“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

連鎖を断ち切れる人

はい、どーも。オレさまです。



久々なスピエッセイ?風記事を。



講座でも少し話したんだが、先日、バスでこんな光景に出くわした。別にボけてはいないんだが、エラいもたついたじーさんがいて、ちっとも乗車運賃を出せずに、難儀していたんだ。



財布から210円が出せず、一円だの五円だの?をつまんでは足元に落とす。拾う。探す。また落とす。この無限ループ。



バス内からはとくに壮年男性客を中心に、「イラッ(怒」とした雰囲気全開のため息や舌打ちの嵐。バス内の波動の超悪化。w



かく言うオレさまも、イラっとしていた一人だが。(苦笑



そうこうしているうちに、ついに運転手もキレ気味となり、聞いてるこっちが不快になる声で、「ないんですか? もういいから座ってください。いつまでも停車できません」と、じーさんを座らせた。5分ほども遅れていたので、運転手としては、まぁ焦りもあるのだろう。




じーさんは、座ったあとも、覚束ない手で、小銭を落としては拾いつつ、乗車賃を探していた。足元にまだ1円が落ちていた。それには気づいていなかった。



正直、1円くらいいっか、と思っていたオレさまは、関ること自体、面倒だったのでそのまま自分の目的地で降りようとした。



が、それじゃあさすがに気分悪いわ、と思い、やっぱり拾うことにした。すると、オレさまもあまり目がよくないので気づかなかったが、1円以外にもまだ5円、100円と落ちていた。



とりあえずちゃっちゃっと拾ってじーさんに渡すと、じーさんは思いのほか、理性的な目の輝きを持っていて、「ありがとう。本当にありがとう」と、こちらに向けていった。



こちらとしては、ギリギリまで何もしなかったので、礼を言われること自体、忸怩たるものがあったのだけどな。ほんとに優しいヤツなら、乗車する段階で何かしらの助け舟を出しにいったのかもしれない。



それにしても思うのは、何か不快なこと、ネガティブなことがあると、自分の中にもそれに反応したネガティブな状態を人は作り出してしまう、ということだ。



そして、容易にそれを連鎖させてしまう。



不快さには不快さを。怒りには怒りを。ネガティブな連鎖は、とどまるところを知らない。一方で、ペイフォワードじゃねぇけども、ポジティブなもんの連鎖をも人はできるのだけどさ。



それで、何かしらの「ネガティブ」なものを受けたとき。不愉快さや憎しみや怒りなど。それを自分で停止させてしまうことができる人。



ネガティブな連鎖を断ち切れる人というのは、すげぇよな。




場合によってはさ、親など身内の虐待だのなんだの、自分ひとりの努力では、断ちきるのが困難な負の連鎖だってあるだろうぜ。



それでも、それに立ち向かい、強い意志をもって負の連鎖を断ち切れる人というのは、ほんとの意味で社会全体を進化させることに貢献しているようにオレさまには思える。



そのような意志を持つヤシが世の中に増えるといいんだがね。




ま。そんな話だ。






                     訂正 1  


  「あたいもそんな人になる!」と思ったら、ぽちっとな。(藁


                        人気ブログランキングへ

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    >本人は騙しているつもりはないだろうけど、やっぱり騙しているカテゴリーになるのかしら? 言われてみりゃカテゴリーは厳密には違うかもしれんが、それでも基本的に同じカテゴリーになると思うぜ。 なぜならその行為自体、マイナス的な意味でのカルマになると思うからだ。 いずれその人は「手痛い」形でカルマによる学習を行うことになるだろう。 >“「自分の能力を信じちゃってる人」に傾倒する人”に 『それ、大丈夫?』とは言えないというか。 その辺、なんかモヤモヤするのいつも。 ながが言う必要はないかもしれないが、誰かが言う必要はある状況なのかもしれねぇな。 するとなおのこと、それはカルマ的意味でマイナスの状況だな。 モヤモヤはともかくとして、誰かがなんとかする必要はあるのだろうぜ。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    スピリチュアルにハマる人、じゃなくて、 「自分は本当にスピリチュアルな能力を持っていて、これをみんなに享受したい!」 って信じて疑わない人は、 本人は騙しているつもりはないだろうけど、やっぱり騙しているカテゴリーになるのかしら? お師匠のダンブルドア氏や、前に出てきた沖縄のなんとか(忘れた)みたいに、 必要な人はその時に会える。っていうスタンスでいるのがイイ(善し悪しのではなく外的基準として)のだろうけど、 本人信じてるんだろうし、(たぶん)私の見えない/知らない何かがわかることに関して見えない私が判断できないし、 その“「自分の能力を信じちゃってる人」に傾倒する人”に 『それ、大丈夫?』とは言えないというか。 その辺、なんかモヤモヤするのいつも。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter