“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

タグ:ヒーリング

なぜエセスピはお金をエネルギーと言いたがるのか

お金はエネルギー?の記事 あー、どーも。なつきです。相変わらず世の中、スピのING商売は盛んです。ヒーリングとか、カウンセリングとか、チャネリングとか、やたらと語尾にINGが憑くので勝手にスピのING商法と言ってますw …

詳細を見る

サイキックヒーリングとスピリチュアルヒーリングの違い

【本記事の概要】 どうもなつきです。そろそろ、たまにはヒーリングについて書こうと思います。(といってもメルマガVol.207の編集です) サイキックヒーリングとスピリチュアルヒーリングの違いって話。たまには書かないと、忘れる読者もいらっ…

詳細を見る

最高のヒーリングの話~スピリチュアルヒーリングと病気と癒しの意味、カルマの関係について

はい、どーも。今回は、スピリチュアルと病気の意味、そしてスピリチュアル・ヒーリングの観点から過去記事を編集して投稿する。 あー。さて。 ヒーリングとカルマの関係について 世の中には、いろいろとヒーリングがある。その効果はピンキリだ…

詳細を見る

聖なる三角形から考える人間のバランス

どうも。夏樹です。40前なせいなのか、ガクンとカラダを壊して寝込んでおりました。ようやく少し動き出せるカンジですかね。やれやれ。もう若くねぇなーと実感しました。(苦笑)まぁこれでも、中学生くらいまでは毎年1、2か月分は休み、武道を本格的…

詳細を見る

心身の回復はまだ道半ばかもしれない。でも都合いいスピリチュアルには頼らない決意とともに。

こんにちは、たーこです。さて、たまには真面目な記事です。 心身を病むと占いやスピリチュアルに依存し始める人がいます。私にもその傾向はありました。今も、時折「夏樹さんの奥さんならスピリチュアルでケアしてもらえていいね」的なことは言われま…

詳細を見る

ヒーリングについて読者の質問に答えてみた件その1

どうも。夏樹です。 忙しい日々が続くが、なんとか月イチの神秘学講座も継続されてきている。ライフワークだけに今後も続けるつもりだというところで、ここと本記事末に、次回3/21(土)の講座への募集ページへとリンクを張るのでよろしく。 さ…

詳細を見る

スピリチュアル・ヒーリングとか言う前に基礎としてエーテルを。

どうも。夏樹です。昨今のスピリチュアル業界、スピリチュアル・ヒーリングがすぐにできたり、スピリチュアル・ヒーラーになれると思い込んでいる人たちが多かったり、そんな人たちをカモにする「スピリチュアル・ヒーラー養成講座」「スピリチュアル・カ…

詳細を見る

癒しフェア2015ってなんやねん。

 あー、ども、癒されたい気がする39歳、露骨に「体力が足りませんが何か」とご過労さまな日々でいやがりますが、ぽまいらはいかがお過ごしですか。いやね。ふと、こんなニュースを見つけた。「癒しフェア2015 in大阪」開催(サイトの安全性判定が危…

詳細を見る

スピリチュアルと祈りの力―「天使の作り方」

どうも。夏樹です。今回は、過去のメルマガの編集です。 「祈り」とは何か。いろいろと定義することは可能でしょう。 世の中にはスピリチュアルなカウンセラーとかヒーラーとか、 そんな方々がたくさんいるので、いろいろとかしましいかとは思い…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter