。


そのため、
ベーシック参加者に中級コースの時間、
「そのへんでただ待ってろや」、
というのもアレなので(笑)、
そのまま参加可能の特別内容で実施します!

 

■2017/7/22(土)


かながわ県民センター
304会議室

12:30~15:30(ベーシック)

16:00~18:30(スペシャル)

 


■普通にベーシックだけでいいという方は、
前日までの参加申し込みでOKです。
※暑気払いに参加しなくても、
16:00~の「スペシャル」もそのまま
参加してOKです。


まぁこの時期にお店をとる都合で、
早めに暑気払い参加者の人数を確定したいってことです。(笑)

 

神秘学講座ベーシックVol.4の内容

・「正しい考え」と三位一体
・エゴイズムの源泉
・「普通に生きる」ことの 難しさと霊性
・エーテル(気)の 機能について

以上のテーマの学習と、後半に気功などのエネルギーワークに取り組みます。

 

申し込みはコチラから。

 

特別講義とは

そして今回、ベーシックの授業のあとに用意しているのが、特別講義!

いつかメルマガにも登場した、博覧強記の作家先生に登場してもらいます。

 

考えてみるとこの人も、おれが学生のときからの付き合いで、いわば、物書きの先生みたいな人だね。

宗教、精神医学、民俗学、も、多彩な方面に精通していて、博覧強記という言葉がガチで値する。

 

一方でこの人はずっと、アカデミックな意味で、研究者的なスタンスだったのだが、最近はむしろ「探究者・実践者」よりのスタンスになっている。

そんな契機も含めて、加藤との対談形式で、いろいろと語ってらもらおうと思ってる。

同時に行われるのが、中級参加者から2名ほどの、自由課題の研究発表的なものを一人5分~10分程度で話してもらおうと思ってる。

それぞれどんな内容なのかは、おれもまだわからない。(笑)

ここまでの探求の経過報告的なこともかもしれないし、不思議な体験内容の発表かもしれない。

それは、各位に任せてある。

 

それで時間がもし余れば、まだ中級コースの人にも体験してもらっていないワークをやろうかな、と用意していたりもする。(笑)

まぁこれは保険だが。

 

そんなわけで、夏の特別回。暑気払いも含めて、参加者が集うことを期待しているよ。

申し込みはコチラから。

 

ま。そんな話さ。

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。

このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。
今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
  
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter