“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

ノルウェイの森(映像版)からツラツラと

はいどーも。ぼくちゃんです。松山ケンイチの『ノルウェイの森』のDVDを借りてきて、ものの15分程度で観るのをヤめてしまったオレさまですが、ぽまいらはいかが「原作を破壊する映像化はヤめれっっっ」となみだ目になった経験をお持ちでいやがりますか。



くそー。銀河英雄伝説の映像化(アニメ化だが)は神がかって成功しているのだが・・・・。



もうしょっぱなからイライラしてみていたわ。



無駄に再現しようとした60年代。




がんがって作ろうとした60年代的雰囲気、そのすべてで結局、昭和の昼ドラマ、団地妻の不倫(なんじゃそれw)ドラマのような雰囲気へ・・・。



とくにがまんの限界を超えたのが、直子ね。



完全にキャストミスだろ、あれ。菊池凛子、だっけか。



透明感あふれて、存在感自体が希薄で消えてしまいそうな少女の役は無理だろ・・・。年齢的にも厳しい。



この女優はよく知らないが、むしろ娼婦とかそっち系の「夜の女」的役どころのほうが似合いそうなタイプで、生々しい生命力が強すぎるようにオレさまは感じたのだが。。。



もう少し観ていたら、多様な映像美の世界が展開されたのかもしれないが、そこに至るまでオレさまの神経はもたなかった。



はー。がっくし。



あ、松山ケンイチは雰囲気がまぁ良かったと思う。



ついでに言うと。


血迷ったついでに観た木村拓哉の「宇宙戦艦ヤマト」。



放射性物質の恐怖が「うわぁ、いまシャレんならん・・・」なんて見方をしてしまった以外は、とくに心に残るものはなく。


木村拓哉と黒木メイサの「いがみあい」モードからいきなりの恋愛モードへの展開にもついていけず・・・。



「ヤマトの世界をどうCGで表現したんだろう?」という興味で観たものの、アニメならワクワクする艦橋での戦闘シーンも「いいオトナたちがSFごっこをしてる・・・」的にしか見えず・・・。


木村拓哉は何気にオレさまは、役者としては嫌いじゃないんだが、やはり何を演じても「木村拓哉」のままで。。。



なんとか最後まで観たものの、やれやれ、ってカンジでした。



邦画は最近レベル高くなってきてはいるが、やはりまだまだ英米の安定した力には及ばないなー。



結局、この日は「毎日かあさん」での永瀬が好演でした、ってところしかいいものはなかった。



そんなわけでDVDの広告にあった「英国王のスピーチ」を見よう、と思った次第。



そんなわけで、映画ノルウェイの森以上に駄作の本記事でしたとさ。(藁



                     訂正 1  

「せっかく更新頻度あげるなら、まともな記事で書け!」なんて思ったら、ぽちっとな。(藁

                        人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter