スピリチュアルとは何か。瞑想のやり方や理論、霊的学びや真理の探究など。

薔薇と十字架 2

はいはい、そんなわけで薔薇十字のシンボルについての考察の続きだ。当面は、「忘れられた真理」ヒューストン・スミスをまとめるカタチで進んでいく。



さて。まずは十字の垂直軸の意味をみていこう。この「宇宙軸」は「水平」を突っ切って、高きから低きへと無限に貫いている「垂直」だ。



この宇宙のありとあらゆる「リアリティ」を貫いている。このこのリアリティ、「存在空間」は横軸で示されているな。十字モデルだと左右に伸びる一直線だけしか示されていない。



しかし、それは「オレさまたちが住まうリアリティ」なので、1つの表示だけでいいんだ。



本当のところ、リアリティ(水平軸)がどれだけあるかなんて、それは誰にも分からない。無限に伸び行く縦軸の「頂点」は、いわば根源。「全なる存在」あるいは「すべての存在が生まれるところ」であり、縦軸の下方の頂点は、「すべての存在が消滅するところ」だ。



始まりであり、終わり。アルファとオメガ。



この無限に伸び行く階層(縦軸)の中で、いったい幾つの「存在の層(水平軸)」あるいは「時間と空間」が生まれるというのだろう? それはオレさまたちの認識能力を完全に超えている。ヒンドゥーの表現になるが、そうした世界はきっと「ガンジスの砂粒よりも多い」ということになるのだろう。



ただし、それは無限のアルファ―オメガから横に発生しているように、問題にされるのは「高さ」なのだ。そのことを銘記し、今回はここで終えよう。



ま。そんな話だ。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1         
                        人気ブログランキングへ

「薔薇の十字架って神秘的でいいわよね~」と思ったら。とりあえずランキンングバナーを押すがいい。(藁

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/12)
    ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/05)
    どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか?
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/05)
    ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/04)
    返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter