“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

ダイエットと大天使w

はい、どーも。神秘界のカリスマ・ダイエッター オレさまです。まぁ減量成功譚はほんとなのであながちウソじゃねぇーなーという肩書きだとかえってつまねんねーと思ってしまうヒネクレものですが、ぽまいらはいかがスピなスキルをダイエットに利用しようとたくらんでいやがりますか。



まぁそうはいっても最近は「幸せ太り」(ノロケ?w でちょいと個人的に設定している絶対防衛ラインオーバーしちまった戦いをしているわけだが・・・。



あ、さて。



ナウエンの召命に対する真摯でひたむきな霊的在り方を読んだあとで目にすると、より一層辟易してしまうのが、チャネリングだリーディングだので天使のメッセージを広めていくことを「使命として自覚した」というおすぴな方々・・・。



最近では、かの大天使ミカエルは、個人のダイエットにまで関与してくれるそうでして。しかもミッキーのメッセを広める使命を担う方は、ダイエットサポートを5000円ほどで与えてくれるそうな・・・。いやはや。ミッキーがダイエットらまでサポートメッセージをくれるのかぁ。そうですか。



いやぁ、なんつーか。



手間を考えても500円でも充分な気がするのだが、やっぱりわからんのは、なぜおすぴな方々はすぐに「仕事」にしようとするのだろう?



使命=生業というわけではあるまい。大天使だなんだのがそんな饒舌なメッセをいろいろともたらすというのもうさんくさいのだが、そもそもすぴの生業化をしようとするからおかしくなるんだよな。



仮に、だ。そのメッセージやらなんちゃらがホンモノなら。「ただで与えられたものはただで与えろ」とイエスは言ったわけだが、ここにはとても重要な意味があることくらい察してほしい。ヒーリングでも同様だが。



ダスカロス派のいいところは、ヒーリングはもちろん、場所や(教える人の)移動の伴うスピリチュアル・ティーチングまで、極力無償、金銭をとっても必要経費程度でおさめることを徹底している点だ。霊的活動=奉仕、という倫理が徹底している。



まぁこれはキリスト教という背景があるからなおのことだろう。しかし、日本だってまともな霊能者は、決して必要以上というか暴利を出さないように注意している。



ある霊能者は、専業で行っていたが、まずは無償の相談でほんとに霊障かどうかを見極め、ほんとに霊障なら引き受ける、と。で、除霊・浄霊が必要でも、最初に1万円だけいただき、その後、複数回必要になっても、最初の1万円だけでOK。それで妻子とも十分つつましく暮らしていける、としていた。



こうしたスタンスは、この人なりの倫理観かもしれないし、霊的な事柄で暴利を得ていったときに生じる報いを避けるための「自衛手段」かもしれない。



しかし、いずれにしても、仮に商売にするならば、良心的スタンスだとはいえるだろうよ。あと学生だか未成年者だかの場合は、奉仕として完全無償で行っていたようだし。



天使のメッセだの引き寄せだのを広めるのは結構。



しかし、どうもその背景には、「ちゃらく稼いで生きていきてぇんだよ(藁」という欲望がただよっている気がしてならない。



そしてこういうメッセを流す連中は、あなたにもできるといって、「あなたの適職はヒーラーやチャネラーなど、スピリチュアルにかかわることです」といってお仲間を増やそうとする。



いや、ほんとは仲間を増やそうというよりは(商売敵なのでw)、「こういうスピなことも仕事として成り立つし、別にいいんですよ」というコトを広めようとしているだけだな。もちろん自分のために。



やれやれさ。



こういうのが闊歩するのが、いまのすぴ世界。「精神世界」というわりには、ひどくあさましい。が、それが現実か。いつまで続くかわかんねえけどよ。



ぽまいらもへんなチャネラーやらリーディングでうかれぽんちきなコトを言われて、舞い上がったりしねぇようにな。




ま。そんな話だ。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。

第一期はもう少しの間だけ受付中。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1  


「ダイエットに天使のサポート、おもしろすぎw」なんて思ったら、ぽちっとな♪


                        人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter