“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

盆休み号:お盆とご先祖と

どーも、
夏樹です。


ぼまいらは、
お盆休みはゆっくりご先祖を迎えたり過ごすことができたかい?


オレさまは休みはこれからだ。
丁度いま多忙ってこともあって、
世間と休みをズラしている。


もう少しあとに、
二回くらいに分けてチョコチョコと休もうかな、
といったカンジだ。


それに、お盆で人が少なくなった電車とか、
メールや電話が減るからこそ、
かえって仕事に集中しやすいからな。


だから休みをズラすことはむしろ好きだ。


さて。

それはそうと、お盆。

お盆の最終日、
うちのヨメちゃんは、
夢の中でおれの祖父らしき人と会い、
「夏樹をよろしく頼む」的なことを頼まれ、
挨拶をかわしたそうな。(笑)


その少し前も、
彼女は自分とこの祖父に墓参にいき、
夢でいろいろとメッセージをもらったそうだ。

お盆



はっはっ。


ヨメちゃんがそんなだというのに。


神秘家たるおれは。


な ん に も な い が な。


いや、まて。


オレさま、少年期にひとつだけあった・・・。


忘れもしない。


16歳を迎える少し前だ。


物心つく前から毎年墓参にいっていたオレさまだが、
その年の夏に限り、
オレさまはカラダがしんどく、
サボったんだな。


「すまんな、じいさん」とか思いつつ。
(※祖父はオヤジが子供のころに亡くなったので面識はない。)
(※戦争は生還したが、GUNで死なずに癌で死んだ、と
オヤジが不謹慎なダジャレをよく言っていたw)


問題はその夜だ。


「あっちぃなぁ・・・」と、
寝苦しい夜。

何度も寝返りをうつ。


そんなときだ。

突然、
激しい耳鳴りがしたかと思えば、
体が硬直。

「うお!? これがウワサの金縛り!?
 ということは次の展開は・・・!」

と思えば、案の定、
キターーーー!!!

ベッド脇に黒い人影!!


「待て待て待て、
クチも動かねば指先も動かん!
カバラ十字の祓いもできん!」
と、マニアックなことを思う。

そのうち、
さらに人影は近づく。

のしかかる。

すると、
腹の上に重みがズッシリ!

「思いわ!幽霊のクセに自己主張が物理的すぎるだろ!?」


焦るオレさま。
人影は、オレさまをのぞきこむようにする。

しばらくして、
人影はフッときえ、
同時に金縛りからも解放された。


「なんだったんだ。。。。」

恐怖よりも驚きでドキドキしたものだが、
しばらくして、
「ああ、墓参りさぼったから向こうから会いに
きたのか・・・すまん、じーさん」


と、思い至ったものだ。
もちろん翌年はちゃんといったがね。


さて。
お盆になると、
祖霊がやってくる。

どういうわけか、
それはありうるようだ。


アストラル界のルールがどうなってんのか、
オレさまはよく分からない。

しかし、シュタイナーのような西洋の神秘家に言わせると、
東洋、日本という国は、
霊界との距離が近く、
溶け込み、日常の中で接点が多いために、
社会自体がどこか「夢の中」のような趣があるそうだ。


たとえばそれは、
夏の夜の祭りの雰囲気や、
日常でも逢魔が刻と呼ばれる黄昏時に現れているように思う。


そのような時間帯が存在する社会というのは、
それはそれでいいように思うのだが、
いかがだろう。


ま。そんな話だ。



【超!必読情報つき編集後記】



さて、
同時にこの時期は終戦記念日の時期でもある。


昨今オレさまは左巻きの方々と軽く議論をする
ことがあったが、
連中は一次資料や学理よりも、
感情論で会話する傾向が強いという印象を持った。


たとえば731部隊=大陸で人体実験しまくった残虐研究部隊。

たとえば集団的安全保障=権国主義、戦争をする国。


前者は、米国国立文書博物館にあった接収された膨大な
データが公開され、
人体実験等はなく、
やはりプロハガンダだったと証明された。


後者は、集団的自衛権を持っている国々を調べれば、
そもそも概念として別物とわかる。


とにもかくも、
印象論の世界の人なんだな。
もう少し、
確たる証拠(一次資料)に基づいて考えるクセを
つけたほうがいい。


でなくては、
ようやく慰安婦は誤報(ねつ造と言いたい)と少し言い出した
朝日新聞のように、大きな禍根を残すことにさえなる。


そこでオレさまは、
北野さんのロシア政治経済ジャーナルと並んで考える参考にしているのが、
「 政治の本質 」
というまぐまぐのメールマガジン。

・これまで「正義」されてきた自虐的な歴史の見方(左翼思想)のおかしさ
・デフレを深刻化させる経済政策のおかしさ
・TPP問題等、経済成長をむしろ鈍化させる政策のおかしさ
etx…


歴史、政治、経済等の分野で、
「これまで当たり前に正しかった」と思うことが、
「アレ?これ間違ってたの!?」と思わせてくれるメルマガだ。


おれは最新号で、
少しうなってしまったよ。


たとえば、
「格差社会」=「悪」だよな。


おれもそう思っていた。


しかし、
少し味方を変えると、
むしろそうではないのだ、
という地平が見えてくるんだ。


非常に知的刺激に満ちていて、
何より、
「今後どうやって自分の家庭を守るのか」
というヒントを与えてくれると思う。

登録はコチラ。
まぐまぐメールマガジン「政治の本質」。


マジでおすすめします。

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/13)
    オウア 「愛」っつーもんの定義が社会科学的に出来んだろうからそりゃあ難しいだろうさ。 ああ。マザーテレサの狂気性や虚偽性、予定された列聖、欺瞞はもろもろ巷間言われてるな。 それでもアイコンとしてわかりやすいだろ? ナイチンゲールみたいなもんだよ。(笑) でもっておれは彼女のしたことはできねぇしな。
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?
  • User Avatar オウア さんより(18/05/13)
    スピリチュアルの愛とは、法律・条約等を「愛」の一文字で回すことだと思う(´・ω・`) できるものならやってみろと思わずにはいられない(^_^;) ちなみに、マザーテレサはカトリックの威厳の回復を目的にでっちあげた人物ですよ。 学校建てると募金してネコババしたり、痛みに耐えるのが素晴らしいとか言って見放す割に自分には最先端医療を求めたりしてたようです。日本円で28億円相当を荒稼ぎしたと記憶しています。TVで放送された奇跡はなかったとかなんとか。 「真偽はともかくこの言葉が好き」 そう言われればそれまでですが、なんだか違和感を感じてしまう自分がいる(^_^;)
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?
  • User Avatar 出之 さんより(18/05/03)
    今日は 通貨は負債ですね。 価値ある商品と交換されて初めて機能すると。 http://workhorse.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_55d6.html
    » なぜエセスピはお金をエネルギーと言いたがるのか
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter