叡智と真理を探究する者のために

薔薇と十字架 2

はいはい、そんなわけで薔薇十字のシンボルについての考察の続きだ。当面は、「忘れられた真理」ヒューストン・スミスをまとめるカタチで進んでいく。



さて。まずは十字の垂直軸の意味をみていこう。この「宇宙軸」は「水平」を突っ切って、高きから低きへと無限に貫いている「垂直」だ。



この宇宙のありとあらゆる「リアリティ」を貫いている。このこのリアリティ、「存在空間」は横軸で示されているな。十字モデルだと左右に伸びる一直線だけしか示されていない。



しかし、それは「オレさまたちが住まうリアリティ」なので、1つの表示だけでいいんだ。



本当のところ、リアリティ(水平軸)がどれだけあるかなんて、それは誰にも分からない。無限に伸び行く縦軸の「頂点」は、いわば根源。「全なる存在」あるいは「すべての存在が生まれるところ」であり、縦軸の下方の頂点は、「すべての存在が消滅するところ」だ。



始まりであり、終わり。アルファとオメガ。



この無限に伸び行く階層(縦軸)の中で、いったい幾つの「存在の層(水平軸)」あるいは「時間と空間」が生まれるというのだろう? それはオレさまたちの認識能力を完全に超えている。ヒンドゥーの表現になるが、そうした世界はきっと「ガンジスの砂粒よりも多い」ということになるのだろう。



ただし、それは無限のアルファ―オメガから横に発生しているように、問題にされるのは「高さ」なのだ。そのことを銘記し、今回はここで終えよう。



ま。そんな話だ。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1         
                        人気ブログランキングへ

「薔薇の十字架って神秘的でいいわよね~」と思ったら。とりあえずランキンングバナーを押すがいい。(藁

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • 加藤 { こちらこそ目を通していただき、感謝です。 }
  • 市川康明 { 何時も有益なお話を有難うございます. }
  • 加藤 { お、そうかい。数少ないガチ勢か。 検索してみたよ。大阪か・・・。 旅行いったときにでも試してみたいものだな。 覚えておくぜ。 }
  • { 記事読ませていただきました。レイキで病気を治せる人はほぼいないとのことでしたが、私の知り合いに治せる人いますよ。本物のスピリチュアルヒーラー 霊能者!その方はヒーリング整体院で人助けをしています。もし興味があるなら 【 エキテン 高石 ヒーリング整体 】で検索してみてください!!また記事を楽しみにしています。 }

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter