叡智と真理を探究する者のために

怒りは手ごわい理由

怒りを克服する霊性—ミカエルの道

 

この記事は、次のことを学べます。

霊的な道で怒りを克服することの重要性
怒りを克服する道をミカエルの道という
ヘラクレスが獅子(怒り)を絞め殺した意味

以上の霊的な意味がわかります。

 

 

どうも。なつきちです。

メルマガやブログの到着頻度で疲労度が

測れるともっぱらウワサですw


ところで、ですね。


みなさん最近、怒りました?

キレました?

赦せないこと、ありまっか?

・・・・・

 

うん。ひとつやふたつ、あるよね?

んでね。

 

今回はその怒りがテーマなんだけどさ、

探究者が克服すべき対象に「怒り」

というものがあって、

それは「ヘラクレス12の難行」

という行法の最初にあるよ、ということに

関して少しメルマガやらブログで触れたことがある。

 


んで、とくにこの「怒り」を克服する行が、

なぜそんなにも難しいのか。


その点を少し触れたい。


神話だと、ヘラクレスは、

剣も矢も通じないネメアのライオンを最後は

手で絞殺した。

 

この意味だけでもいろいろとあるんだが、

すまないが、とりあえず割愛する。


さて、おれたちキリスト教神秘主義の神秘学を学ぶものは、

自らを高めるために、

内省を繰り返し、

潜在意識に詰まっている悪いエレメンタルを

良いものへと置き換えていく。

そうするしか、霊性の発達が達成できないからだ。

 

潜在意識とはまさにジャングルだ。

ここに「願いをインプットすれば、

勝手に叶うよ♪」という者たちの浅はかさよ。

 

欲望のエレメンタルが増え、森はより

うっそうとし、理性の光が届かなくなる。

 

問題は、この「怒り」というものは、

自分のエゴイズムから直接生まれるものであり、

内省によって、

良性のエレメンタルと置き換えることができない。


つまり、直接、意志と理性によって、

絞殺(コントロール)するしかない、

というとても厄介なものなのだ。


はっきりいって、

最難関の行ではなかろうか?と、

おれは思う。(笑)

とても大変な行だ。


どれだけ正当な、

正しい「怒り」に見えても、

怒りは本質的に

「エゴイズム」の発露でしかないのだ。

 

どれだけ、

「正義」

「社会的大儀」

「倫理的正しさ」

の旗のもとにあっても、

怒りの正体は、エゴイズムなのだ。


その克服には、何年も何年も、

下手したら一生ものかもしれない。

しかし、この道を歩むと決めたものには、

決して避けて通ることができない。

ぽまいらは、どんなときに、

怒りをあらわにするね?


そんな自己分析が、

とてもこの行には大切になってくる。

40を超えた身でさえ、正直、おれは思う。

「怒りに立ち向かうには、まだ若すぎる。」

やれやれだ。

ま。そんな話さ。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/12)
    ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/05)
    どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか?
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/05)
    ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/04)
    返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter