スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

人を幸せにする仕事の価値について考えてみた

どうも、夏樹です。

年末も一生懸命にひぃひぃいって働いています。

どっちかというと、ホントはひぃひぃ言わすほうが好きです。

 

・・・・

 

そこはかとなく下品ですみません。。。

さて。気を取り直すと。

いま、表の稼業でもいろいろいとコンテンツ(サービス)開発とかで必死なうです。

マーケッター、プランナーとして日々、

脳みそを絞っている。

そんなところでふと思うのは、

「自分のこのサービスや商品は、どれだけその人を幸せにするだろう?」

と考える。

ある人が言っていたけど、世の中にあるサービスって、

突き詰めると、「時間をどれだけ短縮するか」ということに収斂されるらしい。

たとえば、わかりやすいのは交通機関。

移動を快適なものにしたのは当然だけど、何より時間短縮している。

外食での食事。

美味しさそのものこそ価値だと思うが、食べる空間とかも価値だと思うのだけど、

究極的には、「自分でレストランを建てたり、食べ物を育てたり、狩ってきたり、

調理したり、それらのスキルを体得する時間」をショートカットして提供している、と。

お医者さんだって、クスリだって、アパレルだって、ITだってなんだって同じ。

そして時間の短縮とはとどのつまり、

時間の短縮=命(時間)の提供なのだ、と。

なるほど。

それはそれで考え方として面白いし、

本質的な思考の一つではないかと思った。

なんとなくこの考え方に一面とはいえ共感したのでまだ深堀は浅いが、

十分立派な考えたではないだろうか。

ならば、

おれの開発・提供するサービスの価値を推しはかる軸の一つにしようと思った次第。

さて。

この軸で検討したとき、

胸をはって「価値がある」「高額なだけはある」といえるサービスになるのか。

なかなか面白い基準だ。

そう思って、シェアしてみたくなった。

 

ま。そんな話だ。

 

 

関連記事

コメント

    • たーこ
    • 2014年 12月 03日

    >世の中にあるサービスって、
    >突き詰めると、「時間をどれだけ短縮するか」ということに収斂されるらしい。

    すみません、この話はいわゆるサービスに限定した話ですか?
    サービスのあり方としては理解できるのですが、エンデの「モモ」に真逆のことが書かれていたような気がしたので、
    内容についてもう少し詳しく教えていただきたく思いました。

    (以下「モモ」引用)
    けれど、時間とはすなわち生活なのです。そして生活とは、人間の心の中にあるものなのです。
    人間が時間を節約すればする程、生活はやせ細って、なくなってしまうのです。
    (P95)

    • 加藤 夏樹

      >たーこ

      それは混在させる話じゃないな。
      オレの言ってる「サービス(製品も含む)」は、
      世に流通しているサービスや製品が持つ価値の話。

      モモで言及されている箇所は、
      市場主義経済における人間の在り方の話。
      そして貨幣経済における「利子」の概念への疑義も含まていたりする。
      だから時間の銀行とかの話もふんだんにあっただろ。
      そして節約が実は反対の結果を導いている、と。

      新幹線の登場で、
      移動時間は短くなった。
      その結果、ビジネスマンは昔は一泊かけられた仕事を日帰りで
      こなす必要がなった。

      こんな状況をモモを通してエンデは批判した。

      一方で、
      離れた人に早く会いに行けたり、
      会う時間を増やし、豊かにすることもできる。
      当たり前のことだろ?
      こうした利便性にヒトはお金を払うわけで。

      そもそも対立する概念の話じゃないので、
      いっしょにしないように。
      ソレはソレ。
      コレはコレ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter