スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

作家師匠、すごい成長を見せる

博識な授業

はい、どーも。

なつきです。今回も過去メルマガの編集記事です。

※2017年7月の内容だ。


少しずつ本気で暑くなってきたなー。

アレね。

ビールとか好きな人なら

美味しく飲める季節ですな。

・・・おれ、飲めないけどw


まぁ何はともあれ。

少しずつ夏の本格到来を感じさせる季節だ。

 

師匠は師匠でも・・・


さて。

タイトルに、

師匠、すごい成長と書いているが、今回の「師匠」は、神秘学の師匠ではなく。


わしの物書きとしての師匠の方ね。


宗教学、歴史学、多様な人文系学問に精通した博覧強記の代名詞のようなご仁でねぇ。


ジャンルとしてはSF作家ということになる。


実は一時(失礼)、大層著名の作家だったので、根強いファンの友人から

彼のサイン入りの本をお願いします!!と頼まれたこともあるんだ。


と、そんな物書きの師匠だが、

その在り方は、基本、「研究者」的立場だったのだが・・・。

 

 

「書くこと」は生きること

まぁもともと色々と多難な人生を歩まれている方なのだが、昨今、その道に主に禅の道での「実践」が加わりだしたのな。


キリストの歴史的な意味での壮大な史的物語を書きつつ。

でさ。そんな前提はともかく。


元々、知的ベースがすごく高い人だから当然といえば当然なんだけど、たとえば「なぜ本物の神秘家はヒーリングを無償で行うのか」とか、

歴史的・文献学的内容から引っ張って説明してしまうんだな。

 

 

わけのわかんねぇ高額系エセヒーラーが、彼の前に出れば、さぞ恥ずかしい思いをしてしまうだろう。

そんな彼が、ふと体験的なものを通して、言うわけ。


「道元もダスカロスも・・・いや、その他の本物の探究者たちは、本当に「同じ」なんだよ・・・

彼らは、同じ真理をそれぞれの道、言葉でり伝えている。そしてそこに至るための道を残している」


と。

 

真理の難しさ


これ、もう言葉で伝えるのができないのだが、それを実感した人が上記の言葉を述べるのと、単に知識として

「ああ、本物は共通しているんだな」

とわかっただけの人とじゃ、言葉の響き方が違うのよ。

 

彼は、それを体験的に分かってしまったんだ。

このときのわしの驚きを伝える描写力がないのが、本当にもどかしい。

 

一度ね、そういう世界を体験してしまうと、もういろいろとすべてが変わってしまう。


たとえば、彼はいう。

 


「ある日、おばあさんが目の前を

 歩いていた。

 するとね、

 『ああ、「なにか」がここで、

 一時的におばあさんという体験をしている』という感覚になる。

 そしてその姿を目にするだけで

 ありがたくて、涙がでそうになる」

とか。

 

「目の周りのすべて・・・この机も、コップも、

 木々も、何もかも。

 すべてただ在る。

 ああ、悟っていないのは、

 私だけだった。

 すべてはただ在るのだ」

もうね。


般若心境の最後の部分、

羯諦羯諦、波羅羯諦、

波羅僧羯諦、菩提薩婆訶


『唱えよ、

心は消え、

魂は静まり、

全ては此処にあり、

全てを越えたものなり。

『悟りはその時叶うだろう。

全てはこの真言に成就する。』


ここんところの世界なわけ。


こういうことも言っていた。

 

「ある朝、カラスが鳴いていた。

 同じリズムで。

 カー、カー、カー、と。

 やがて、カラスの声が、

 存在の声を聴かせてくれていたことに気付いた。

『真理はある。真実はある』

 と繰り返していた。

 そして最後にこう続いた。

『真理はある。

 真実はある。

 それは私だ』と」

もうね。

 


周りとの差異が溶けてきえていくあの世界へ、

彼は一歩近づきだしていた。


「ああ、本当にすべてはひとつだったのだ」

スピリチュアルな連中もよく言う。

すべてはひとつ、とか。


ワンネスとか。


うるせーよ、と思う。


黙れ、ヴォケ。


とすら思う。(笑)


ところが、似たような内容でも、

「マジで感得してきた」

人が語ると、表面的な言葉は同じでも、

そのまなざし、いわば波動がぜんぜん違う。

さて。

 


ちなみにこの物書きの師匠は、神道、古神道、仏教から新興宗教まで(笑)、

とても造詣が深い。

 

しかし、行法として選んだのは、ごく初歩的な禅の瞑想だ。

だが、はっきり言って、それでも達している世界は、かなり深い。

 

何が言いたいかというと、メソッドだの方法論だのが問題ではないということ。


やれ秘伝だ、

やれ秘儀だ、

すごいヒーリングだ、

と喧伝してビジネスしている

連中のなんと役に立たないことか。(笑)


こんな風に書くと本人はぜんぜん

謙遜するだろうけど。

いつか機会を設けて、

彼を講座に招聘して講演でも

してもらおうと思う。

本人も快諾してくれたし。
※実際その後、実現した。


おれがこうして書くより直接聞いた方が、ずっと面白いしね。

 

そんなわけで、いつか彼を招聘して、

実際にいろいろと語ってもらおうと思う。

ま。そんな話さ。

 

 

「人生が変わる」「魂が変わる」8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力を爆発させるメソッドへと落とし込みました。
「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
「もう引き寄せの法則とか、いりません」
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の活力を高め、
人生を切り開く力がパワフルに高まるメールをお届けします。
このメールはともすれば自分の人生に見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、オトナたちのために書かれています。

【コンテンツ一覧】

1. 人生は「そもそも論」で考えろ!
2. 欲求の階層を把握しろ!
3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!
4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!
5. 1009回目のプロポーズ
6. 視覚化が未来を拓く
7. 自分の真の敵を知れ
8. もう一度、あなたが立つための力

追伸
本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という概念を知り、身に着けてください。
(注!!)docomo,ezweb,softbankなどのケータイメール、とりわけicloudのメアドはマジで届かないです。。。

 

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter