スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

理想と生きる力

「汝、姦淫スルナカーレ、ボク トナラ シテモヨカーレ」。そんな教えで布教していたとウワサのクリスチャン ザビエル・オレさまですが、ぽまいらはいかが己の罪を抱えたまま、罪悪感に苛まされて生きていやがりますか。




ま。疲れたらオレさまのもとで休むといいぜ。オレさまは生命であり、道だからな。(美女限定)




さて。ひとつ下の記事だけで更新終了というのはなんなので、もひとつだけ更新。日曜の夜は、ユウウツになって力を失いがちなので、ここは一つ、力ある言葉を。




ぽまいらも、このブログに足を運んでくれてる以上は、霊性の道に関心があるだろうし、自分なりの理想があるかもしれねぇ。あるいは、いかにして歩くべきなのか、と情報を探しているのかもしれない。




人それぞれではあるだろう。



しかしながら、この道を自分なりに歩いていこうという意志はみな共通しているはずだ。ルドルフ・シュタイナーは、この道を歩く上で、何より基盤となり、最大の基盤となるのは、まず「それぞれの稼業だ」とは再三述べるところだ。



リーマンはビジネスを。公務員は公務を。主婦は家事を。学生は勉学を。父親・母親はよき父母であることを。それぞれがまず、生活のもととなっていることを不足なく努めることを促す。



また霊的な修行が、ごくわずかでも日常生活を「侵蝕」することがあれば、速やかに停止する勇気を持つことも説く。あくまでも、日々の勤めが優先だ。



そして、さらに言う。「如何なる理念も理想たりえぬ限りは、魂の力を殺す。しかし如何なる理念も理想たりうる限りは、すべてあなたの中に生命力を生み出す。」



この教えは、決して霊的なことだけじゃねぇ。



たとえば、仕事上で自分に課している何かあるとするだろ。「ビジネスマンたるものこう在るべき」みたいな。クライアントに会うときは10分前到着が絶対、とか。あるいは、「何があってもキレない母親でありたい」とか。それはそれでいいが、それは、おまいにとって「理想」か?



それが限界か? それ以上あるべき姿はないか?



理念とは本来、理性によって考えられた最高の概念だ。だが同時に、<最高>を意味する理想と同じ高みになければ、ただの義務・教条となる。ここは妥協をしちゃいけねぇ。



簡単に手が届きそうにない、しかし自分が向かうべき高き理念。それを魂の力で高く掲げ、向かうべく歩むとき。人の魂は、理念の力によって引き上げられ、歩み続ける力を与えられる。



羅針盤なき航海では迷うように、高き理念なき霊的な航海も同様だ。



ぽまいらが高き理念を見出し、迷うことなく歩き続けられることを願っているぜ。


ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter