“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

スピリチュアル・ビジネス

そんなわけで、最近姿が見えない「いす」は元気かー? おまいそろそろガッコ卒業近いんじゃね?(藁って冒頭ネタにして消息をたずねるオレさまだが、ぽまいらはいかが年の瀬になると気になるヤシが脳裏をよぎったりしていやがりますか。まだここを見ていたら、たまには足跡のこしやがれ。w



あー。さて。ちょいとブログランキングの上位陣に目を通していたのだが。



露骨に言うのもなんなんだが。



なんなんだよ、「フ●ーの●●がスピビジネスの●●になっちゃった、おまいもどうだ?(藁」なノリって・・・。



チャネリング講座受けて、そういう体質になるのはフツーのこと、みたいな。



いやね。必ずしも、お金とってもろもろヤるのはよくないと断言するつもりはねぇよ。そりゃ。ヒーリングは無償ですべきうんぬんかんぬんは、オレさまの霊的倫理なわけだし。



しかしな。霊性向上の地道な作業をすっ飛ばして、「いとも簡単にヒーラーになれる」「チャネラーになれる」「あたもこの道で仕事できる」なノリって、どうよ。しかもほんの数回のレッスン、ウン万円って。



とくにチャネリングな。これこそ時間かけていかねぇと、一番危険なことじゃねぇか。確かに人間にとっては元々ある能力だ。人は多かれ少なかれ、色んなカタチでチャネっている。



だが、ここは、霊的な探求を行う上で、自然に開いてくることが望ましい。



つながったものを判定する能力やらオンオフの切り替え、自由にチューニングする能力は、一朝一夕では培われない。大体、なんのために「チャネリング」するというのだろう。



人生を切り開く上での「チャネリング」なら、誰でも「予感」とかそんなレベルでもっているものだ。



まるでなんかの資格講座のノリ、あるいはおもちゃを売るノリで、霊的スキルを取り扱える神経が、オレさまにはわからん。



まして、「指導者」として活動するなら、「フツー」ではムリ。「私は導師である」みたいなノリはそりゃ違うさ。でもな、人様を直接霊的に導くのは、「フツー」のレベルにゃムリなんだ。



いかにも親近感を持たせて、いい人柄を演出しているように見えてもさ。「私は決して特別ではないんです」と言いたいのだろうけど。



弟子となった人がスピリチュアル・エマージェンシーに陥ることだってある。適切な対処ができるのだろうかねぇ。



疑わしいぜ。



大半は、こういうところの講座を受けても、「できるようになった気がする」と深刻なレベルになることはない。しょせんそんなものだろう。



だが、「スピリチュアル」なことが、「いとも簡単に手に入る」的な誤った認識だけは流布させる。そして霊的な探求の本質を失わせる。



まぁね、こういう時代だ。過去とは違う。高次がより現世に近づき、エネルギーが降しやすくなっているのも事実。ナンタラカンタラ・レイみたいなものが生まれる素地は確かにあるとオレさま思う。



意識の設定でひとつで、昔は何年もかかっていたものが、容易にできるようになることもあるだろう。



しかし、それを無分別に単なる「スキル」として、ビジネスとして流布させるばかりになるとき、高きエネルギーが降りることはない。



考えても見てくれ。伝統的な霊性の世界ではさ、神的な力を取り扱うときは、修行が成った者たちでさえ、時間をかけて「潔斎」して身を清め、ってのがフツーだろ。



それが、ただカネ払っただけで「準備OK!」って、いったいいかほどのモンに繋がっているのだ、と。



そしてこれだけ「ヒーラー」が増殖しているのもかかわらず、日本国民の医療費は減ったのか? 厚生労働省が「どうも最近、日本人の健康が妙に高まっており、うちの予算も助かりそうです。福祉方面、増やせますわ」なんて言ったことあるか?



スピ業界、とくにヒーリング業界でいくらのカネが動いているのかしらんが、せめてその分だけでも減ってるなら「効果あるんだなー」と思うけどよ。



と。批判は減らそうとか言っておいてコレかい、と自分でも苦笑もんだが、ため息の出た年の瀬でした、という話。



ま。そんな話だ。

 

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter