“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

日常生活におけるスピリチュアルと魂のヒーリング

あー、ども。
オレさまです。


ところで、
オレさまの友人の一人に、
通称K師と呼ぶ友人がいる。


仕事上の仲間でもあり、
超デキるオトコであり、
頭もよく、
何より謙虚で優しい。
そしてよく系統の分からない気功系のスキルと
キネシオロジーのようなものを使うヒーラーでもある。


それはそうとだ。


まぁとにかく、
ものすごく人間性のデキた男であるということ。
(大きいおっぱい好きだけどw)


そんなある風の強い日のこと。


あるデザイナー女子が、
うれしそうに言ってきた。

「目の前歩いていた女の子のスカートが、
こうぱーーっっ!!とめくれあがったんですよ、

ぱーーーっ!!って」


パーっと!と強調するように両手をあげるデザイナー子。


てめぇ、女子のクセにヤけに嬉しそうだな、
コンチクショウ。


思わず「ぐぬぬぬ・・・」となるオレさま。


「ちくしょう、どうせ盛って話してんだろ!?」(血涙)


「フフフ。なんとでも言ってください。神様は一瞬の中に奇跡をおき、
そこに居合わせることができる者は選ばれた証なんですよ」(ドヤ顔+ゲス顔)


く、くそう・・・。


だんだん本気で悔しくなってきた。


オレさまが帰るころ、
この風はまだ強いままだろうか。
思わず期待する。


そこでふと、デザイナー子は言う。


「でも、普段なかなか見えないものですよね」


「まったく。オレさまも思ったことある。あれミニスカートとかでも、
女性の服ってのは実に計算されている。
見えそうで見えないギリギリのラインをついているよな」


「ほんとです。アパレルメーカーに文句言いたいです」(注:女)


そんな会話を聞いていた、
聖人君子・マスターK師。
ふと会話に参戦する。


「なに言ってるんですか? おれ、よく見えてますよ。
パンツ」


オレさま・デザイナー『え・・・?』


おれとデザイナーの「信じられない」といった顔を受け、
マスターK師はニヤリと笑ってメガネをクイッとあげる。

そして、力を込めて言い放つ。


「キミたちは努力がたりません。

 いいですか・・・・?


プレゼンテーション1


なんだってー


いやー。


参ったわー。


さすがマスターK師だわー。


元来が理系なだけあるぜ。


可能性の向上、合理性の追求。


論理理性に裏打ちされた日々の努力のたまもの。


一瞬という神は、
努力した者にこそ微笑むんだな。


今回は、
そういう「努力は尊く、神は自ら助くものを助く」という教訓である。


ま。そんな話さ。
・・・多分。


追伸
タイトル詐欺言うなw


≪メルマガ魂の神秘学は、
 こうしたゲスい話ではなく、まっとーな神秘学をより深く語ります≫


登録はコチラ。


ちなみに今登録された方には、
神秘学ベーシックテキスト、
もれなくプレゼントします。

※ご登録するメアドは、
ヤフーメールとGメールはできる限りさけてください。
迷惑メールボックスに入りやすいからです。
あなたに届ける有益な情報が見落とされることは
さけたく思います。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter