“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

人を幸せにする仕事の価値について考えてみた

どうも、夏樹です。

年末も一生懸命にひぃひぃいって働いています。

どっちかというと、ホントはひぃひぃ言わすほうが好きです。

 

・・・・

 

そこはかとなく下品ですみません。。。

さて。気を取り直すと。

いま、表の稼業でもいろいろいとコンテンツ(サービス)開発とかで必死なうです。

マーケッター、プランナーとして日々、

脳みそを絞っている。

そんなところでふと思うのは、

「自分のこのサービスや商品は、どれだけその人を幸せにするだろう?」

と考える。

ある人が言っていたけど、世の中にあるサービスって、

突き詰めると、「時間をどれだけ短縮するか」ということに収斂されるらしい。

たとえば、わかりやすいのは交通機関。

移動を快適なものにしたのは当然だけど、何より時間短縮している。

外食での食事。

美味しさそのものこそ価値だと思うが、食べる空間とかも価値だと思うのだけど、

究極的には、「自分でレストランを建てたり、食べ物を育てたり、狩ってきたり、

調理したり、それらのスキルを体得する時間」をショートカットして提供している、と。

お医者さんだって、クスリだって、アパレルだって、ITだってなんだって同じ。

そして時間の短縮とはとどのつまり、

時間の短縮=命(時間)の提供なのだ、と。

なるほど。

それはそれで考え方として面白いし、

本質的な思考の一つではないかと思った。

なんとなくこの考え方に一面とはいえ共感したのでまだ深堀は浅いが、

十分立派な考えたではないだろうか。

ならば、

おれの開発・提供するサービスの価値を推しはかる軸の一つにしようと思った次第。

さて。

この軸で検討したとき、

胸をはって「価値がある」「高額なだけはある」といえるサービスになるのか。

なかなか面白い基準だ。

そう思って、シェアしてみたくなった。

 

ま。そんな話だ。

 

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

    • たーこ
    • 2014年 12月 03日

    >世の中にあるサービスって、
    >突き詰めると、「時間をどれだけ短縮するか」ということに収斂されるらしい。

    すみません、この話はいわゆるサービスに限定した話ですか?
    サービスのあり方としては理解できるのですが、エンデの「モモ」に真逆のことが書かれていたような気がしたので、
    内容についてもう少し詳しく教えていただきたく思いました。

    (以下「モモ」引用)
    けれど、時間とはすなわち生活なのです。そして生活とは、人間の心の中にあるものなのです。
    人間が時間を節約すればする程、生活はやせ細って、なくなってしまうのです。
    (P95)

    • 加藤 夏樹

      >たーこ

      それは混在させる話じゃないな。
      オレの言ってる「サービス(製品も含む)」は、
      世に流通しているサービスや製品が持つ価値の話。

      モモで言及されている箇所は、
      市場主義経済における人間の在り方の話。
      そして貨幣経済における「利子」の概念への疑義も含まていたりする。
      だから時間の銀行とかの話もふんだんにあっただろ。
      そして節約が実は反対の結果を導いている、と。

      新幹線の登場で、
      移動時間は短くなった。
      その結果、ビジネスマンは昔は一泊かけられた仕事を日帰りで
      こなす必要がなった。

      こんな状況をモモを通してエンデは批判した。

      一方で、
      離れた人に早く会いに行けたり、
      会う時間を増やし、豊かにすることもできる。
      当たり前のことだろ?
      こうした利便性にヒトはお金を払うわけで。

      そもそも対立する概念の話じゃないので、
      いっしょにしないように。
      ソレはソレ。
      コレはコレ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter