“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

原因の結果の法則編2

少しずつ日が長くなりはじめてきたのを実感しつつも「まだまだ寒いんぢゃ、ヴォケ!」と夜空に向かってつぶやく孤高の神秘学徒オレさまですが、ぽまいらはいかがオレさまのクールっぷりにフォーリンラヴしやがってますか。。



ぽまいらのコトだからもうオレさまに恋しまくってることだと思うが、オレさま、チョコ好きの甘党なのっ♪てへっ♪と耳寄り情報をさりげなく秘儀伝授しておくぜ。ついでに「オレさまのハートも甘いんだぜ」と、も一つ伝授しておくぜ。




うむ。



さて。後顧の憂い(?)を絶ったところで、今日のぶんの勉強を始めよう。昨今、どんどん「長文化しまくってるぞ、もっと短くしやがれ! 覚えきらんのぢゃぁ!」と苦情も出始めたので、短めにしていこう。



前回の続きから抜粋する。「エソテリック・ティーチング」17章原因と結果の法則、より。



「私たちの現在のパーソナリティはいわば幼いいたずらっ子のようなもので、永遠のパーソナリティー守護大天使(オレさま注:ダスカロスの天使論は他の神秘主義の天使論と比べてやや赴きが異なる。その一つに、俗に言う守護天使は、「大天使」の位階にあるという主張だ。そして座天使というエラい高い位階から来たとしている。尚、この点に関してはオレさまも疑義があるが、正直まだなんとも言えない。要研究ポイント。)は、現在のパーソナリティーが状況を正しく見られるように、繰り返し揺り動かしてあげる必要があるのです。



ただし、実のところ守護大天使のほうが、苦難を与えるという点では永遠のパーソナリティーよりずっと優しいのですが。


いずれにせよ、苦難という“人生の鞭”は時にひどい苦痛をもたらしますが、それは常に善なる目的から訪れるものであって、常に受けるに値するものです。」



さて。人がこの世で生きる目的は、霊的に進化し、神との合一(テオーシス)に向かうことだ。カルマの法則とは常に、この<霊的に進化させる>という方向性をもって作用する。



だから人の行為がその目的に反したものであれば修正させる作用がくるし、合致していれば後押しする作用がくる。ゆえに永遠のパーソナリティーは、原因と結果の法則に合わせて人を導き、守護天使は守るべき人を見守っている。



さて、人生の鞭という苦難は痛い、ということだが、ダスカロスはこの「痛み」をなるべく減らして人生を歩んで欲しいと願っていた。そしてその方法論が、これまでさんざん学んできた内観だ。



自分を見つめ、「自分のしていること」を分析し、霊的な視点から理解すれば反省もするし、行動も改まる。悔い改めが起これば“苦難という鞭”は避けられるし、新たな鞭を産み出すことも減る。



実はスピリチュアルに生きるということは、この意味で「痛みの少ない」道を歩むことにも繋がっているんだ。自分が何をして生きているのか理解しているからな。これが、「覚醒」のひとつの段階だ。



そしてもうひとつ守護大天使のほうに触れておこう。基本的に、彼らは「見守る」のが仕事だ。厳しい試練を与えはしないが、あまり手助けもしない。



許される介入にも制限がある。時折、本当に時折、インスピレーションを与えるくらいだ。多くの人間は、それすらも無視してしまうのだが。



だが、それでも彼らは、輪廻という時の始まりから終わりまで、唯一不変の永遠のパートナーとして、付き添ってくれる。死後、いわゆる「地獄」と呼ばれる環境を作って何千年と住むことになったとしても、彼らは傍らにあり、目覚めるように少しずつ手助けしてくれる。



人は決して、孤独にはなりはしない。



カルマ―原因と結果の法則の働きを理解することは、こうした霊的なシステムを包括的に理解していく上で重要で、深い学びでもある。ここもゆっくりと、学んでいくとしようぜ。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter